menu
Relakuheal

今更聞けない!アロマセラピーとアロマテラピーの違い

今更聞けない!アロマセラピーとアロマテラピーの違い



こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。

アロマセラピーと、アロマテラピーの違い、ご存知ですか? ネットなどでアロマセラピーとアロマテラピー2つの言葉があって戸惑っている方に向けて、国内のアロマテラピー団体で唯一内閣府に公益認定されているAEAJのアロマテラピー検定公式テキスト(2019年最新版)を元に、2つの言葉の違いや、アロマテラピーとはそもそも何かについてお話させていただきます。




アロマテラピーは造語だった!



古来からハーブは人の生活に欠かせないものでした。香草、薬草、鑑賞、宗教…。色々な使い方がされ、時代の進歩とともに蒸留技術などが盛んになってきました。

そんなか、フランス人化学者のルネ=モーリス・ガットフォセ(1881年 - 1950年)が実験中にやけどを負い、治療にラベンダー精油を使用したというエピソードが有名です。

彼は1937年に著書である”Aromathérapie”を刊行し、「アロマテラピー」という言葉を作りました。アロマは「芳香」、テラピーは「治療」を意味します。日本語ではアロマテラピーは「芳香療法」と訳されます。





精油とアロマオイル



memo.png 精油を使用する

植物から抽出した天然の芳香成分である「精油(エッセンシャルオイル)」を使用します。これは高濃度の液体で、揮発性、芳香性、引火性、脂溶性などの性質を持ちます。

精油(エッセンシャルオイル)の抽出部位は、植物によって異なります。花、葉、根、果皮、果実、心材、樹脂などさまざまです。

アロマテラピーでは、この精油(エッセンシャルオイル)を使用します。



memo.png アロマオイルは使用しない

精油(エッセンシャルオイル)とよく似た名称のものに、100均などで売られている「アロマオイル」というものがあります。アロマオイルは合成香料で、人工的に作られたいい香りのする液体のことです。

「アロマ」という名前がついていますが、先ほどもお伝えしたようにアロマは「芳香」という意味で使用されており、アロマテラピーの略というわけではありません。

そのため、アロマテラピーではアロマオイルは使用しないのですが、ネットでは誤って精油(エッセンシャルオイル)のことをアロマオイルと呼ぶ方が後を絶たず、その結果アロマオイルを誤用した事故なども起こっていますので、ご注意ください。



精油(エッセンシャルオイル)についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

エッセンシャルオイル(精油)の抽出部位とその作用

エッセンシャルオイル(精油)は植物によって抽出部位が違うということをご存知ですか?花、葉、根、果皮、樹脂、心材…実に様々な部位からエッセンシャルオイル(精油)が抽出されるんですね。そしてその抽出部位によって、作用や香りの特徴が変わってきます。抽出部位を知れば、アロマテラピーがもっと楽しくなりますよ!



ハーブから抽出!エッセンシャルオイル(精油)の作り方5選

皆さんはハーブからどのような方法で抽出してエッセンシャルオイル(精油)が作られるか知っていますか?実は作り方は1つではないんです。エッセンシャルオイル(精油)の抽出部位や、デリケートさに応じて、作り方が変わってくるんですよ。



知っておきたい精油のこと!アロマオイルとエッセンシャルオイルの違い

アロマテラピーで使用する「精油」を英語ではEssential oils(エッセンシャルオイル)と言います。ところがこれをアロマオイルだと勘違いしている方が非常に多い!「100均で買った精油を使ったら肌が荒れたんです〜」という方の話をよく聞いたら精油ではなくアロマオイルだった、なんてこともありました。







アロマテラピーって何をするの?



精油(エッセンシャルオイル)の使い方には、色々な方法があります。


チェックボックスアイコン 芳香浴

精油(エッセンシャルオイル)の香りを楽しむこと。無印などで売られている水蒸気、超音波などを利用したディフューザーや、ランプの熱で香りを拡散させるアロマランプ、電気も火も使わないアロマストーン、ステシックで香りを分散させるリードディフューザーなどを使用します。


チェックボックスアイコン 沐浴法

全身浴や半身浴、手浴(ハンドバス)、」足浴(フットバス)などに精油(エッセンシャルオイル)を使用し、香りを楽しむ方法です。

ハーブ入り贅沢アロマバスソルトの作り方。身体ポカポカ!

アロマバスソルトを手作りしてみませんか?ハーブ入りだから見た目にもおしゃれです。材料を混ぜるだけでとっても簡単なので、アロマテラピーが初めての方でも大丈夫です。プレゼントにしても喜ばれます!




チェックボックスアイコン 蒸気吸入法

熱湯に精油(エッセンシャルオイル)を垂らし、香りを含んだ蒸気を吸い込む方法です。顔に当てるとフェイシャルスチームになり、血行を促します。

※飲まないでください。


チェックボックスアイコン トリートメント法

精油(エッセンシャルオイル)を植物油で希釈したトリートメントオイルを使用した施術のことです。アロマテラピーサロンに行ってアロマセラピストに施術をしてもらったり、自分でケアしたりします。

植物油はアロマテラピー専用のものを使用し、フェイスの場合は0.5%、ボディの場合は1%に希釈します。

簡単なアロママッサージオイルの作り方、プロのアロマセラピストが教えます!

アロママッサージオイルとは、アロマテラピートリートメント(植物油などで希釈した精油を身体に塗るマッサージ)で使用する専用のオイルのこと。市販でも売られていますが、初めての方でも少ない道具で簡単に作ることができます。自分好みの香り・オイルの伸び具合でセルフケアすることができるので、リラックスや気分転換にぴったりです♡





ハンドクリームやネイルオイル、ルームスプレー、虫除けスプレーなど精油(エッセンシャルオイル)を使用して何か手作りすることをアロマクラフトと言います。クラフト=工芸ですね。

アロマテラピー教室などでワークショップが開催されているので、自分で作る自信がない方は参加されてみてはいかがでしょうか。Relakuhealでもワークショップを開催しています! カテゴリーの「work」や、トップページに直近のワークショップをまとめていますので、そちらをご覧ください。





精油ってどこで買えるの? いくらくらいするの?



精油はアロマテラピー専門店で購入することができます。青い精油瓶が印象的なニールズヤードなど、いくつか有名なブランドがありますが、私は「おうちでも気軽にアロマテラピーを楽しんでほしい」という思いから、アロマクラフトの材料や用具も一緒に購入できる国産ブランドの生活の木をオススメしています。

search.png生活の木のHPをチェック!

アロマセラピストおすすめ!信頼できる精油メーカー6選

アロマテラピーを始めたばかりの頃、どこのメーカーの精油(エッセンシャルオイル)を購入すればいいのかとても悩みました。せっかくなら品質のいいものが使いたい、でも値段が高すぎると手が出せない…。きっと同じように悩まれている方は多いかと思いますので、アロマテラピーでよく使用されている信頼できる精油メーカーをまとめました!







精油は天然だから安全?



精油(エッセンシャルオイル)は確かに天然です。しかし高濃度のため、原液では塗布しませんし、飲用したり、料理に使用したりすることもありません。また、AEAJでは

精油(エッセンシャルオイル)が天然だからといって、使い方を間違えると重大な事故になりかねません。精油(エッセンシャルオイル)の中には、皮膚刺激の成分を含むものや、皮膚に塗布すると紫外線に反応して炎症を起こすものなどがあります。

皮膚刺激の成分を含む精油7種類

皮膚への刺激が強い精油7種類をご紹介します。皮膚に異常が現れたときの対処や、パッチテストの行い方、皮膚の異常が原因でお相手とトラブルになってしまったときのアロマテラピー保険についても書いています。



禁忌!日中に使ってはいけない光毒性の精油

私が皮膚につけるアロマクラフトのレシピを紹介する際は、「光毒性」について注意させていただいています。光毒性とは、精油が皮膚についた状態で日光などの紫外線に当たると炎症などの危険な症状を起こすことです。





精油(エッセンシャルオイル)を使用するときは、必ず正しい量正しい方法安全に使用しましょう。ネットには誤った情報も多いので、AEAJ認定アロマセラピストやアロマテラピーインストラクターが開催しているワークショップなどに参加されるか、「もっと正しい知識を学びたい!」「精油(エッセンシャルオイル)のことをもっと知りたい!」ということであれば、アロマテラピー検定の受験をオススメしています。

Relakuhealではお子様の同伴もOKなアロマテラピー検定対策講座の出張カフェレッスンを行っている他、オンラインで全国どこからでも受講していただけます。

アロマテラピー検定1級2級対策講座|大人女子の習い事

AEAJのアロマテラピー検定1級2級合格に向けた対策講座を、東京・東大和、武蔵村山、立川、立飛、玉川上水、吉祥寺、国分寺、八王子、埼玉・所沢のカフェにて行なっています。都内の駅近カフェにも出張します!また、オンラインレッスンもありますので、近くにスクールがない方、小さなお子様がいて自宅から出られないママにもレッスンを受けていただけます。







アロマセラピーとアロマテラピーの違い



冒頭でもご紹介したように、Aromathérapieという言葉を作ったのはフランス人化学者のルネ=モーリス・ガットフォセです。Aromathérapieはフランス語で、カタカナで書くと「アロマセラピー」と読みます。

一方、英語の場合はAromatherapyと書き、カタカナで表記すると「アロマテラピー」という読み方になります。



チェックボックスアイコン フランス語の「Aromathérapie」=アロマセラピー

チェックボックスアイコン 英語の「Aromatherapy」=アロマテラピー



アロマセラピーとアロマテラピーの違いは、フランス語読みか、英語読みかという違いであって、意味は一緒なんですね!





まとめ



アロマセラピーとアロマテラピー、2つの言葉の違いをお分りいただけたでしょうか?

これを機にアロマテラピーに興味を持ってくださる方がもっと増えれば嬉しいです!

RECOMMEND


LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座

2019年7月19日(金)10:00〜18:00(受付)
京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンター
天然のアロマ虫除けスプレーを作る

2019年8月1日(木)10:30~15:30
ルネ小平・キッズワークショップ&ハンドメイドフェスタ

2019年8月7日(水)10:30~12:00、13:30~15:00
世田谷区・モノアトリエ
オーガニックハーブ入り!贅沢アロマバスソルト(入浴剤)

2019年8月9日(金)10:30〜11:15
ママズスマイル立川店
ワンコインワークショップ「アロマ虫除けスプレー」託児付き

2019年8月31日(土)10:30~12:00、13:30~15:00
世田谷区・モノアトリエ
おしゃれは指先から♡アロマネイルオイルで女子力アップ!


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment