menu
Relakuheal

アロマセラピストおすすめ!信頼できる精油メーカー6選

アロマセラピストおすすめ!信頼できる精油メーカー6選


こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。

アロマテラピーを始めたばかりの頃、どこのメーカーの精油(エッセンシャルオイル)を購入すればいいのかとても悩みました。せっかくなら品質のいいものが使いたい、でも値段が高すぎると手が出せない…。

きっと同じように悩まれている方は多いかと思いますので、アロマテラピーでよく使用されている信頼できる精油メーカーをまとめました! それぞれの特徴購入のしやすさ代表的な精油のお値段を記載しています。

また、精油はオーガニックの方がいいのか、値段が高い方が品質がいいいのか、成分分析表があった方がいいのか、などについてもお答えしています。


とはいっても、アロマテラピーは基本的に「自分の好きな香り」を使用するもの。ここで気になる精油メーカーがあったら、いくつか実際に嗅いでみてくださいね。




そもそも「アロマオイル」と「エッセンシャルオイル」の違いって?



アロマテラピーとは「aroma=芳香」と「thérapie=療法」から成る造語です。

フランスでは薬理作用を重視した使い方を行いますが、基本的にはいい香りを嗅いで楽しむことを目的としていると思っていただければ大丈夫です。


アロマテラピーの方法にはいくつか種類があります。

香りを拡散させて楽しむ「芳香浴法」、お風呂で香りを楽しむ「沐浴法」、蒸気に含まれた香りを吸い込む「蒸気吸入法」、トリートメントオイルを塗布する「アロマテラピートリートメント」。

それにナチュラルコスメとして化粧品を手作りしたり、アロマワックスバールームスプレーなどのアロマクラフトを作ったりして楽しみ方法もあります。

初心者向け!特別な道具がなくても簡単にできるアロマテラピーの始め方7選

「精油を買ってみたけど、使い方がいまいちわからない。」「アロマテラピーに興味があるけど、何をすればいいのかわからない。」今回はそんな初心者の方に向けて、アロマテラピーとは何か、どんな楽しみ方があるのかをお話しさせていただきます!




このときに使用するものが精油(エッセンシャルオイル)です。

精油は植物の花や葉、根、心材、樹脂、果皮などから高濃度に抽出した天然の芳香成分のことを言います。


ところがネットでは精油のことをアロマオイルと呼んでいる人たちがいます。

確かにアロマオイルという名称のいい匂いがする液体が市場に出回っていますが、あちらは合成香料などを使用して人工的に作られた香りであり、アロマテラピーでは使用しません。

「アロマテラピーで使用するからアロマオイル」、というわけではないんですね。

知っておきたい精油のこと!アロマオイルとエッセンシャルオイルの違い

アロマテラピーで使用する「精油」を英語ではEssential oils(エッセンシャルオイル)と言います。ところがこれをアロマオイルだと勘違いしている方が非常に多い!「100均で買った精油を使ったら肌が荒れたんです〜」という方の話をよく聞いたら精油ではなくアロマオイルだった、なんてこともありました。







精油(エッセンシャルオイル)はどこで買えるの?



100均で売られているものは「アロマオイル」であって、「精油(エッセンシャルオイル)」ではありません。

では、精油(エッセンシャルオイル)はどこで購入できるのでしょうか?


雑貨屋さんやネットでも簡単に手に入れることができます。けれどまずは「生活の木」や「ニールズヤード」といったアロマテラピーの専門店で購入されることをおすすめします。

雑貨屋さんの精油(エッセンシャルオイル)は安く、気軽にアロマテラピーを始めるにはうってつけかもしれませんが、品質の点でやや不安が残ります。店員さんの中に有資格者の方などアロマテラピーの正しい知識をお持ちの方がいた方が、わからないことを質問できますし、安心してお買い物できますよね。

ネットはお店が遠方でなかなか買いにいけないときに便利ですが、「香りを楽しむ」ためのアロマテラピーなのに香りを事前に確認して購入することができません。また、精油(エッセンシャルオイル)の保管方法もお店によって差があります。


精油(エッセンシャルオイル)を購入するなら、アロマテラピーを専門にしたメーカーの直営店が一番安心です!





アロマセラピストがおすすめする信頼できる精油メーカー6選



とにかくアロマテラピーを始めたばかりの頃は、精油(エッセンシャルオイル)を買いたくても、まずメーカーの名前がわからないかと思います。そこでアロマセラピストや、アロマテラピーの上級者たちがよく購入している精油メーカーをご紹介します。

それぞれの精油メーカの特徴や、相場がわかるように代表的な精油「スイートオレンジ(Citrus sinensis)」「ラベンダー(Lavandula offinalis/Lavandula angustifolia)」「ローズマリー・シネオール(Lavandula offinalis)」の値段も載せてあります。



1.生活の木



アロマクラフトやナチュラルコスメを作ってみたいけど、どこで材料が購入できるのかわからない! という初心者の方におすすめしたいのが生活の木です。

生活の木は精油(エッセンシャルオイル)の品揃えが170種類以上と豊富なだけでなく、撹拌するためのガラス棒、耐熱性のガラスビーカー、遮光性のガラス容器などの用具や、クレイ、フローラルウォーター(芳香蒸留水)、ミツロウ、エタノールなどの基材も充実していて、「作ってみたい!」と思ったときにお店にいけば必要な材料を簡単にそろえることができます!


生活の木の精油(エッセンシャルオイル)は、世界32ヶ国のパートナーファームと地域コミュニティから直輸入した素材を使用しています。3ml(希少な精油は1ml)から販売されていて、使い切れるか不安な初心者の方も安心です。「生活の木 LIBRARY」という公式のコラムにある「世界のパートナーファーム」では世界各国の美しい景色とともに現地の人々・植物の魅力をたっぷりお伝えしています。


また、生活の木は「ハーバルライフカレッジ」といった資格取得や1dayのワークショップが学べるスクールの併設や、アーユルヴェーダサロンや薬香草園の運営なども行なっています。


memo.png 精油の値段

オレンジ・スイート10ml/¥1,458
ラベンダー(フランス産)10ml/¥1,944
ローズマリー・シネオール10ml/¥1,750


memo.png 精油の種類

170種類以上



search.pnghttps://www.treeoflife.co.jp/shop/(実店舗の一覧)

search.pnghttps://onlineshop.treeoflife.co.jp/ec/(オンラインショップ)



2.ニールズヤード レメディーズ



透き通った青色の瓶に憧れた女性も多いのではないでしょうか。

ニールズヤードはイギリスの老舗アロマテラピーブランドで、日本国内の各主要都市で店舗を展開しているため、お買い物しやすいかと思います。


ニールズヤードの特徴として、とにかくオーガニックへのこだわりが強い! 精油(エッセンシャルオイル)の品揃えは40種類以上に上りますが、そのほとんどがオーガニック認定を受けていて、オーガニック認定以外の精油についても、ワイルドクラフト(野生)無農薬で育てられた植物を原料にしています。

また、精油(エッセンシャルオイル)の蓋は押しながら回さないとあかないようになっているため、小さなお子様がいるご家庭でも安心してお使いいただけます。


ホリスティックスクール ニールズヤードレメディーズ」と呼ばれるスクールでは資格取得や季節の1dayレッスンなどでアロマテラピーの楽しさを学ぶことができる他、サロンレストランも運営しています。


memo.png 精油の値段

オレンジ10ml/¥2,268
ラベンダー10ml/¥2,484
ローズマリー10ml/¥2,700


memo.png 精油の種類

40種類以上



search.pnghttps://www.nealsyard.co.jp/shops/(実店舗の一覧)

search.pngニールズヤードレメディーズ(オンラインショップ)



3.プラナロム



プラナロムはアロマテラピーを代替医療として取り入れているベルギーに本社を置く精油メーカーです。


プラナロムの特徴は、精油(エッセンシャルオイル)の成分分析にこだわりを持っているところ。本来なら含まれているはずの特定の成分を抜き出したり、反対に別の成分を加えたりしていないかや、農薬などの有害物質が混ざっていかなどを徹底的に検査し、「100%ピュア&ナチュラルなケモタイプ精油」として販売しています。

120種類以上ある精油(エッセンシャルオイル)のロット毎に成分分析表を添付しているため、単に香りを楽しむだけでなく、サロンのトリートメントやセルフケアに精油(エッセンシャルオイル)を使用したい方達から強い支持を得ています。


1つ難点をあげるとすれば、欠品が多いこと。また、大きなお店での取り扱いは他の精油メーカーに比べると少なく、サロンやスクールなど小規模なお店での取り扱いが目立ちます。初心者には少し入手しづらいかもしれません。

ケモタイプ精油は高品質!?メーカーに惑わされない本当の定義とは

アロマテラピーを始めると聞きなれない言葉がたくさんあります。「ケモタイプ」もその一つ。ネットでは「某メーカーの精油はケモタイプだから高品質!」などといった意味で使われたりします。でもちょっと待ってください。その使い方、本来の定義から見ると間違っています!




memo.png 精油の値段

オレンジ・スィート10ml/¥2,484
ラベンダー・アングスティフォリア10ml/¥3,672
ローズマリー10ml/¥2,592


memo.png 精油の種類

120種類以上



search.pnghttp://www.pranarom.co.jp/shop/(実店舗の一覧)

search.pnghttp://www.pranarom.co.jp/(公式HP)
※購入はできません。



4.フロリハナ



香水で有名なグラース市のほど近くにある自然豊かなコーソ-ル高原にフロリハナ蒸留所があります。

フロリハナ蒸留所は自然環境保護に配慮して建設され、周囲に10ヘクタールもの有機農場を所有し、ラベンダーなどを栽培している他、周辺の約1000ヘクタールの高原では、野生のラベンダ-、タイム、セイボリ-などが採集できるそうです。


フロリハナの特徴は、40℃から80℃間の非常に低い温度で蒸留を行い、植物の持つ芳香成分を大きく変化させることなく精油(エッセンシャルオイル)を抽出している、という点です。そしてほぼ全ての精油(エッセンシャルオイル)がオーガニックの認証を受けています。

蒸留所があるので、芳香蒸留水のラインナップも充実していますし、抽出油やオーガニックコスメの取り扱いもあります。


難点は直営店がなく、取り扱っているお店の情報が非常に少ないこと。支払いにクレジットカードが使えないこと。量がg表示なので、mlに換算したい場合は体積(ml)=重量(g)/比重の計算式を適用する必要があること。

気になる送料ですが日本から発送するので全国一律648円です。


memo.png 精油の値段

オレンジスイート5g(約5.7ml)/¥864
ラベンダー・アングスティフォリア5g(約5.7ml)/¥1,296
ローズマリー5g(約5.7ml)/¥918


memo.png 精油の種類

115種類以上



search.pngフロリハナ(オンラインショップ)



5.プリマヴェーラ



振り返る女性の後ろ姿とはだけた肩のイラストが印象的なプリマヴェーラは、オーガニック先進国であるドイツの老舗アロマブランドです。

豊富なオーガニック精油とオーガニックコスメを中心に、ハーブティー・ハチミツなどの食品や書籍など、オーガニックに関する商品を幅広く展開しています。


プリマヴェーラの特徴はオーガニックにこだわりがあること。また、実店舗では丁寧なカウンセリングで自分にあったアロマレシピを紹介してくれますし、オリジナルのアロマブレンドが作れるアロマバーもあります。初心者でも気軽にアロマテラピーが始められそうではありますが、直営店が表参道にしかないので、遠方の方には少し手が出しづらいかもしれません。


memo.png 精油の値段

オレンジ bio5ml/¥1,188
ラベンダー・ファイン bio 5ml/¥1,944
ローズマリー・シネオール bio 5ml/¥2,052


memo.png 精油の種類

130種類以上



search.pnghttp://www.primavera-japan.jp/shop.php(実店舗)

search.pnghttp://www.primavera-japan.jp/(オンラインショップ)



6.ガイア



ガイアは270年の伝統を持つ、フランスのグラースにある製造メーカーから精油(エッセンシャルオイル)を仕入れている国産メーカーです。


ガイアの特徴は、品質の維持に強いこだわりを持っていること。

生産された精油(エッセンシャルオイル)は最短の流通経路で日本へと運ばれ、オイルの変質や酸化のリスクを最小限にとどめます。また、1本ごとに窒素ガスを充填し、酸化を少なくしたり、精油の瓶には使いきりやすい5mlサイズを採用するなどしています。

オーガニック精油のラインナップも充実!


ネットにはガイアの直営店が新潟三越店にあると書かれていますが、すでに2017年に閉店&移転していますのでご注意ください。


memo.png 精油の値段

スイートオレンジ5ml/¥972
ラベンダー・トゥルー5ml/¥972
ローズマリー5ml/¥972


memo.png 精油の種類

60種類以上


search.png楽天でガイアの精油を探す





精油はオーガニックの方がいいの?



オーガニックという言葉は「高級」や「高価」を意味するわけではありません。しかしなぜかネットでは「オーガニックを使っている私=ハイソサエティな暮らしの私」という図式になっていることがしばしばあります。

オーガニックとは、化学肥料や農薬を使用しないで栽培をしたということを指し、そして第三者機関によってそれが認証されていることで品質を保証するものです。


アロマテラピートリートメントは直接皮膚から吸収されるため、良いもの=オーガニックを使った方がいい、という考えもあります。

しかしオーガニックだからといって作用がはっきりと目に見えるとか、そういうことには繋がりません。


一番大事なのは、「そのオーガニックの香りが好きか」ということです。あまりオーガニックにこだわらず、「嗅いで好きだった香りがオーガニックだった」ぐらいでいいと思います。





良い精油は値段が高い?



これも先ほどのオーガニックと同じで、値段が高いからといって作用が格段に良いとか、そういうことではありません。

嫌な匂いがするけど高い精油だからと使用するのは、アロマテラピーの本質からかけ離れてしまいますし、出費がネックになって長くアロマテラピーを続けられないのなら意味がありません。

匂いを嗅いでみて、あなたが「良い」と思ったのなら、それが「良い精油」です。その上でお値段を見て、続けられそうか、高い値段を支払っても使いたいかなどを考えてみてはいかがでしょうか?

反対に精油のお値段が安い場合も、「良い」と思える香りなら使って問題ありません。





「AEAJ表示基準適合認定精油」を買った方がいい?



「AEAJ表示基準適合認定精油」とは、消費者を保護する観点から表示基準を定めたものです。

「AEAJ表示基準適合認定精油」に適合された精油は、ラベル部分や使用説明書に精油製品情報の8項目と4つの使用上の注意事項を記すことが決められています。


AEAJは公式に精油の品質認定ではないことを断言しているのですが、一部の精油メーカーはあたかも品質が保証されているかのように自社の精油を売り出しているところがあります。


なお、「AEAJ表示基準適合認定精油」で定められた表示基準は以下のとおりです。



精油製品情報(8項目)

チェックボックスアイコン ブランド名
チェックボックスアイコン 品名
チェックボックスアイコン 学名
チェックボックスアイコン 抽出部分(部位)
チェックボックスアイコン 抽出方法
チェックボックスアイコン 生産国(生産地)または原産国(原産地)
チェックボックスアイコン 内容量
チェックボックスアイコン 発売元または輸入元


使用上の注意事項

1. 原液を皮膚につけないでください。
2. 絶対に飲用しないでください。
3. お子様の手の届かないところに保管してください。
4. 火気には十分ご注意ください。





精油に成分分析表が添付されているのは高品質な証拠?



ネットで散見するのが「某メーカーは成分分析表を添付しているから高品質」という文言です。

確かに聞いたこともないような成分名がずらりと並び、含有量が%で表示されていると、化学的に品質の良さが示されているように感じます。

でも本当に大事なのは、添付されている成分分析表を見た消費者自身が「今回のロットは前回より○○○が多いから、○○な香りが強い」とか「他のメーカーより○○○という成分が多いから○○○作用に期待できそう」といった見方ができて初めて意味があると思うのです。

こういった知識はアロマテラピー初心者には難しく、AEAJであればアロマテラピーインストラクターという資格を保有していなければ判断できません。つまり、ある程度の知識と経験があって初めて意味があるのが成分分析表です。

成分分析表は読み解けなければ品質がいいかどうか使用する本人には判断できないので、成分分析表の有無はあまり関係がないかなと思います。





まとめ



今回ご紹介した精油メーカーはほんの一例です。まずは「コンセプトに共感できる!」とか「近くに実店舗がある!」「この値段なら買えそう!」という精油メーカーを見つけて、実際に精油の香りを嗅いでみましょう。

慣れてきたら他メーカーの同じ精油の匂いを確かめてみましょう。もっといい香りに出会えるかもしれません。そうしてどんどん幅を広げていけば、いずれここには載っていない海外メーカーの精油を知るようになると思います。

精油メーカーを1社だけに絞る必要はありません。プロのアロマセラピストでも数社の精油を所持している方は多いです。「ラベンダーはここ、スイートオレンジはここ」と種類別に分けている方もいれば、同じラベンダー精油を複数のメーカーでそろえている方もいます。楽しみ方はそれぞれです。

たくさんの人が使っているからいい、というわけではないのが精油の面白いところ。一番頼りになるのは自分自身の嗅覚だということを忘れないで、アロマテラピーを楽しんでみてくださいね!

RECOMMEND


LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座

2019年7月19日(金)10:00〜18:00(受付)
京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンター
天然のアロマ虫除けスプレーを作る

2019年8月1日(木)10:30~15:30
ルネ小平・キッズワークショップ&ハンドメイドフェスタ

2019年8月7日(水)10:30~12:00、13:30~15:00
世田谷区・モノアトリエ
オーガニックハーブ入り!贅沢アロマバスソルト(入浴剤)

2019年8月9日(金)10:30〜11:15
ママズスマイル立川店
ワンコインワークショップ「アロマ虫除けスプレー」託児付き

2019年8月31日(土)10:30~12:00、13:30~15:00
世田谷区・モノアトリエ
おしゃれは指先から♡アロマネイルオイルで女子力アップ!


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment