menu
Relakuheal

精油の作り方。自宅で抽出する方法が意外と簡単!

精油の作り方。自宅で抽出する方法が意外と簡単!


こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。

精油(アロマオイルではなく、エッセンシャルオイル)は植物から抽出される天然の芳香成分ですが、実は自宅で簡単に作れるって知ってましたか!?

自宅でできる精油の作り方仕組み必要な道具をご紹介します!




精油(エッセンシャルオイル)とアロマオイルの違い



精油のことをアロマオイルと言う方がいますが、あれは間違いです。アロマオイルとは人工的に作られた合成香料のことであって、アロマテラピーでは使用しません。

「名前にアロマってついてるのに?」と思われるかもしれませんが、アロマとは「芳香(いい香り)」のことであって、アロマテラピーの略ではないのです。

精油の正しい英語名はエッセンシャルオイルです。

知っておきたい精油のこと!アロマオイルとエッセンシャルオイルの違い

アロマテラピーで使用する「精油」を英語ではEssential oils(エッセンシャルオイル)と言います。ところがこれをアロマオイルだと勘違いしている方が非常に多い!「100均で買った精油を使ったら肌が荒れたんです〜」という方の話をよく聞いたら精油ではなくアロマオイルだった、なんてこともありました。







精油(エッセンシャルオイル)の抽出法



精油の主な抽出法は3タイプあります。「水蒸気蒸留法」「圧搾法」「揮発性有機溶剤抽出法」です。


memo.png 水蒸気蒸留法

植物を水に入れて沸騰させるか、または蒸気をあてて、香り成分を含んだ水蒸気を冷却器で冷やすと気体が液化し、精油が得られます。


memo.png 圧搾法

柑橘系の果皮を機械のローラーで圧搾して精油を得る方法です。低温圧搾(コールドプレス)とも呼ばれています。


memo.png 揮発性有機溶剤抽出法

石油エーテルやヘキサンなどの有機溶剤を用いて、様々な過程を経て最終的に得られる精油をアブソリュート、または樹脂の場合はレジノイドと言います。


精油の抽出法は他にもありますが、市場に出回っている精油のほとんどがこの3つのいずれかの方法で抽出されています。

ハーブから抽出!エッセンシャルオイル(精油)の作り方5選

エッセンシャルオイル(精油)の抽出部位や、デリケートさに応じて、作り方が変わります。エッセンシャルオイル(精油)の作り方として一般的な3つの方法と、伝統的な方法、最新の方法の5つをご紹介します。エッセンシャルオイル(精油)の作り方を知っていると、香りの特徴や性質を知ることができるので、アロマテラピーがもっと楽しくなりますよ!



そして自宅でも簡単に精油が作れるのが「水蒸気蒸留法」です! いくつか道具は必要ですが、入手困難なものではないので簡単に用意できます。





精油の作り方と仕組み



水蒸気蒸留法

図のように「植物に蒸気を当てる」部分と、「集めた蒸気を冷やす」部分、それから「液体を集める」部分があればOKです!

液体は水と精油の二層に分かれています。スポイトなどで精油を吸い上げて、遮光瓶に移せば完成です。

遮光瓶は茶色や青色をしたガラス瓶で、紫外線による精油の変質を防いでくれます。生活の木などアロマテラピー専門店で購入できます。精油が使いやすいようにドロッパー(精油を1滴ずつ滴下させるための穴)がついたものが便利です。



一緒に得られる水にもかすかに芳香成分が含まれています。これを「芳香蒸留水」「フローラルウォーター」などと呼びます。ルームスプレーや入浴剤、化粧水などに使えますので、捨てずにこちらも遮光瓶に入れてくださいね!



芳香蒸留水の詳しい使い方はこちらをご覧ください!

アロマテラピー初心者が知っておきたい芳香蒸留水(ハーブウォーター、フローラルウォーター)の使い方

アロマクラフトで精製水の代わりとしても、そのまま化粧水やルームスプレーとしても使える芳香蒸留水についてお話させていただきます。「フローラルウォーターやハーブウォーターとは何が違うの?」「飲用できるって本当?」「どんな使い方があるの?」そんなアロマテラピー初心者の方にもぴったり。



自宅で精油を抽出する場合、途中でを追加する必要がありますが、あとは放置で良いので、だいたい1時間(※1)ほどで抽出できます。道具も簡単に手に入りますし、思っていたより難しくないでしょ!?

※1 植物の量や種類により異なります。





精油を抽出する道具「蒸留器」





木土台:540×22×厚み20mm 
冷却槽:φ120×H190mm
蒸留釜:φ130×H260mm
パイプ:φ20×L370mm

アロマテラピー専門店の生活の木では、精油を抽出する装置(蒸留器)も取り扱っています。こちらはイタリアの銅製で、両手で持てるくらいの家庭サイズになっています。




こちらは上記の蒸留器を使用する際に使うアルコールランプです。化学の実験みたいでなんだかワクワクしますね! 燃焼時間は約1時間ほどです。




らんびき
¥24,570


こちらはもう少しお手頃な価格で、日本古来の蒸留器の「らんびき」と言います。三層構造になっていて、下層部に水と植物を入れて、上層部には氷を入れます。水を張った鍋にらんびきを入れて、中火で1時間から1.5時間ほど湯煎します。すると下層部で温められた蒸気が上層部で冷やされ、中部に溜まってチューブから出る仕組みになっています。

(こちらは生活の木のオンラインストアからなくなっているので、もしかすると在庫限りで廃盤になるのかもしれません。)





精油を抽出するには、どんな植物を使えばいい?



精油が抽出できる植物はたくさんの種類があります。例えばジャスミンは香水にも使用され、女性の方に人気の香りですが、ジャスミンは品種が非常に多く、その中でも精油が抽出できるのはごく一部です。

また、精油の抽出部位は植物によって異なります。これは精油を作る細胞が植物全体に均一にあるわけではなく、特定の部位に存在するからです。

精油が抽出できる植物や、精油が含まれる部位などは下記の記事や本を参考に調べてみてくださいね。

アロマテラピー検定に出る!精油30種類プロフィール攻略【2019年版】

アロマテラピー検定に出る精油30種類の名前・科名・抽出部位・抽出法を一覧にまとめました!クリックすると精油のエピソードや科名の由来などが書かれた詳細ページに移動できます。



あまり難しく考えなくても、実験だと思って、失敗してもいいや! ぐらいの気持ちで楽しんでいただければいいと思います。


植物の調達法は人それぞれで、お庭で育てている植物を利用される方もいます。自分で育てた植物から自分の手で精油を抽出するって素敵ですね!

ローズマリーやバジル、ミントなどならスーパーでも手に入ります。

フレッシュだけでなく、ドライからも抽出できるので、植物が手に入りにくいときはシングルのドライハーブティーを活用してみてくださいね!


※ハーブの種類によっては、有毒なものや農薬などが付着していることも考えられます。自己責任のもとで蒸留を行い、品質や安全性に十分ご注意ください。





●まとめ

精油って買うものだと思っていたから、おうちで精油が作れるなんて驚きですよね! これだけ簡単なのですから、市販の精油のほとんどが水蒸気蒸留法で作られているのも納得です。

精油をおうちで作ることで、精油1滴1滴を今よりもっと大切に使えそうです。ぜひ作ってみてくださいね!
関連記事


LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座

2019年6月1日(土)・21日(金)9:30〜10:15
昭島・親と子の自由空間ほっと
あさイチミニ企画「アロマ虫よけスプレー」

2019年6月18日(火)10:00〜12:00
所沢・ママズスマイル
託児付きワークショップ「和紙の花香るアロマディフューザー缶」

2019年6月22日(土)10:00〜10:45
東大和・薬用植物園内ふれあいガーデン草星舎
天然アロマの虫除けスプレー

2019年7月31日(水)14:30~16:15
立川・昭和記念公園花みどり文化センター内
天然のアロマ虫除けスプレーを作る

ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment