menu
Relakuheal

ワークショップを開催するには?企画から準備、当日まで

ワークショップを開催するには?企画から準備、当日まで


ワークショップ開催したい! けど、ワークショップを開催するには、何から始めればいいの?」という方のために、企画から準備、当日まで「やること」をまとめました!




こんな方におすすめ!

チェックボックスアイコン ワークショップを開催したい!

チェックボックスアイコン ワークショップを開くのが初めて

チェックボックスアイコン ワークショップの開催で失敗したことがある…

チェックボックスアイコン 何をすればいいのかわからない!





ワークショップを開催するのに一番大事なのは「企画」です。いつ、どこで、誰に、なぜ、どうやってワークショップを行うのか、すべてが詰まっています!

ここがきちんとできていると、準備もスムーズですし、ワークショプ当日も安心して迎えられます。




こんな風になれます!

チェックボックスアイコン 誰に向けたワークショップなのかがすべてを決める!

チェックボックスアイコン いつ開催すればベストなのか見えてくる!

チェックボックスアイコン どこで開催すれば集客につながるのかわかる!

チェックボックスアイコン なぜ開催するのか、魅力がわかる!

チェックボックスアイコン どうやって開催するのか、満足感がUP!

チェックボックスアイコン 宣伝のやり方と告知できる場所がわかる!

チェックボックスアイコン ワークショップ当日の心構えがわかる!





これからワークショップを開催したい方、過去に開催したワークショップで失敗してしまった方、ぜひ見てみて下さいね!




ワークショップの企画を左右する「ペルソナ」の設定



ワークショップを開催するには、以下の要素が必要になってきます。




ワークショップに必要な要素

チェックボックスアイコン 場所
どこで開催するのか?

チェックボックスアイコン 日時
いつ開催するのか?

チェックボックスアイコン 費用
何円で開催するのか?

チェックボックスアイコン 内容
どんなワークショップを開催するのか?

チェックボックスアイコン お客様
誰を対象にしているのか?





この中で一番大事なのが「お客様」です。高級感のある場所で高額なワークショップを開催したくても、そのワークショップを受けたいお客様の収入・貯蓄に見合っていなければ参加してもらえません。

そこで、ざっくりと「お客様」として見るのではなく、もっと細かく年齢や職業、家族構成などを掘り下げて考えてみましょう。

もしも30歳の一般的な専業主婦で、3歳のお子さんがいる女性だとしたらどうでしょう。富裕層でもない限り、先ほどの「高級感のある場所の高額なワークショップ」に参加するとは思えませんよね?

この方にワークショップに参加してもらうにはどうすればいいのでしょうか。



専業主婦なので、お子様はご家庭で保育されているとして、3歳のお子様と一緒に参加できるワークショップ、または託児があるワークショップでないと参加は難しいですよね。

日程はご主人が会社に行っている平日、お子様の食事やお昼寝の時間を考えると午前が参加しやすそうです。

費用についてはいかがでしょうか。10,000円の託児のないワークショップと、800円で託児別途300円のワークショプなら、どちらが威力的に映ると思いますか? 後者の方が断然いいですよね。

開催場所はアクセスがいい主要駅から徒歩10分以内の距離であれば、お子様をベビーカーに乗せて移動しやすそうですし、ワークショップが終わった後にランチお買い物を楽しんでいただくことも可能です。

ワークショップの内容はもうすぐが近いこともあり、AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターhiromiによるアロマ虫除けスプレーとします。精油の香りを自分で選べること、通常より希釈濃度を上げてお子様にも使えるように工夫していることが、このワークショップの魅力です。



まとめると、以下のようになります。




30歳、一般的な専業主婦、3歳の子どもがいる女性の場合

チェックボックスアイコン 開催日:平日の午前

チェックボックスアイコン 受講料:800円(託児別途300円)

チェックボックスアイコン 開催場所:主要駅から徒歩10分

チェックボックスアイコン 内容:夏目前!天然アロマの虫除けスプレー

チェックボックスアイコン ポイント:夏が近い、自分で香りを選んでブレンドできる、子どもにも使える





このように、対象人物を想定すると無理のないワークショップを設定することができます。

対象人物を想定することは、大企業のマーケティングでも行われていることでして、こういった対象人物のことを「ペルソナ」と言います。

集客効果がUPする「ペルソナ」の作り方、元宣伝広報が教えます!

ペルソナとは、ターゲットの人物像を細かく設定したもので、企業などではペルソナを元にマーケティングを行います。ペルソナを作ることで効果的な宣伝ができたり、より良いメニューを提供することが可能になります!



皆様も、ぜひペルソナを設定してからワークショップの企画を考えてみて下さいね!





ワークショップの受講料を設定しよう!



受講料を低く設定すると、お客様は喜んでくれるので、定員は埋まるかもしれません。けど、赤字になってしまっては、今後もワークショップを継続して開催するのは難しくなってしまいます。

ワークショップを開催するにあたってどんな出費があるのかを把握しておくことは、とても大切です!




ワークショップを開催するにあたって考えられる出費

チェックボックスアイコン 材料費

チェックボックスアイコン ラッピング費

チェックボックスアイコン 用具などの雑費

チェックボックスアイコン サンプルの作成費

チェックボックスアイコン チラシなどのデザイン作成費、撮影代、印刷代

チェックボックスアイコン 宣伝費

チェックボックスアイコン 交通費

チェックボックスアイコン スペースのレンタル料金





お客様からの立場だけで見ると、「原材料費ってすごく安いんでしょ?」「受講料って材料費とレッスン代だけでしょ?」と思われがちなのですが、実はワークショップを開催するには色々な出費が必要になってくるんですね。

実績もないのに、これらをすべてカバーできるだけの利益が得られるワークショップを開催するのは、まず無理です。

なので、最初は「利益」よりも「どうしたら赤字にならないか」を考えましょう。



アロマテラピー教室・サロンであれば、精油(エッセンシャルオイル)1滴の値段を必ず計算するようにしましょう!

精油1滴は何ml?何円になるの?

こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。皆さんは、精油(エッセンシャルオイル)が1滴あたり何mlなのか知っていますか?1滴の量がわかれば、精油1瓶が何滴分になるのか目安になります。また、精油1滴の値段を計算することも可能です。精油1滴を正確に量りたい方にオススメの道具もご紹介します!...





また、受講料を設定する上で「周りとの兼ね合い」も大事です。レンタルスペースを利用する場合なら同じ場所で開催される他のワークショップ、自宅教室で開催するなら近隣エリアで開催されるワークショップの受講料を必ずチェックし、大幅に高く設定しすぎないようにしましょう。

周りが平均3,000円ぐらいなのに、自分だけ5,000円で開催して、それがどんなに妥当なお値段でも、お客様からすれば高く感じられてしまい、お申し込みにはつながらないでしょう。

周りより高すぎる場合、どこかに無駄な出費が潜んでいないかチェックしてみましょう。例えばデザイナーさんに依頼して印刷会社で印刷してもらっていたチラシを、自分で作って家庭用プリンターで印刷するとか、ネットショップで購入していた材料を卸売のお店で購入するとか。

色々工夫の余地はあるので考えてみて下さいね!





ワークショップを宣伝しよう!



ペルソナを設定して日時や場所が決まり、受講料も設定できたら、次はいよいよ宣伝です!




ワークショップの宣伝に必要なもの

チェックボックスアイコン サンプル

チェックボックスアイコン 写真

チェックボックスアイコン チラシやポスター

チェックボックスアイコン ブログやSNS

チェックボックスアイコン 宣伝できる場所





サンプルはチラシやSNSで宣伝するときに使いますので、ワークショップの開催が決まったらすぐに用意しましょう。また、このサンプルはワークショップ当日にもあると、お客様に完成形をお見せすることができるので、忘れずに!

あとはサンプルを撮影して、チラシやポスターを作るわけですが、実績がないうちはデザイナーさんなどを頼らずに自分で作ってしまった方が安くすみます。

この辺りのことは以下の記事に詳しくまとめています。

元宣伝広報直伝!誰でもできるスマホのおしゃれな写真の撮り方

私はいつも元宣伝広報として、ワークショップのチラシやインスタグラムなどに使用する写真は丁寧に撮るように心がけています。と言っても、使用しているのは普通のスマホ。一眼レフは重くてかさばるので使っていません。



元宣伝広報が教える!チラシの作り方とデザインのコツ

初心者の方でも簡単にできるチラシの作り方とデザインのコツをお伝えします!Illustratorなどのプロフェショナルなソフトがなくても大丈夫!



元宣伝広報が教える!魅力的な商品画像の順番【ワークあり】

皆さんは販売している商品やサービスの画像は、どのようなものを使用していますか? 実は商品画像には見た人が魅力的に感じる「順番」があるんです!



無料なのにかわいい!募集チラシ&教室チラシのテンプレート4選

自宅教室や自宅サロンのチラシを自分で作るとなると、デザイン面が不安ではありませんか? デザイナーに頼むとコストが嵩むので、自分でかわいいチラシを作りたいですよね。そこで無料で使えて、しかもかわいいチラシのテンプレートをまとめました!





また、ブランディングのためにはロゴもあった方が良いかと思いますので、これも一緒に作ってしまいましょう。

チラシやポスターの片隅に載せたり、SNSでの告知画像に載せたり、ワークショップで作成する作品にロゴのシールを貼ったりと色々なところで活躍します!

元宣伝広報が教える初心者でも簡単なロゴ作成のコツ!

皆さんがご自身で主宰するアロマテラピースクールやサロンにはロゴがありますか? ロゴは視覚的にクライアントの記憶に印象を刷り込むことができる重要なブランディングツールです。まだロゴを持っていない方は、すぐに作成しましょう!



ロゴ作成が無料でできるおすすめサイト10選!

アロマテラピースクールやサロンを運営する皆様のために、おしゃれなロゴが簡単&無料で作れるサイトをまとめました!ロゴはココナラなどのサイトを利用すれば2,000円程度で作成してもらうことも可能です。けれど運営を始めたばかりで資金も乏しいときは、できれば無料で作ってしまいたいもの。





準備ができたら、チラシやポスターを開催場所に置かせてもらいましょう。

できればその近隣エリアにも置かせていただきたいですね。このときもペルソナが役に立ちます! ペルソナの生活範囲、行動圏を予測して、そこにチラシやポスターを置かせてもらうのです。例え親切な居酒屋さんが「うちに置いてもいいですよ!」と言ってくれても、3歳の子どもがいる専業主婦が居酒屋さんに行く可能性は低いですよね…。

元宣伝広報直伝!サイトやSNSで講座・ワークショップを告知するコツ

私は以前、関西のある遊園地で宣伝広報をしていました。そのときの経験を活かし、アロマテラピースクールやサロンを運営される皆様に様々なコツをお伝えしています。今回はサイトやSNSで講座・ワークショップを告知するコツです。何を書けばいいのか、どんな画像を載せればいいのかなどについてまとめました!



生徒募集&自宅教室の宣伝が無料でできるサイト12選

なるべくお金をかけずに集客したい方のために、生徒募集&自宅教室の宣伝が無料でできるサイトをまとめました!





あと大切なのは、「自分(講師)がどんな人なのか」情報をオープンにすることですね。

集客につながる!ワークショップ講師のプロフィールの書き方とテンプレート

「もっと集客したい!」というワークショップ講師の皆様に向けて、関西の某遊園地で宣伝広報をしていた私から、効果的な講師プロフィールの書き方をお伝えします!心理学的に有効な手法、必要な情報がわかります。







ワークショップを開催しよう!当日に必要なもの



ワークショップの当日に必要なものって、なんだと思いますか?「材料」「用具」…。実はそれだけじゃないんです!




ワークショップ当日に必要なもの

チェックボックスアイコン 材料、用具

チェックボックスアイコン 今日のサンプルと、その他のサンプル

チェックボックスアイコン 出席者名簿

チェックボックスアイコン 受講料のお釣り

チェックボックスアイコン レジュメ

チェックボックスアイコン アンケートとボールペン

チェックボックスアイコン 今後開催予定のワークショプのチラシ

チェックボックスアイコン セッティング





完成形がわかるように当日作っていただくサンプルがあるのはもちろん、「他にもこんなものが作れますよ!」というサンプルがあるとお客様に「これなんですか?」と興味を持ってもらえるようになります。

「出席者名簿」は大人数の場合は印刷しておき、お客様に受付でチェックしてもらいましょう。ワークショップのお申し込みやオンラインチケットが販売できる「こくちーずPRO」なら、出席者名簿も簡単に作成できるのでオススメです。出席者が少人数の場合は、名簿アプリで管理してもいいですね。出席者名簿は今後の資料としても大事。

受講料のお釣りは、受講料にあわせて用意しましょう。例えば800円の受講料なら、1,000円札を渡されることが想定できるので、100円玉を多めに用意します。

レジュメは、当日の進行や、手順、注意事項などが書かれた紙です。講師にとっては台本がわりになりますし、受講者も今日何をするのかがわかった方がワークショップに集中しやすいです。また、受講者にとっては帰宅後の貴重な資料ともなります。

アンケートと、リピーターにつなげるために今後のワークショップのご案内も用意しておきましょう。ボールペンもお忘れなく!



これだけ用意すれば大丈夫なのですが、もう1点! 女性を対象としているワークショップなら、セッティングにも気を遣いましょう。

例えばアロマ虫除けスプレーのワークショップなら、ただ精油の便を並べるのではなく、お皿の上に置くと見栄えがよくなります。

イベントの販売なんかでも、会議室の机がドーンと置いてあるよりも、テーブルクロスを敷いてかわいいカゴに商品が入っている方が世界観があっていいですよね。セッティングはブランディング!





ワークショップを開催しよう!



ワークショップを開催したくても、不安になってあれこれ調べたり、「やっぱり私には無理かも…」と諦めてしまったりする人もいますが、まずは1回ワークショップを開催してみませんか?

経験したからこそわかること、次につなげられることってあると思うんです。それはいくら頭の中でぐるぐる考えてばかりいても得られない「財産」なんですよね。

なによりも、お客様にワークショップを楽しんでいただけると、開催してよかったなーって、私この仕事好きだなーって思えるので、それを皆様にも経験していただきたいです。


RECOMMEND




LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment