menu
Relakuheal

アロマセラピストとアロマテラピーインストラクターの違い

アロマセラピストとアロマテラピーインストラクターの違い


こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。

私は「アロマセラピスト」と「アロマテラピーインストラクター」2つの資格を持っていますが、必ず2つとも取得しなくてはいけないわけではなく、どちらか1つだけでも仕事はできます。

では、アロマセラピストとアロマテラピーインストラクターの資格を取得するにはどんな違いがあるのでしょうか? 資格を取得したあと、できる仕事にどのような違いがあるのでしょうか?

今回は2つの資格を取得した私だからこそわかるアロマセラピストとアロマテラピーインストラクターの違いについてお話しします。


チェックボックスアイコン アロマセラピストとアロマテラピーインストラクターってどうやったら取得できるの?
チェックボックスアイコン アロマセラピストとアロマテラピーインストラクターの仕事内容の違いが知りたい!
チェックボックスアイコン どちらを取得したら良いのか迷っている…


こういった方たちの参考になれば幸いです。




アロマテラピーインストラクターのお仕事


AEAJのHPでは、アロマテラピーインストラクターは以下のように説明されています。


アロマテラピー教育のスペシャリストとして、安全なアロマテラピーの実践方法を一般の方に教授できる能力を認定する資格です。精油の専門知識に加え、健康学や解剖生理学、メンタルヘルスなどに関する知識を習得し、アロマテラピーの健康維持への役立て方や幅広い利用法を指導できる専門人材です。



まだ資格を持っていなかった頃、私はこれを読んでもアロマテラピーインストラクターがどんなことができる職業なのか、どこで仕事してる人なのか正直いってわかりませんでした。(笑)


簡単にいうと、アロマテラピーインストラクターとは講師のことです。

アロマテラピーの知識を元に、アロマクラフトのワークショップで安全で楽しい使い方を教えたり、アロマテラピーの知識が学べる講座を開いたり、アロマテラピーの検定・資格の取得に向けて勉強を教えたりする人です。

カルチャースクールカルチャーセンターに講師として雇われる人、カフェ住宅展示場商業施設大きなイベントの一角でワークショップを開催する人、自宅教室を運営する人、外部のアロマテラピースクールに雇われる人、親子広場子育て・ママ友のサークルで講師をする人…。色々な活動の仕方があります。

仕事は依頼を受けて赴く場合と、自ら申し込み開催する場合があります。また、単発で行う場合と、定期的に開催する場合がありますし、自ら申し込んだ場合はスペースを利用するのに料金がかかることや、受講料のみで講師料が出ないこともあります。


アロマテラピーインストラクターの特徴
職業講師
内容・ワークショップ
・講座
・検定や資格の取得
場所・カルチャースクールやカルチャーセンター
・カフェ、住宅展示場、商業施設、イベントの一角
・自宅教室
・外部のアロマテラピースクール
・親子広場やサークル
形式・受注
・自ら申し込む
回数・定期、不定期で継続して
・単発
支出・材料費
・チラシなどの宣伝費
・交通費
・テキスト代
・レンタル料
収入・受講料
・講師料(場合による)






アロマセラピストのお仕事


AEAJのHPでは、アロマセラピストは以下のように説明されています。


プロのアロマセラピストとして、一般の方にアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを実践できる能力を認定する資格です。精油の専門知識に加え、解剖生理学や皮膚科学に関する知識、トリートメント技術などを習得し、ボディおよびフェイスへのアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを提供できる専門人材です。



アロマセラピストは少しイメージしやすいですかね。「セラピスト」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、トリートメント(法律で決まっていてマッサージとは言いません)、施術を行う人のことです。


アロマテラピートリートメントでは、精油(エッセンシャルオイル)を植物油で希釈したトリートメントオイルを使用し、皮膚に塗布して施術を行います。ボディが一般的ですが、エステなど美容に力を入れているところではフェイスも行なっています。また、ハンドフットのみという場合もあります。


アロマセラピストが働く場所は、アロマテラピートリートメントを専門にした「アロマテラピーサロン」が多く、外部に雇われる場合は「施術1分につき○円」というように業務委託という形か、契約社員・正社員という形になります。

もしくは自宅でサロンを開いたり、レンタルサロン賃貸の店舗を借りる、店舗を購入して営業するというアロマセラピストもいます。

ちなみにアロマテラピーは日本では国家資格がなく、無資格でも施術が行えます。そのため、街の手もみ屋さん、もみほぐし屋さん、整体などのお店で「アロマセラピストの資格を持っていない」「自分がアロマテラピートリートメントを受けたことがない」という人がメニューに幅を出すためにアロマテラピートリートメントを行なっている場合もあります。(全てのお店がそうではありません。)


外部のお店でアロマセラピストとして働く際は、店舗で研修を受ける必要があります。研修の期間どのようなことを習うのかはお店により異なります。大型のチェーン店は1箇所に各支店の研修を受ける人を集めて行うので、受けられる時間が限られていることがあります。そしてテキスト代、受講料、衣類のクリーニング代など研修費用が発生します。

AEAJの資格を持っているからといって、研修が短縮されることはほぼないと思います。けれど何も知らないまま研修を受けるよりは知っている方が飲み込みが早いと思うので、プレッシャーからは解放されるでしょう。


自宅サロンでアロマセラピストとして働く場合は、全て自分で行う責任感がありますが、自由がききます。外部のお店でアロマセラピストとして働く場合は、研修を受ける費用・時間があり、施術を行える時間に勤務できるのであればある程度の収入が見込めます。どちらがあなたのライフスタイルにあっているでしょうか?


あと、最近は産婦人科のある病院で妊婦さん&産婦さんを対象に「ママ友作り」「出産後のスペシャルケア」などを目的にアロマテラピートリートメントを取り入れている病院もあります。

介護福祉施設でもハンドトリートメントの需要がありますが、ほとんどボランティアが多いように思います。材料費が出ればラッキーで、地域に貢献したい方、実績を積みたい方にはおすすめです。


アロマセラピストの特徴
職業施術者
内容・アロマテラピー トリートメント(ボディ、フェイス)
・ハンドトリートメント
・リフレクソロジー
場所・自宅サロン
・外部のアロマテラピーサロン
・街の手もみ屋さん、もみほぐし屋さん、整体など
・産婦人科のある病院
・介護、福祉施設
形式・フリーランス
・契約社員、正社員
回数・随時
・ご予約があるときだけ
定期的、シフト
支出・自営:準備費用、運営費用、交通費
・外部:研修費
収入・自営:お客様1人あたり
・外部:施術時間の分給






アロマテラピーインストラクターの資格


アロマテラピーインストラクターは誰でも受験できるわけではありません。AEAJ認定スクールに通い、必須履修科目を受け、それから初めて試験を受験できるようになります。


アロマテラピーインストラクターの受験資格
チェックボックスアイコン アロマテラピー検定1級に合格する
チェックボックスアイコン AEAJに入会する
チェックボックスアイコン アロマテラピーアドバイザー資格を取得する
チェックボックスアイコン 認定スクールでアロマテラピーインストラクター必須履修科目を修了する
チェックボックスアイコン 履修証明書を提出する
チェックボックスアイコン アロマテラピーインストラクター試験に合格する
チェックボックスアイコン 資格登録手続きを行う


アロマテラピー検定公式テキスト&問題集2019年最新版の内容と中身

雑誌のようなおしゃれな写真がいっぱいのアロマテラピー検定公式テキスト&問題集を詳しく紹介しています。



AEAJの会員になるには。メリットと会員特典、費用。

特典盛りだくさんのAEAJ会員は、アロマテラピー検定を受験していなくても誰でもなれるって知っていましたか?AEAJ会員になるメリットとAEAJ会員特典の内容、AEAJ会員になるための費用についてまとめました。



アロマテラピーアドバイザーになりたい!認定講習会の内容と体験談

アロマテラピーアドバイザー認定講習会がいつ、どこで、どのような内容で行われるのかについて私自身がアロマテラピーアドバイザーを取得したときの体験談も交えてお話します。アロマテラピー検定1級に合格したけどアロマテラピーアドバイザーになろうか迷っている方の参考になれば幸いです。





アロマテラピーインストラクターの学習科目
アロマテラピーの歴史1時間以上
解剖生理学9時間以上
タッチング論1時間以上
ボランティア論1時間以上
基材論2時間以上
健康学5時間以上
ストレスとメンタルヘルス2時間以上
ホスピタリティとコミュニケーション2時間以上
精油学総論7時間以上
精油学各論7時間以上
アロマテラピー利用法6時間以上
アロマテラピー教育5時間以上



ほとんどが解剖生理学です。それからアロマテラピー検定で習った精油のことをもっと掘り下げた精油学総論と各論

アロマテラピーって自然療法だからスピリチュアルな目で見られたり、眉唾ものでしょ? という風に思われる方もいるのですが、AEAJでは理数系の人に喜ばれそうな内容がたくさん出てきます。かなり本格的です。



アロマテラピーインストラクター試験
試験日時①3月下旬の日曜日(2019年3月24日)
②9月下旬の日曜日(2019年9月22日)
申し込み期間①2月(2019年2月6日~20日)
②8月(2019年8月7日~21日)
出題数70問
※アロマセラピスト学科試験合格者は35問
合格基準正答率80%
結果通知発送日①4月中旬(2019年4月11日)
②10月中旬(2019年10月?日)
受験料5,140円
資格登録認定料10,260円


※AEAJ認定スクール費用別途





アロマセラピストの資格


アロマセラピストは誰でも受験できるわけではありません。AEAJ認定スクールに通い、必須履修科目を受け、それから初めて試験を受験できるようになります。


アロマセラピストの受験資格
チェックボックスアイコン アロマテラピー検定1級に合格する
チェックボックスアイコン AEAJに入会する
チェックボックスアイコン アロマテラピーアドバイザー資格を取得する
チェックボックスアイコン 認定スクールでアロマセラピスト必須履修科目を修了する
チェックボックスアイコン 履修証明書を提出する
チェックボックスアイコン アロマセラピスト学科試験に合格する
チェックボックスアイコン トリートメント実技試験に合格する
チェックボックスアイコン カルテ演習30症例を修了する
チェックボックスアイコン 資格登録手続きを行う


アロマテラピーインストラクターは学科試験のみですが、アロマセラピストは学科試験に加え、トリートメント(ボディとフェイス)の実技試験に合格し、カルテ演習30症例を提出する必要があります。かなり根気がいります!


アロマテラピー検定公式テキスト&問題集2019年最新版の内容と中身

雑誌のようなおしゃれな写真がいっぱいのアロマテラピー検定公式テキスト&問題集を詳しく紹介しています。



AEAJの会員になるには。メリットと会員特典、費用。

特典盛りだくさんのAEAJ会員は、アロマテラピー検定を受験していなくても誰でもなれるって知っていましたか?AEAJ会員になるメリットとAEAJ会員特典の内容、AEAJ会員になるための費用についてまとめました。



アロマテラピーアドバイザーになりたい!認定講習会の内容と体験談

アロマテラピーアドバイザー認定講習会がいつ、どこで、どのような内容で行われるのかについて私自身がアロマテラピーアドバイザーを取得したときの体験談も交えてお話します。アロマテラピー検定1級に合格したけどアロマテラピーアドバイザーになろうか迷っている方の参考になれば幸いです。





アロマセラピストの学習科目
アロマテラピーの歴史1時間以上
解剖生理学23時間以上
顔面の皮膚科学3時間以上
衛生学2時間以上
ボディ・フェイストリートメント理論4時間以上
ケーススタディ13時間以上
基材論2時間以上
健康学5時間以上
ストレスとメンタルヘルス2時間以上
ホスピタリティとコミュニケーション2時間以上
精油学総論7時間以上
精油学各論7時間以上
アロマテラピー利用法6時間以上
コンサルテーション理論2時間以上
コンサルテーション実技5時間以上
カルテ作成指導3時間以上
ボディトリートメント実技50時間以上
フェイストリートメント実技10時間以上



アロマセラピストでも解剖生理学をやります。しかもこちらの学習時間は23時間以上です。(笑)

そしてこの学科試験の範囲が終わったら、次はボディトリートメント実技50時間以上と、カルテ演習30症例の作成が待っています。生半可な気持ちでは受験できない資格です。



アロマセラピスト試験
試験日時①5月下旬の日曜日(2019年5月26日)
②11月下旬の日曜日(2019年11月24日)
申し込み期間①4月(2019年4月8日~22日)
②10月(2019年10月9日~23日)
出題数80問
※※アロマテラピーインストラクター資格取得者は45問
合格基準正答率80%
結果通知発送日①6月中旬(2019年6月?日)
②12月中旬(2019年12月?日)
受験料5,140円
資格登録認定料10,260円


※AEAJ認定スクール費用別途





アロマテラピーインストラクターとアロマセラピスト


AEAJではどちらか1つの資格を所有していれば、活動には差し支えがないということになっています。


●講師としてワークショップや講座を開きたい
アロマテラピーインストラクター

●施術を行いたい
アロマセラピスト


私は最初、アロマセラピストの資格しか取得するつもりはありませんでした。ところが当時通っていた「生活の木ハーバルライフカレッジ」というAEAJ認定スクールでは、アロマセラピストの学習内容を履修するには、アロマテラピーインストラクターに合格していること、という独自のルールがあったのです。(他のAEAJ認定スクールではアロマセラピストからいきなり通えるところもあります。)

私は渋々アロマテラピーインストラクターのコースに通いました。(笑)けれど、今ではアロマテラピーインストラクターとアロマセラピストの2つを取得してよかったと思っています!


チェックボックスアイコン 講座の中でアロマセラピストの知識を話せる
チェックボックスアイコン トリートメントにインストラクターの知識を役立てられる
チェックボックスアイコン 2つ持っていることで強みになる!


アロマテラピーの講座に通われる生徒さんというのは、アロマテラピーを勉強したい、将来お仕事にしたい、とお考えの方も多いです。ただテキストの内容を話すだけでなく、プラスαとしてトリートメントの事例、アロマセラピストの心構えなどをお話しすると大変興味を持ってもらえます。

また、アロマテラピートリートメントでは、施術後に「ご自宅でのアロマテラピーの楽しみ方」をお話することがありますが、そのときにはアロマテラピーインストラクターとしての経験が活かされます。

2つの資格を持っていることで、足りない部分を補い合い、自分に自信が持てます! これは「強み」ですよね。



memo.png 今すぐ外部のサロンでアロマセラピストになりたい場合

外部の店舗でアロマセラピストとして働きたい場合は、研修を受けてからの配属になります。先ほどお伝えしたように、研修には時間と費用がかかります。

AEAJのアロマセラピストの知識を得てから研修を受けても無駄になることはありませんが、今すぐ働きたいのであれば店舗で研修を受けて、配属されることを優先すべきかと思います。その後で知識が足りない、もっと勉強したいという思いが強くなったらAEAJのアロマセラピストを取得されてはいかがでしょうか?

働きながら取得を目指すことも決して容易ではありませんが、そういった方法もあるということを覚えておいてください。





まとめ


アロマテラピーインストラクターとアロマセラピストのお仕事の違い、資格の違い、お分りいただけたでしょうか?

皆様のアロマテラピー活動がより充実したものとなりますように!

RECOMMEND


LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座

2019年6月29日(土)9:30〜10:15
東大和・薬用植物園内ふれあいガーデン草星舎
天然アロマの虫除けスプレー

2019年7月5日(金)10:30〜11:15
ママズスマイル立川店
ワンコインワークショップ「アロマ虫除けスプレー」託児付き

2019年7月19日(金)10:00〜18:00(受付)
京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンター
天然のアロマ虫除けスプレーを作る


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment