menu
Relakuheal

ブラックペッパー精油の効果効能とおすすめの使い方、相性の良い香り

ブラックペッパー精油の効果効能とおすすめの使い方、相性の良い香り



こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。

ブラックペッパー精油(エッセンシャルオイル)は、かすかに柑橘系の爽やかさも含んだスパイシーな香りが特徴です。ブラックペッパーにはどんな作用があるのか、おすすめの使い方やブラックペッパー精油(エッセンシャルオイル)とのブレンドにぴったりな相性の良い香りをまとめました!

アロマテラピー検定に出やすいポイントでは出題範囲が膨大な「精油のプロフィール」の覚えておきたところについても書いています。




ブラックペッパーとは



ブラックペッパーの原料植物名はコショウで、インド、スリランカ、マダガスカルが主な産地のつる性植物です。コショウは茎から伸びた軸のような部分に緑色の小さな粒(果実)をたくさんつけています。この果実が完全に熟す前に乾燥させたものがブラックペッパーです。

ブラックペッパーは古くからスパイスとして利用され、中世ヨーロッパでは金と同等の価値がありました。ブラックペッパーの需要が高まり、大航海時代が幕開けします。

ブラックペッパー精油(エッセンシャルオイル)は果実から水蒸気蒸留法で抽出します。





ブラックペッパー精油(エッセンシャルオイル)の香り



スパイシーなイメージの強いブラックペッパーですが、実はかすかに柑橘系のような甘酸っぱい香りも混じっています。注意して嗅いでみてくださいね。





ブラックペッパー精油(エッセンシャルオイル)の効果効能



チェックボックスアイコン 消化促進作用

消化を促す作用があります。食べすぎて胃が重いときに嗅いでみてくださいね。



チェックボックスアイコン 健胃・胃粘膜保護作用

ブラックペッパー精油(エッセンシャルオイル)には胃腸の働きをサポートしてくれる作用があります。食欲がないときに嗅いでみてくださいね。



チェックボックスアイコン 血行促進作用

血行を促進し、身体を温める働きがあります。冷えが気になるときに香らせてみるといいかもしれません。





ブラックペッパー精油(エッセンシャルオイル)のおすすめの使い方



チェックボックスアイコン ディフューザー

市販のディフューザーには専用のキャンドルの熱で温めて香りを拡散させるタイプや、電気を使用しランプの熱で温めて香りを拡散させるタイプ水蒸気とともに香りを拡散させるタイプなどがあります。

最近はアロマストーンも人気です。こちらは精油を垂らして香りを拡散させるもので、火も熱も使いません。シンプルな円形やレース柄、おしゃれな形をしたものなど色々なデザインがありますよ。


精油・・・・・・・・・・1〜5滴まで

※机に置くタイプのディフューザーで精油1〜5滴の使用が目安ですが、詳しくは取扱説明書をご確認ください。
※キャンドルタイプは火をつけたまま寝る、そばを離れると危険ですので絶対にしないでください。



チェックボックスアイコン ルームスプレー

気分転換したいとき、おやすみ前のリラックスタイムや、お客様をおもてなしするときにお部屋にシュッと一拭き。


芳香蒸留水・・・・・・・45ml
無水エタノール・・・・・5ml
精油・・・・・・・・・・20滴まで


※精油をエタノールで溶かしてから他の基材を加えます。
※使用時には容器を良く振りましょう。
※こちらは空間に使用することを想定した濃度ですので皮膚にはつけないでください。
※布に吹きかける場合は、シミにならないか目立たない場所でお確かめください。

簡単!混ぜるだけ!アロマルームスプレーの作り方

シュッとひと吹きするだけで気分転換できるアロマルームスプレーの作り方をご紹介します。「手作りのアロマルームスプレー」って、それだけで女子力高くて素敵な響き♡だけど用意する材料は3つだけ。混ぜれば完成するのですっごく簡単だから、アロマテラピー初心者の方にもオススメです。





チェックボックスアイコン リードディフューザー

精油(エッセンシャルオイル)を含んだ液体に刺したスティックが芳香成分を吸い上げ、優しく部屋に広がります。インテリアにもなるので飾りながら楽しめます。


エタノール・・・・・・・20ml
精油・・・・・・・・・・50滴まで
竹ひごや竹串などのスティック


※最初にエタノールに精油を溶かしてから、精製水を加えてください。


memo.png 「生活の木」エッセンシャルオイル/精油の使い方一覧

 芳香浴お風呂マッサージ
ブラックペッパー


「生活の木」エッセンシャルオイル/精油126種類の使い方一覧(芳香浴・お風呂・マッサージ)

アロマテラピー専門店「生活の木」で販売されているエッセンシャルオイル(精油)126種類の使い方一覧です。一目で「芳香浴(香りを嗅いで楽しむこと)」「お風呂」「マッサージ」のどれに使えるのかがわかるので、アロマテラピー初心者の方や、今まで使用したことのない精油を購入して使い方を調べたいときなどに目安にしてくださいね♡







ブラックペッパー精油(エッセンシャルオイル)と相性の良い香り



チェックボックスアイコン 柑橘系

ブラックペッパー爽やかな柑橘系の香り成分が含まれているため、スイートオレンジやベルガモットなど、柑橘系の精油(エッセンシャルオイル)とも相性が良いです。柑橘の甘酸っぱい香りにかすかにスパイシーさが加わることで冬にぴったりのホットなブレンドになります。

※柑橘系には光毒性の成分が含まれるものがありますのでご注意ください。

禁忌!日中に使ってはいけない光毒性の精油

光毒性とは、精油が皮膚についた状態で日光などの紫外線に当たると炎症などの危険な症状を起こすこと。「精油=100%天然のものだから安全」という表記を見かけることがありますが、使い方を誤ると大変なことになってしまいます。





チェックボックスアイコン ベンゾイン(レジノイド)

バニラのような甘い香りがするベンゾイン(レジノイド)にほんの少し加えることで、スパイシーさがプラスされ、香りにメリハリが出ます。



チェックボックスアイコン サイプレス

ウッディーな香りとも相性が良いです。森林の落ち着いた香りにピリッとしたブラックペッパーの香りが効いて、良いアクセントに。男前なかっこいい香りに仕上げたいときにおすすめ。



もっと色々なブレンドを試してみたい方は、こちらの記事をご覧ください!

アロマ初心者でも簡単にできる精油のブレンド&おすすめレシピ6選

アロマテラピーでは、決められた精油の滴数内であれば精油をブレンドをすることができます。むしろそれがアロマテラピーの醍醐味と言いますか、精油を単独で使うよりもブレンドした方が香りに奥行きが出ますし、相乗効果が期待できる、保留剤として香りを長持ちさせられる…などのメリットがあります♡







ブラックペッパー精油(エッセンシャルオイル)の選び方







ラベルに「精油」または「エッセンシャルオイル」、「Essential Oil」のいずれかの文字が書かれていることをご確認ください。

「アロマオイル」は「良い匂いのする液体」という意味合成香料を使用しており、天然の芳香成分でできている精油とは別物です。アロマテラピーでは使用しませんのでご注意ください。

知っておきたい精油のこと!アロマオイルとエッセンシャルオイルの違い

アロマテラピーで使用する「精油」を英語ではEssential oils(エッセンシャルオイル)と言います。ところがこれをアロマオイルだと勘違いしている方が非常に多い!「100均で買った精油を使ったら肌が荒れたんです〜」という方の話をよく聞いたら精油ではなくアロマオイルだった、なんてこともありました。





続いて、精油の瓶のラベルにある「学名」の部分をご確認ください。

学名とは植物1種類につき基本的に1つだけ与えられているため、例え「ブラックペッパー」という名前の精油(エッセンシャルオイル)でも学名が違えば異なる植物が原料になっていることになります。植物が違えば香り、作用も違いますのでご注意ください。

ブラックペッパー精油(エッセンシャルオイル)の学名は、「Piper nigrum」です。



生活の木には有機(オーガニック)のブラックペッパー精油(エッセンシャルオイル)はありません。





ブラックペッパー精油(エッセンシャルオイル)の成分分析表



ブラックペッパー精油(エッセンシャルオイル)に含まれるβ-ピネンという成分が、やや苦味のある爽やかな柑橘の香りを特徴づけています。そのため、スパイシーな香りの中にもよく嗅ぐと柑橘のような甘酸っぱさが感じられます。

成分名含有%
テルペン系炭化水素
β-カリオフィレン
リモネン
α-ピネン
δ-3-カレン
β-ピネン
サビネン
コパエン
δ-エレメン
ミルセン
α-フェランドレン
α-ヒュムレン
γ-テルピネン

27.81%
14.62%
9.87%
9.70%
9.42%
7.17%
3.44%
2.56%
1.81%
1.39%
0.94%
0.29%
テルペン系アルコール
テルピネオール

1.24%
オキシド
1,8-シネオール
カリオフィレンオキシド

1.58%
0.29%


※こちらは「生活の木」ブラックペッパー/ブラックペパー 精油(ロット68)の成分分析表です。




ブラックペッパー精油(エッセンシャルオイル)の注意事項



ブラックペッパー精油(エッセンシャルオイル)は皮膚刺激の成分を含んでいます。ご利用方法や滴数には十分ご注意ください。

皮膚刺激の成分を含む精油7種類

アロマテラピーに興味を持ち始めたばかりで皮膚に刺激に強い精油があることを知らなかった、敏感肌だから気になる、という方はぜひご覧くださいね。皮膚に異常が現れたときの対処や、パッチテストの行い方、皮膚の異常が原因でお相手とトラブルになってしまったときのアロマテラピー保険についても書いています。







精油(エッセンシャルオイル)全般の注意事項



チェックボックスアイコン 飲んだり、うがいをしないでください。
チェックボックスアイコン 原液を直接皮膚に塗らないでください。
チェックボックスアイコン 目に使用しないでください。
チェックボックスアイコン 高温多湿になる場所、火気の近くを避け、直射日光の当たらない場所に保管してください。
チェックボックスアイコン 小さなお子様やペットがいる場合は、保管場所、使用場所にご注意ください。
チェックボックスアイコン 3歳未満のお子様に芳香浴(香りを嗅いで楽しむ方法)以外を行わないでください。
チェックボックスアイコン 3歳以上であっても大人の使用量の10分の1から2分の1に留めてください。
チェックボックスアイコン AEAJのレシピでこれまでに妊婦に重大な事故が発生したという報告はありませんが、体調を考慮して芳香浴(精油の香りを嗅ぐこと)以外の方法を行う場合は注意が必要です。
チェックボックスアイコン 開封後は1年以内を目安にご使用ください。(柑橘類は半年)





アロマテラピー検定に出やすいポイント



memo.png アロマテラピー検定の対象について

チェックボックスアイコン ブラックペッパーはアロマテラピー検定1級「精油のプロフィール」対象です。


科名コショウ科
抽出部位果実
抽出方法水蒸気蒸留法
別名ペッパー
エピソード・やや苦味のある爽やかな柑橘系の香りを含む
・中世ヨーロッパでは金と同等の価値
・大航海時代をもたらした



アロマテラピー検定対象の精油(エッセンシャルオイル)で「コショウ科」はブラックペッパーだけです。

エピソードとしては「やや苦味のある爽やかな柑橘系」を含むといった香りの特徴や、中世ヨーロッパで金と同等の価値があったこと、その影響で大航海時代が始まったという歴史に絡んだ話を覚えておけば良いでしょう。

問題としては出題されないかもしれませんが、別名が「ペッパー」であることも知っておくと良いと思います。

ブラックペッパーの写真はとても特徴があるので覚えやすいですね。小さな粒が縦に連なってたくさん付いているのはブラックペッパーだけです。

ブラックペッパーは「香りテスト」の対象ではありません。しかし他の精油(エッセンシャルオイル)にほんの少し加えると良いアクセントになり、特に冬をイメージしたブレンドにぴったりです。ぜひ一度、嗅いでみてくださいね。


memo.png アロマテラピー検定模擬テスト

原料植物がコショウ科のブラックペッパー精油について誤ったものを1つ選びなさい。

A.抽出法は水蒸気蒸留法
B.中世ヨーロッパでは金と同等の価値があった
C.抽出部位は葉
D.需要が高まり、大航海時代をもたらした


答えは次の「まとめ」に記載しています!





まとめ



ブラックペッパー精油(エッセンシャルオイル)の原料植物は、お料理にも使用するのでご存知の方も多いですよね。香りもイメージしやすいのではないでしょうか。皮膚刺激に注意が必要な精油(エッセンシャルオイル)の1つではありますが、アクセントとしてほんの少しブレンドに使用すると香りに奥行きが出るので、ぜひ試してみてくださいね!


memo.png アロマテラピー検定模擬テストの解答

答えは「C.抽出部位は葉」でした!



RelakuhealではAEAJのアロマテラピー検定1級2級合格に向けた対策講座を、東京・東大和、武蔵村山、立川、立飛、玉川上水、吉祥寺、国分寺、八王子、埼玉・所沢カフェにて行なっています。オンラインレッスンもありますので、近くにスクールがない方、小さなお子様がいて自宅から出られないママにもレッスンを受けていただけます。

アロマテラピー検定1級2級対策講座|大人女子の習い事

2019年に改定された新しい公式テキスト&問題集を使用し、精油の作用や安全なアロマテラピーの楽しみ方、香りが脳に伝わるメカニズム、アロマとハーブの歴史、心と身体の健康などについて学びます。「香りテスト」対象の精油キット、実習が体験できるアロマクラフトのセットが付いた完全プライベートレッスンです。お子様連れのレッスンもOKなので、小さな子どもがいるママもお気軽にお問い合わせください。

関連記事


ABOUT ME

Relakuhealhiromi
AEAJ認定アロマセラピスト
JHTA認定ハーブセラピスト

自分の存在を否定される日々から一転、実践的な「引き寄せの法則」で次々と夢を叶え憧れのアロマセラピストに。「アロマと引き寄せでワクワクの毎日♡」をモットーに今をより良く生きるためのヒントを発信しています。

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment