menu
Relakuheal

ゼラニウム精油の効果効能とおすすめの使い方、相性の良い香り

ゼラニウム精油の効果効能とおすすめの使い方、相性の良い香り



こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。

ゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)は、ローズに似たグリーン調のフローラルな香りが特徴です。ゼラニウムにはどんな作用があるのか、おすすめの使い方やゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)とのブレンドにぴったりな相性の良い香りをまとめました!

アロマテラピー検定に出やすいポイントでは出題範囲が膨大な「精油のプロフィール」の覚えておきたところについても書いています。




ゼラニウムとは



ゼラニウムは多年草の植物です。17世紀の初頭に南アフリカからヨーロッパに持ち込まれてフランスで栽培が始まり、19世紀後半にインド洋にあるレユニオン島に持ち込まれました。主な産地はエジプト、フランス、モロッコ、レユニオン島(フランス領)です。

特に香りの良いゼラニウムを「センテッドゼラニウム」と言います。

センテッドゼラニウム
科名フウロソウ科
学名Pelargonium Scented-leaved Group
別名ニオイゼラニウム


ゼラニウムはたくさんの品種がありますが、精油が得られるのはほんの一部です。アロマテラピーで主に使用するのはゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)の原料植物はローズゼラニウムと言い、葉から水蒸気蒸留法で抽出します。

ゼラニウム精油
科名フウロソウ科
学名Pelargonium graveolens
原料植物ローズゼラニウム




ところで、園芸が好きな方なら「ゼラニウム」と聞くとこちらを思い浮かべるかもしれません。

ゼラニウム



虫除けとしてヨーロッパの窓辺に飾られているゼラニウムの写真をご覧になったこともあるでしょう。

ヨーロッパの窓辺に飾られるゼラニウム

こちらは観賞用で、アロマテラピーで使用するゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)とは別物ですのでご注意ください。科は同じなのですが、属名が異なります。

私も園芸でゼラニウムを育てたことがあったので、アロマテラピーで使用するゼラニウム精油を同じものだと思っていました。でも写真の葉っぱの形が違うし、抽出部位も花だと思ったら葉だったので「あれ?」と思って、調べたら別物だったのでびっくりしたことを覚えています。ネットには混同している記事も多く見られますのでお間違えのないように!




ゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)の香り



ローズ調の香りがします。グリーン感があり、フローラルな香りです。





ゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)の効果効能



チェックボックスアイコン 女性ホルモン調整作用

ゼラニウムといえば真っ先に思い浮かべるのがこれ! 生理不順PMS(月経前症候群)更年期障害など女性特有のお悩み、ホルモンのバランスの崩れからくるイライラ、情緒不安定、むくみなど心身の不調を解消したい女性にオススメの精油です。嗅ぐと穏やかな気持ちになれます。



チェックボックスアイコン スキンケア

ゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)は抗炎症作用に優れ、抗菌作用抗真菌作用も期待できることからニキビにお悩みの方におすすめ。

さらに収れん作用、皮脂バランス調整作用、保湿作用、皮膚軟化作用などスキンケアにぴったりの作用もあり、シワ、乾燥肌、脂性肌、アンチエイジングでお困りの方に使っていただきたい精油(エッセンシャルオイル)です。



チェックボックスアイコン 虫除け作用

こちらもゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)でよく知られる作用です。蚊が嫌がる香りの元となっているシトロネロールという成分が含まれているため、虫を寄せ付けません。キャンプ、釣り、公園、アスレチック、花火、お祭りなどアウトドアにぴったりですね。





ゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)のおすすめの使い方



チェックボックスアイコン トリートメントオイル

女性特有のお悩み、ホルモンバランスの崩れによるお困りごとにはゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)を使ったトリートメントオイルでのケアがおすすめです。血行を促進することで身体の症状が和らぎ、バラに似たグリーン調の香りが心にも優しく作用します。


植物油・・・・・・・・・25ml
精油・・・・・・・・・・5滴まで


※こちらはボディ用の希釈濃度です。フェイスにはご利用になれません。

簡単なアロママッサージオイルの作り方、プロのアロマセラピストが教えます!

アロママッサージオイルとは、アロマテラピートリートメント(植物油などで希釈した精油を身体に塗るマッサージ)で使用する専用のオイルのこと。市販でも売られていますが、初めての方でも少ない道具で簡単に作ることができます。自分好みの香り・オイルの伸び具合でセルフケアすることができるので、リラックスや気分転換にぴったりです♡





チェックボックスアイコン 化粧水

ニキビ、シワ、アンチエイジングや乾燥肌、脂性肌にお困りの方に試していただきたい方法です。

ゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)はローズに似た香りがするので、女性特有のお悩みに適したローズの芳香蒸留水とあわせて華やかなバラの香りを楽しんでいただくのもいいですし、収れん作用で知られているローズマリーの芳香蒸留水もすっきりとした爽やかな香りがして人気です。

しっとりタイプ
芳香蒸留水・・・・・・・40ml
エタノール・・・・・・・5ml
グリセリン・・・・・・・5ml
精油・・・・・・・・・・5滴まで

さっぱりタイプ
芳香蒸留水・・・・・・・45ml
エタノール・・・・・・・5ml
精油・・・・・・・・・・5滴まで


※精油をエタノールで溶かしてから他の基材を加えます。
※使用時には容器を良く振りましょう。

アロマテラピー初心者が知っておきたい芳香蒸留水(ハーブウォーター、フローラルウォーター)の使い方

アロマクラフトで精製水の代わりとしても、そのまま化粧水やルームスプレーとしても使える芳香蒸留水についてお話させていただきます。「フローラルウォーターやハーブウォーターとは何が違うの?」「飲用できるって本当?」「どんな使い方があるの?」そんなアロマテラピー初心者の方にもぴったり。基本的な使い方から芳香蒸留水の種類、やってはいけないこと、保管方法と使用期限などをわかりやすくご紹介します♡





チェックボックスアイコン 虫除けスプレー

お子様への安全面から虫除けスプレーを手作りするママが増えていますね! ゼラニウムはローズ風のフローラルな香りなので、虫除けしながらその香りに癒されます。

AEAJでは3歳未満のお子様には芳香浴(香りを会で楽しむこと)以外はおすすめしていません。虫除けスプレーはシミにならないか目立たない場所でお確かめの上、帽子や衣類、ベビーカーなどに吹きかけていただくと良いかと思います。


精製水・・・・・・・・・90ml
エタノール・・・・・・・10ml
精油・・・・・・・・・・20滴まで




memo.png 「生活の木」エッセンシャルオイル/精油の使い方一覧

 芳香浴お風呂マッサージ
ゼラニウム


「生活の木」エッセンシャルオイル/精油126種類の使い方一覧(芳香浴・お風呂・マッサージ)

アロマテラピー専門店「生活の木」で販売されているエッセンシャルオイル(精油)126種類の使い方一覧です。一目で「芳香浴(香りを嗅いで楽しむこと)」「お風呂」「マッサージ」のどれに使えるのかがわかるので、アロマテラピー初心者の方や、今まで使用したことのない精油を購入して使い方を調べたいときなどに目安にしてくださいね♡







ゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)と相性の良い香り



チェックボックスアイコン ローズオットーまたはローズアブソリュート

ローズオットー水蒸気蒸留法で、ローズアブソリュート揮発性有機溶剤抽出法で作られる精油(エッセンシャルオイル)です。ゼラニウムはローズ風の香りがするのでとても相性のいいブレンドと言えます。ローズの香りを存分に楽しみたい方はぜひ。



チェックボックスアイコン クラリセージ

ゼラニウムと同じく女性ホルモン調整作用が期待できるクラリセージを機能面を重視してブレンドするのもいいでしょう。女性特有のお悩み、ホルモンバランスの崩れによる心身の不調にお困りの方は試してみてくださいね。



チェックボックスアイコン ローズマリーシネオール

収れん作用で知られるローズマリーシネオールは清涼感のあるスーッとした香り。そこにローズに似たゼラニウムのフローラルな香りが混じって、とても心地のよいブレンドになります。化粧水作りにおすすめです。



もっと色々なブレンドを試してみたい方は、こちらの記事をご覧ください!

アロマ初心者でも簡単にできる精油のブレンド&おすすめレシピ6選

アロマテラピーでは、決められた精油の滴数内であれば精油をブレンドをすることができます。むしろそれがアロマテラピーの醍醐味と言いますか、精油を単独で使うよりもブレンドした方が香りに奥行きが出ますし、相乗効果が期待できる、保留剤として香りを長持ちさせられる…などのメリットがあります♡







ゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)の選び方







ラベルに「精油」または「エッセンシャルオイル」、「Essential Oil」のいずれかの文字が書かれていることをご確認ください。

「アロマオイル」は「良い匂いのする液体」という意味合成香料を使用しており、天然の芳香成分でできている精油とは別物です。アロマテラピーでは使用しませんのでご注意ください。

知っておきたい精油のこと!アロマオイルとエッセンシャルオイルの違い

アロマテラピーで使用する「精油」を英語ではEssential oils(エッセンシャルオイル)と言います。ところがこれをアロマオイルだと勘違いしている方が非常に多い!「100均で買った精油を使ったら肌が荒れたんです〜」という方の話をよく聞いたら精油ではなくアロマオイルだった、なんてこともありました。





続いて、精油の瓶のラベルにある「学名」の部分をご確認ください。

学名とは植物1種類につき基本的に1つだけ与えられているため、例え「ゼラニウム」という名前の精油(エッセンシャルオイル)でも学名が違えば異なる植物が原料になっていることになります。植物が違えば香り、作用も違いますのでご注意ください。

ゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)の学名は、「Pelargonium graveolens」です。



生活の木には有機(オーガニック)のゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)もあります。









ゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)の成分分析表



ゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)に含まれるローズオキサイドという成分がローズ調のフローラルな香りを作っています。また、シトロネロールには虫除け作用があります。

成分名含有%
テルペン系アルコール
シトロネロール
ゲラニオール
リナロール

39.37%
15.67%
7.55%
エステル
蟻酸シトロネリル
蟻酸ゲラニル

8.64%
4.72%
ケトン
イソメントン
メントン

5.13%
0.20%


※こちらは「生活の木」ゼラニウム 精油(ロット37)の成分分析表です。




ゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)の注意事項



ゼラニウム精油(エッセンシャルオイル)は特に注意すべき事項はありません。





精油(エッセンシャルオイル)全般の注意事項



チェックボックスアイコン 飲んだり、うがいをしないでください。
チェックボックスアイコン 原液を直接皮膚に塗らないでください。
チェックボックスアイコン 目に使用しないでください。
チェックボックスアイコン 高温多湿になる場所、火気の近くを避け、直射日光の当たらない場所に保管してください。
チェックボックスアイコン 小さなお子様やペットがいる場合は、保管場所、使用場所にご注意ください。
チェックボックスアイコン 3歳未満のお子様に芳香浴(香りを嗅いで楽しむ方法)以外を行わないでください。
チェックボックスアイコン 3歳以上であっても大人の使用量の10分の1から2分の1に留めてください。
チェックボックスアイコン AEAJのレシピでこれまでに妊婦に重大な事故が発生したという報告はありませんが、体調を考慮して芳香浴(精油の香りを嗅ぐこと)以外の方法を行う場合は注意が必要です。
チェックボックスアイコン 開封後は1年以内を目安にご使用ください。(柑橘類は半年)





アロマテラピー検定に出やすいポイント



memo.png アロマテラピー検定の対象について

チェックボックスアイコン ゼラニウムはアロマテラピー検定1級・2級の「精油のプロフィール」対象です。
チェックボックスアイコン ゼラニウムはアロマテラピー検定1級・2級の「香りテスト」対象です。


科名フウロソウ科
抽出部位
抽出方法水蒸気蒸留法
原料植物ローズゼラニウム
エピソード・ローズ調、グリーン感、フローラルな香り



アロマテラピー検定対象の精油(エッセンシャルオイル)で「フウロソウ科」はゼラニウムだけです。すぐに答えられるように関連づけて覚えてくださいね。ちなみに試験には出ませんが、フウロソウは漢字で書くと「風露草」で、名前の由来はわかっておらず、江戸時代にはすでに使われていたようです。

特に目立つエピソードはないので、香りの特徴である「ローズ調」「グリーン感」「フローラル」あたりを覚えていればいいかなと思います。

原料植物はローズゼラニウムです。ローズ風の香りがするという特徴を知っていれば、覚えやすいですね。

ゼラニウムの写真を見ていただくとわかるとおり、葉はかなり切れ込みが深く葉脈がくっきりと写っています。葉だけが写っているもので間違えそうなのものはパチュリ、ペパーミント、メリッサあたりだと思うので、よく見比べておきましょう。

また、ゼラニウムは「香りテスト」の対象です。公式テキストにあるとおりローズに似たフローラルな香りなのですが、ややグリーン感があります。実際に嗅いでみてくださいね。


memo.png アロマテラピー検定模擬テスト

ローズ調のグリーン感があるフローラルな香りのゼラニウム精油について誤ったものを1つ選びなさい。

A.抽出部位は花
B.水蒸気蒸留法で得られる
C.原料植物はフウロソウ科
D.女性特有の悩みへの活用が期待できる


答えは次の「まとめ」に記載しています!





まとめ



ゼラニウムは園芸をやっている方には少し紛らわしい精油ですが、わりとどんな精油ともブレンドしやすいですし、作用面でも女性に嬉しいものが多いです。私も一時期はまっていて、よく使っていました!


memo.png アロマテラピー検定模擬テストの解答

答えは「A.抽出部位は花」でした! ゼラニウムの抽出部位は葉です。「正しいものを選びなさい」「誤ったものを選びなさい」は試験中うっかり読み間違えてしまうことが多いので、注意してくださいね。



RelakuhealではAEAJのアロマテラピー検定1級2級合格に向けた対策講座を、東京・東大和、武蔵村山、立川、立飛、玉川上水、吉祥寺、国分寺、八王子、埼玉・所沢カフェにて行なっています。オンラインレッスンもありますので、近くにスクールがない方、小さなお子様がいて自宅から出られないママにもレッスンを受けていただけます。

アロマテラピー検定1級2級対策講座|大人女子の習い事

2019年に改定された新しい公式テキスト&問題集を使用し、精油の作用や安全なアロマテラピーの楽しみ方、香りが脳に伝わるメカニズム、アロマとハーブの歴史、心と身体の健康などについて学びます。「香りテスト」対象の精油キット、実習が体験できるアロマクラフトのセットが付いた完全プライベートレッスンです。お子様連れのレッスンもOKなので、小さな子どもがいるママもお気軽にお問い合わせください。

関連記事


ABOUT ME

Relakuhealhiromi
AEAJ認定アロマセラピスト
JHTA認定ハーブセラピスト

自分の存在を否定される日々から一転、実践的な「引き寄せの法則」で次々と夢を叶え憧れのアロマセラピストに。「アロマと引き寄せでワクワクの毎日♡」をモットーに今をより良く生きるためのヒントを発信しています。

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment