menu

知っておきたい精油のこと!アロマオイルとエッセンシャルオイルの違い

essential-oils-1958551_1920.jpg



こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。

アロマテラピーで使用する「精油」を英語ではEssential oils(エッセンシャルオイル)と言います。
ところがこれをアロマオイルだと勘違いしている方が非常に多い!
「100均で買った精油を使ったら肌が荒れたんです〜」という方の話をよく聞いたら精油ではなくアロマオイルだった、なんてこともありました。
(そもそも精油がどうやって作られるのかを知っていれば、100均で売っているはずがない理由もちゃんとわかります!)

また、「ハーバルオイル」「フレグランスオイル」「ポプリオイル」など紛らわしい名称もたくさんあります。

そこで今回は、精油(エッセンシャルオイル)と、それ以外の●●●オイルは何が違うのか、というお話をさせていただきます。
これからアロマテラピーを始めようと思っている方、精油(エッセンシャルオイル)とそれ以外の●●●オイルの違い(用途)が区別できていない方、精油がそもそもどうやって作られているのかということから正しい精油を買うための見分け方まで詳しく説明していきますね♡



精油=エッセンシャルオイル



アロマテラピーで使用するのは精油です。
そして精油とは、Essential oils(エッセンシャルオイル)のことです。



精油=エッセンシャルオイル



これをまずは覚えてください!

これ以外の言い方はしません。
ということは、「精油」や「エッセンシャルオイル」と書かれていない商品はどんなに名前が似ていても精油ではありません。
よって、アロマテラピーで使用することはありません。



あなたは大丈夫?

今まで精油だと思って買った商品があるなら、今一度ラベルを確認してみてください。
「精油」または「Essential oils」「エッセンシャルオイル」と書かれていますか?

もし書かれていないのであれば、その商品はアロマテラピーでは通常使用しないものです。

これまでその商品を肌に使用してかゆみ、赤み、肌荒れなどの異常はありませんでしたか?
現在何もなければ今後は使用をおやめください。
今も異常が出ているのなら、商品を持って病院を受診してください。

また、肌にはつけていないけれど精油だと思ってディフューザーなどで香りを楽しんでいた、という方は残念ながらそれはアロマテラピーとしては意味がありません。





それじゃあ「アロマ」ってなんなの?



Aroma(アロマ)を辞書で引いてみると、「芳香、香り」と出てきます。
辞書には「精油」とは一言も書かれていない、というのがポイントです。


精油を使用した自然療法、代替え療法のことを「アロマテラピー(aromathérapie:フランス語)」または「アロマセラピー(aromatherapy:英語)」と言います。
(2つ言い方がありますが、ご覧のとおりフランス語読みか、英語読みか、という違いで意味は一緒です。)

先ほどご説明したとおり、「アロマ」とは「いい香り」のことで、「テラピー/セラピー」とは「療法」を意味します。
「アロマテラピー/アロマセラピー」を日本語に訳すと、「芳香療法」となります。


この「アロマテラピー/アロマセラピー」のことを、「アロマ」と略すことがあり、初心者の方にはこれが誤解の元になっているのではないのかな、と推察しています。

アロマ=アロマテラピー/アロマセラピーの略(芳香療法)

精油を使用する「行為」のことであって、精油そのものではないのです。



ですので、



「就寝前にアロマでリラックスする」
という言い方は正しいですが

「無水エタノールにアロマを3滴加える」
こちらは間違いです。
「いい香りのするものであればなんでもOK」になってしまい、精油を使用しないのはアロマテラピーではありません。



まとめサイトで何も知らない方が誤用していることもありますが、アロマを冠した肩書きを名乗っているのに間違えいてる方もいるので、それがさらに混乱を招いている気がします…。





精油はどうやって作られるの?



それでは言葉の意味が整理できたところで、本題に入っていきましょう。精油は植物のどこで、何を目的に作られるのか。それを抽出・製造するにはどうするのか。

ここを理解しておくと、そもそも100均で精油が売れるはずがない、という理由がよくわかります。



精油は植物全体に均一に含まれているわけではなく、花、葉、根、果皮、樹脂などに含まれていて、この部位は植物によって異なります。


なぜ植物が精油を作るのかーーそれは昆虫などに摂食されないため(忌避効果)、受粉を手助けしてもらったり種を遠くに運んでもらい子孫を残すため(誘引効果)、カビや有害な菌が発生するのを防ぐため(抗真菌効果・抗菌効果)といった理由があります。

ただいい香りを出しているわけではなく、「自然界の中で生き残る」という目的があるんですね。


その精油を水蒸気蒸留法や圧搾法、揮発性有機溶剤抽出法といった製造法で抽出、製造します。



つまり、精油は植物の限られた部位にほんの少ししか含まれておらず、1本の精油瓶に入れるだけの量を製造するには、たくさんの原料が必要になります。

また、「熱に弱い」などの理由で製造法が限られているものもあります。
女性にも人気の「ジャスミン精油」もそうですね。



この「ジャスミン精油」はジャスミンという植物から抽出されます。
ジャスミンと名のつく植物は世界中にたくさんあるのですが、精油が抽出できる種類はごく僅かなのです。



初めて精油を買おうとしたとき、「どうしてこんなにちょっとしか入っていないの?」「量が少ないのに高い!」と思われたこともあるかと思いますが、その理由がこれらなのです。

精油とは100%天然で、非常に希少なもの。
それを果たして100均で販売して、商売が成り立つでしょうか?





アロマオイル、ハーバルオイル、フレグランスオイル、ポプリオイルには何が含まれているの?



それでは、皆さんがこれまで精油と一緒だと思っていたアロマオイル、ハーバルオイル、フレグランスオイル、ポプリオイルには何が含まれているのでしょうか?



これらの成分を見ていただくと、確かに精油も一部含まれているかもしれません。
ただし、精油だけではなく合成香料、希釈するためのアルコール溶剤も含まれていて、100%天然ではないことがわかります。

精油と香りを比べてみると、合成香料を使用したものの方が香りがきつく、人工的なことがわかります。
また、精油よりも持ちが良いですし、大量に生産できるのでコストを安く抑えられるというメリットもありますが、アロマテラピーには適していません。





正しく精油を買うために



アロマテラピーで使用する精油を正しく買うためのポイントをお伝えします。



精油の見分け方

箱やラベルに精油またはEssential oils、エッセンシャルオイルといった表記があることを確認してください。
これ以外の表記は精油ではないのでアロマテラピーには適していません。



精油が買えるお店

生活の木ニールズヤードなどのアロマテラピー専門店で買うことをお勧めします。
百貨店に入っている場合、店員さんの勧誘がしつこいと感じたり、アロマテラピーの知識が不十分に感じられたりすることがありますので、直営店で購入した方が安心です。

反対にインテリア雑貨のお店などで扱っているものは、「高品質」を謳っているわりに表記が曖昧だったりするので少し用心が必要です。
「天然」というだけで安心させようとするのも、少し考えもの。
だって精油は天然で当たり前ですから…。



ラベンダー精油を買うなら学名をチェックしよう!

「ラベンダー精油」は万人受けする香りで、アロマテラピー初心者の方でも買われる方が多いかと思うので、1つ例としてあげさせていただきます。



人気商品なのでだいたいどこのブランドでも取り扱われています。

ただ単に「ラベンダー」と書かれた精油であれば良いというわけではなく、私たちアロマセラピストは精油瓶のラベルに書かれた「学名」を見ています。
(産地や成分表も見るのですが、今回は初心者の方向けなので学名だけに絞ってお話させていただきます。)



ラベンダーと一言にいっても種類がたくさんある、ということをご存知でしたか?

種類が異なると、香りが違います。
香りが違う、ということは含まれている芳香成分が違うということなので、アロマテラピーで期待する役割が違う、ということになります。



ただの「ラベンダー精油」ではその違いがわかりませんが、学名は1つの植物(種類)に対して使用できる名前が決まっているため、どの種のラベンダーなのか、という見分けがつきます。

この学名が曖昧なブランドはやめておきましょう。
…となるとインテリア雑貨店の精油が急に怪しくなるので、やはり生活の木などのアロマテラピー専門店が安心なんですね。

ラベンダー精油ではLavandula officinalisやLavandula latifoliaなどの学名があります。
「同じブランドのラベンダー精油を買ったのに匂いが違う!?」ということがあった場合、学名を間違えて買われてしまったのかもしれませんね。



今回は例としてラベンダーをあげましたが、ユーカリローズマリーなども異なる学名の精油が複数存在します。
それぞれ香りの感じ方や期待できる役割が違いますので、購入する際はご注意ください。





「生活の木」で買えるラベンダー精油を見てみよう



実際に「生活の木」で買えるラベンダー精油を見てみましょう。







こちらが学名「Lavandula officinalis」のフランス産ラベンダー精油で、「真正ラベンダー」と呼ばれるものです。
もっともラベンダーらしい典型的なフローラルな香りがします。


生活の木ではブルガリア産、タスマニア産も取り扱っているので、ぜひ店頭で香りを嗅ぎ分けてみてください。
産地が違うと香りのイメージも変わります♡

この微妙な違いこそがアロマテラピーの醍醐味!









そしてこちらが学名「Lavandula latifolia」のスパイクラベンダー精油。
先ほどと同じラベンダーでも、こちらはくっきり、フレッシュな香り。



今までラベンダーと名のつくものであれば、どれも同じと思われていたかもしれませんが、同じ学名でも産地の違いで香りのイメージが変わりますし、同じ「ラベンダー」でも学名が違えば香りも違います。

そしてブランドによって同じ学名の同じ産地のラベンダー精油でも、香りの質に差があります。
これは原料の状態、採取、製造方法、保管、品質管理などの基準がブランドごとに違うからだと思います。

アロマテラピーに慣れてきたら、こういった細かい情報にも目を向けて、お気に入りの香りを探してみくださいね。





有機(オーガニック)精油とは



どんどん精油にハマっていくと、「オーガニック」が気になってくるかと思います。
なんとなく身体に良いイメージはするけど、普通の精油と何が違うのでしょうか?



オーガニックと有機栽培は同じ意味、だけど無農薬は違う!

まず、オーガニックとは英語で「organic」で、日本語に訳すと「有機栽培」となります。
有機物を肥料として用いた栽培方法や、化学肥料や殺虫剤などの農薬を使わない栽培方法のことを指します。


オーガニックや有機栽培を名乗るには、定められた基準を満たす必要があります。

この基準は国によって異なるのですが、日本の場合は食品の有機栽培に対して「化学的に合成された肥料・農薬の使用を避ける」「遺伝子組換え技術を利用しない」「播種(はしゅ)または植付け前の2年以上の間、有機肥料での土づくりを行った田畑で生産する」などが有機JAS制度で細かく決められています。


オーガニックでは微生物を有効成分とする殺菌剤など、天然原料によるものであれば農薬の使用自体は認められています。
天然原料であればいいので、「無機物」の成分を含む農薬を使用することもあります。



化粧品の場合は、「オーガニックコスメ」など謳われていますが明確な基準はなく、メーカーの判断に任されています。



生活の木のオーガニック精油

生活の木は四半世紀前からハーブを日本に紹介しています。
世界各国のパートナーファームと地域コミュニティから厳選した素材を直輸入して製品化されたものが、私たちの手元に届けられているのです。

生活の木では「有機○○○精油」として、37種類のオーガニックエッセンシャルオイルが販売されています。
その基準は以下のとおりです。



・有機栽培で育った植物から蒸留
・栽培から精油原料にする工程まで、オーガニック基準を満たしている
・世界各国の各認証機関で認証された製品




例えば、先ほど例に挙げたフランス産ラベンダー精油(学名Lavandula officinalis)にも有希精油があります。







同じ10mlで比べると値段の違いがよくわかります。
こちらの方が753円高いです。

ブランドによって、同じ学名・産地・容量のオーガニック精油でも値段が異なります。
高ければいい、というものではなく、単に総生産数が低ければ単価が高くなることもあります。


また、有機の方が通常の精油よりも効果があるかどうかエネルギーがあるかどうかも個人によって感じ方は違うかと思います。

私は有機栽培とは、地球のため、環境のため、植物のための栽培方法だと思っています。
…人は二の次かな。(笑)

だから、「肌にいいから使う」のではなく、「こちらの栽培方法の方が植物や地球に優しいから」「自然のありのままの育て方だから」使う、という感じです。



「オーガニック精油の方がいい」と思われている方は、なぜいいと思うのかを考えてみてください。
そして通常の精油であれ、オーガニック精油であれ、天然のものなので大切に最後まで使い切ることが何より重要だと思います。





まとめ



アロマオイルとエッセンシャルオイルの違い、ご理解いただけましたでしょうか?
また精油についても希少であることや、オーガニック精油のことなども知っていただけたかと思います。

正しい精油を購入して、アロマテラーを楽しんでくださいね♡
長文になってしまいましたが最後までお読みいただき、ありがとうございました。
関連記事



BLOG RANKING
この記事が参考になったらclickお願いします! いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment