menu
Relakuheal

エッセンシャルオイル(精油)の抽出部位とその作用

essential-oils-2537876_1920.jpg



こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。

エッセンシャルオイル(精油)は植物によって抽出部位が違うということをご存知ですか?
花、葉、根、果皮、樹脂、心材…実に様々な部位からエッセンシャルオイル(精油)が抽出されるんですね。

そしてその抽出部位によって、作用香りの特徴が変わってきます。

抽出部位を知れば、アロマテラピーがもっと楽しくなりますよ!




なぜ植物によって精油の抽出部位が違うの?



エッセンシャルオイル(精油)とは、天然の芳香成分です。これは特定の細胞で作られています。そしてこの細胞とは、植物全体に均一に存在するわけではありません。

そのため、植物によってエッセンシャルオイル(精油)が得られる部位が花だったり、葉だったり、根だったり、果皮だったりするのです。





花から得られる精油は華やかな香り



イランイラン、ジャスミン、ローズなど花から得られるエッセンシャルオイル(精油)というのは、女性的で華やかなフローラルな香りがします。

これは花が虫や蝶を誘惑して受粉を促し、子孫(種子)を残す役割があるためです。

花から得られるエッセンシャルオイル(精油)には、ホルモンバランスの調整に優れているものや、優雅な気分に浸れるものなどが多くあります。

memo.png 抽出部位が花の精油

イランイランジャスミン(アブソリュート)ローズ(アブソリュート)ローズオットーラベンダーネロリクラリセージジャーマンカモミールローマンカモミール






葉から得られる精油はすっきりとした香り



ティートリー 、ユーカリなど葉から得られるエッセンシャルオイル(精油)はすっきりとした香りが特徴です。爽やかでスーッとした香りが多く、リフレッシュ作用抗菌作用が期待できます。

葉には光合成によって植物に必要な栄養と共に、人間や動物が生きていく上で必要な酸素を生み出す役割があります。

memo.png 抽出部位が葉の精油


ティートリーユーカリサイプレススイートマージョラムゼラニウムパチュリペパーミントメリッサレモングラスローズマリー






果実から得られる精油はフレッシュで爽やかな香り



種子を遠くに運んでもらい、子孫を残す役割がある果実は、美味しい果肉で鳥などを誘います。

果実からとれるエッセンシャルオイル(精油)には、フレッシュで爽やかな香りのものが多く、消化器系のトラブルで困っているときやリフレッシュしたいときにおすすめです。

memo.png 抽出部位が果実の精油

グレープフルーツ(果皮)、ジュニパーベリー(球果)、スイートオレンジ(果皮)ブラックペッパー(果実)、ベルガモット(果皮)、レモン(果皮)






根から得られる精油は土のような深い香り



地中から養分を吸い上げ、植物をしっかりと支える土台の役割がある根。

根から採れるエッセンシャルオイル(精油)には、心を落ち着かせたいときにぴったり土のような深い香りのものが多いです。これを「地に足をつけて生きて行く」という意味で「グラウンディング」という言い方をすることもあります。

memo.png 抽出部位が根の精油

ベチバー






樹脂から得られる精油は個性的な香り



樹脂とは、幹の傷口から出る樹液が固まったもののこと。傷口を癒し、菌などから守る役割があります。

樹脂から採れるエッセンシャルオイル(精油)には個性的な香りのものが多く、心身を癒したいときに用います。

memo.png 抽出部位が樹脂の精油

ミルラ・マー・没薬フランキンセンス・乳香・オリバナムベンゾイン(レジノイド)・安息香






幹から得られる精油は森林を思わせる香り



幹は根から枝葉に栄養分などを送る運搬路で、植物を支える背骨のような役割があります。

心材とはそんな幹の内部にあります。年輪が年を経て堅くなった紅・黒茶色等の部分を指します。

ここから得られるエッセンシャルオイル(精油)には、森林を思わせるような香りがあり、自然と呼吸が深くなることからリラックスしたいときや心を鎮めたいときによく使われています。

memo.png 抽出部位が心材の精油

サンダルウッド・白檀






香り成分の働き



香り成分には様々な効果があると言われていますが、その中の3つの効果をご紹介します。

誘引効果
受粉のため、または種子を遠くに運ぶために昆虫などを引き寄せる効果
忌避効果
接触されることを防ぐために、昆虫などの生物を遠ざける効果
抗真菌・抗菌効果
カビや酵母などの真菌、細菌の発生や繁殖を防ぐ効果


どれも植物が子孫(種子)を残したり、生き残っていく上で必要な効果ですね!





パラケルススの特徴類似説



16世紀に医科学の祖とされたパラケルススが唱えた特徴類似説とは、「植物の色、形、生息する場所などの特徴そのものが植物の作用を指し示す」、というものです。

植物の部位やその役割には、人間の体、臓器の役割に共通する「特徴」があるという考えで、例えば身体のトラブルの部分と、その特徴の似た植物の効能が一致しているということがあります。

ネロリは花から抽出されるエッセンシャルオイル(精油)ですが、花には植物にとっての生殖器とも言えるオシベ・メシベがあり、子孫を残す受粉の役割があります。そんなネロリには女性ホルモンの不調や、婦人科系のトラブルに良いとされているんですよね!

もちろん、すべての植物をこの考えで説明できるものではありませんが、1つの物の見方としてとても興味深いです。調べてみると意外と納得できることが多いんですよね!





まとめ



エッセンシャルオイル(精油)の抽出部位にはそれぞれ役割があります。その役割を理解していれば、嗅いだことがなくてもどのような香りかだいたい想像がついたり、期待できる作用が推測できアロマテラピーに活用することができます。
関連記事


LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座

2019年6月1日(土)・21日(金)9:30〜10:15
昭島・親と子の自由空間ほっと
あさイチミニ企画「アロマ虫よけスプレー」

2019年6月18日(火)10:00〜12:00
所沢・ママズスマイル
託児付きワークショップ「和紙の花香るアロマディフューザー缶」

2019年6月22日(土)10:00〜10:45
東大和・薬用植物園内ふれあいガーデン草星舎
天然アロマの虫除けスプレー

2019年7月31日(水)14:30~16:15
立川・昭和記念公園花みどり文化センター内
天然のアロマ虫除けスプレーを作る

ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment