menu
Relakuheal

集客効果がUPする「ペルソナ」の作り方、元宣伝広報が教えます!

集客効果がUPする「ペルソナ」の作り方、元宣伝広報が教えます!


ワークショップ講座を開催する上で、重要なことがあります。それは、ペルソナの作り方です! ペルソナとは、ターゲットの人物像を細かく設定したもので、企業などではペルソナを元にマーケティングを行います。

企業やマーケティングと聞くと、小さなアロマテラピースクールやサロンの運営には関係がないように思うかもしれませんが、ペルソナを作ることで効果的な宣伝ができたり、より良いメニューを提供することが可能になります。運営の規模にかかわらず、ペルソナってすごく大事なんです!

AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiが、関西の遊園地で宣伝広報をしていた経験を元に、ペルソナとは何か、ペルソナを作るとどのような効果があるのかを、今回「ペルソナ」という言葉を初めて聞いた方でもわかるように簡単にお教えします。

「目玉となるようなワークショップを開催したい!」
「もっとアロマテラピーサロンにお客さんがきてほしい!」

そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひご覧になってくださいね。




集客効果がUPする「ペルソナ」とは



あなたは、自分のワークショップやアロマテラピーサロンにどんなお客さんがきてほしいですか?

ここで「できるだけたくさんの人に……」としか答えられなかった方は漠然としすぎています。「アロマテラピーに興味がある方に……」これも間違いではありませんが、まだ足りません。もっとターゲットを絞る必要があります。

「そんなことをしたら来る人が限られてお客さんが減ってしまうのでは?」という心配は無用です。来る人を限定することで、かえって戦略を立てやすくなり、効果的な宣伝を打ち出すことができるからです。


考えてみてほしいのですが、広範囲適当にボールを投げても、誰もキャッチしてくれません。みんなボールに興味がないのです。遠くにいる人はあなたがボールを投げているのが見えていても、手元に届かないのがわかっているので受け取ろうとしません。

けれどあなたの近くで「今、ボールがほしい!」「キャッチできる準備があるよ!」こういう人にボールを投げたらどうでしょう。バッチリ受け取ってくれますよね!


宣伝はあなたのワークショップやサロンにいける距離の人にするべきなのです。距離をしぼったら次はあなたのワークショップやサロンを必要としている人を選べばいいだけ。そしてあなたはその人たちが必要としているワークショップやメニューを提供する。

この相手がどんな人物なのか、掘り下げて設定したものが「ペルソナ」です。





あなたのワークショップやサロンに来てくれる「ペルソナ」の作り方と宣伝



ワークショップやサロンにきてほしい人たちはどこに住み、どのような生活を送っているのか、考えたとはありますか?

性別、年齢、職業、既婚・未婚、子どもがいる・いない、住んでいるエリア、勤務しているエリア、移動手段、平日と休日の過ごし方、好きなファッションや趣味……。こういった条件を細かく設定していくことで、人物像がはっきりしてきます。

それでは実際にペルソナを作ってみましょう!



memo.png ペルソナの作り方

例えば以下のようなワークショップがあったとします。


日時……平日午前
場所……駅近の託児所
季節……冬
内容……アロマテラピーの託児付きワークショップ



あなたはどんなワークショップを用意し、どこで宣伝しますか? 「ペルソナ」を設定すればその答えが見えてきますよ。


まず始めに、託児を利用するお子さんの年齢を考えます。平日午前の開催なので、幼稚園・保育園・小学校に通っているお子さんは、預ける必要がありません。「平日」に「託児」を利用するのはもっと小さいお子さんですね。0歳〜3歳が多いのではないでしょうか。

次に、その年齢のお子さんを持つママの年齢を考えます。27歳で結婚して28歳で出産、現在30歳のママとしましょう。彼女は平日の午前のワークショップに参加できるので、お仕事はされていないようですね。


想定するワークショップは駅近で開催されます。2歳のお子さんと一緒でも無理なくいける距離です。この女性はどこに住んでいるのでしょうか? 2歳の子どもと2人で平日午前に遠出することは考えにくいので、お住いはワークショップの会場がある駅の近隣と考えられますね。遠くても電車で片道30分ぐらいで移動できる距離ではないでしょうか。


そしてアロマテラピーに興味があるということですので、香り植物がお好きなのかもしれませんし、自然療法を普段の暮らしに取り入れたいと考えているのかもしれません。「ナチュラル」「天然」「オーガニック」「丁寧な暮らし」「優しい」「安全」「健康」「素材」このようなキーワードに惹かれるのではないでしょうか。



memo.png ペルソナに基づいたワークショップとは

以上のような設定から、冬の開催時期にあったワークショップを考え、魅力的なタイトルをつけましょう。

冬は乾燥が気になりますね。お子さんが小さいとオムツ替えのたびに手を洗い、いつもより手荒れがひどくなってしまいます。そこであなたは精油を使用したハンドクリームのワークショップを行うことに決めました!

タイトルは「手作りハンドクリーム」。……これでいいのでしょうか? 確かにそうなのですが、ペルソナがこのタイトルを見て魅力的に感じるでしょうか?

ミツロウで作るしっとりアロマハンドクリーム」ナチュラル感を出すために「ミツロウ」という言葉を入れることにしました。また、ハンドクリームの使用感をイメージしてもらうために「アロマ」「しっとり」というキーワードも入れます。

チラシには植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)と、ミツバチが巣を作る過程で分泌するミツロウと呼ばれるナチュラル素材や、保湿力の高い植物油を使うことを説明しました。そしてチラシに使用する写真には、ハンドクリームのテクスチャが伝わるようにあえてツノが立つようにハンドクリームを絞り出し、女性受けしそうなクラシカルなデザインのラベルを貼った容器と、その周りにミツロウが溢れたかのように散りばめ、精油の瓶や、みずみずしいフレッシュのハーブを一緒に映しました。



memo.png ペルソナに向けて宣伝する

作成したチラシはどこで配布すればいいでしょうか? 会場となる託児所はマストですね。

ペルソナは他にどのような場所に行くでしょうか。その中でチラシを置いてもらえそうな場所はないでしょうか。調べてみると会場と同じ駅に親子カフェがあることがわかりました。また近々ママを対象としたマルシェが近くで開催されるようです。チラシを置いてもらえないか、担当者に連絡を取ってみましょう!


チラシだけでなく、自分のブログでも告知しましょう。そのときに、ペルソナがどんなキーワードで検索して自分の記事にたどりつくかを考えます。「アロマハンドクリーム」だけでは市販のいい匂いがするハンドクリームが欲しい人、家でハンドクリームを作りたい人など範囲が広すぎてワークショップの告知に興味がない人もたどり着いてしまいます。地名や会場名、開催月、ペルソナが作りたいと思うものをタイトルに入れるべきですね。

ブログの記事はどんどん流れてしまうので、トップページや他の記事からリンクを貼りましょう。

さらに、SNSでもワークショップの告知を行います。このときもペルソナがどうやったらこのワークショップに気が付いて行くれるかを考え、タグを選びます。SNSのタイムラインは流れるのが早いので、ワークショップの情報を多方面からアピールして何度も投稿します。もちろん、SNSのプロフィールにはブログのURLを貼っておくべきですし、アカウントは全体に公開しましょう。





まとめ



「誰でもいいからたくさんの人にきて欲しい!」という今までのやり方をやめて、「どんな人にきて欲しいのか」を今一度考えてみてましょう。そうすればその人の生活パターンがわかるので宣伝しやすくなりますし、魅力的なワークショップやサロンのメニューが作れます。


また、アロマテラピースクールやサロンを運営されている方は、ぜひこちらの記事もご覧になってくださいね!

元宣伝広報直伝!誰でもできるスマホのおしゃれな写真の撮り方

アロマテラピースクールやサロンを運営されていると、ワークショップの作品や入荷した商品、その日行ったカフェのランチ、ハーブやお花などをスマホで撮影することが多いかと思います。そのときに「もっとうまく撮れたらなぁ」と思ったことはありませんか? 一眼レフを買わなくても、スマホがあれば誰でも簡単にできるおしゃれな写真の撮り方をお教えします!



元宣伝広報が教える初心者でも簡単なロゴ作成のコツ!

皆さんがご自身で主宰するアロマテラピースクールやサロンにはロゴがありますか? ロゴは視覚的にクライアントの記憶に印象を刷り込むことができる重要なブランディングツールです。まだロゴを持っていない方は、すぐに作成しましょう!



ロゴ作成が無料でできるおすすめサイト10選!

運営を始めたばかりで資金も乏しいときは、できれば無料で作ってしまいたいもの。さらに操作が簡単で、デザインもおしゃれならもっとイイ! 元宣伝広報として初心者の方でも使いやすいサイトを厳選いたしました!




皆様のアロマテラピースクール・サロン運営のお役に立てれば幸いです。


RECOMMEND




LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment