menu
Relakuheal

アロマワークショップや講座で使用するテキスト(レジュメ)の作り方

アロマワークショップや講座で使用するテキスト(レジュメ)の作り方


こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。

アロマワークショップ講座を開催するときに、テキスト(レジュメ)があると便利ですよね。でも、いざ作ろうと思うと、何を載せればいいのか、どうやって作ればいいのか、悩むことはありませんか?




こんな方にぴったり!

チェックボックスアイコン アロマワークショップや講座にテキスト(レジュメ)って必要なの?

チェックボックスアイコン アロマワークショップや講座のテキスト(レジュメ)って何を載せればいいの?

チェックボックスアイコン アロマワークショップや講座のテキスト(レジュメ)が書類のようになってしまう…

チェックボックスアイコン パソコンが苦手!





関西の遊園地の元宣伝広報が、アロマワークショップや講座で使用するテキスト(レジュメ)の作り方をお伝えします!




こんなことがわかります!

チェックボックスアイコン 写真から得られるイメージって大切!

チェックボックスアイコン これを載せればいいんだ!

チェックボックスアイコン 情報には載せるべき順番があるんだ!

チェックボックスアイコン 色の組み合わせも大切!

チェックボックスアイコン 受講時間によって、テキスト(レジュメ)の必要な枚数が違う!

チェックボックスアイコン テキスト(レジュメ)は生徒様のためであり、自分のためでもある

チェックボックスアイコン IllustratorやPhotoshopがなくてもおしゃれに作れる!





テキスト(レジュメ)を作ってはいるけど、どうもしっくりこないという方。これから作るんだけど、どうしたらいいのかわからない! という方。ぜひご覧になってくださいね。




どうしてテキスト(レジュメ)が必要なの?



アロマのワークショップや講座に参加したら、何も資料がなかった。「これから何をするのか」何もわからない状態なので、お客様はただただ講師の発言を待つしかありません。

そして「」だけで情報収集するしかないので、うなずいたり、「へー」とか「ウンウン」という反応は示したりするものの、本当は何も頭に入っていない…ということも起こり得ます。



テキスト(レジュメ)があれば、お客様は講師が話をする前にさっと目を通すことができるので、「これからどんなことをするのか」がわかります。

講師が話しているときも、テキスト(レジュメ)を見ながら話を聞き、必要なところでメモが取れるので、情報がすんなりと頭に入ってくるんですよね。理解度が深まるので、「勉強した!」という充実感につながります。

それに講師の目をずっと見るのも、疲れるもの。「視線の逃げ場」としてもテキスト(レジュメ)は役立ちます。



一方、講師はテキスト(レジュメ)を作っておくことで、当日のタイムスケジュールを確認できます。どんな情報を、どの順番で、どれだけの時間かけて話せば受講時間に収まるのか、見当がつくのです。

そして、当日はテキスト(レジュメ)を見ながら話すだけでOK! 台本代わりになってくれます。



テキスト(レジュメ)って、お客様にも、講師にとっても必要なものなんですね! 今まで紙の資料を用意せずアロマワークショップや講座を開催していた方は、ぜひ作ってみてください。





こんなテキスト(レジュメ)は要注意!



レジュメとは「概要」のこと。内容を簡潔にまとめてあるので、大まかな流れを把握することができます。

しかし、難しい講演会ビジネスの会議プレゼンなどならまだしも、アロマワークショップなどでビジネス感満載のレジュメを渡されても、堅苦しくないでしょうか?



アロマワークショップや講座で使用するテキスト(レジュメ)の作り方




こんなレジュメを作ってアロマワークショップでお客様に配布している方はご注意を!

お客様は「アロマを楽しむために」お申し込みされたと思うので、それならばお気持ちに答えるようなワクワクするテキストを作ってお渡ししたほうがいいと思うんです。

では、ワクワク感ってどうやって作ればいいのでしょうか?



アロマワークショップや講座で使用するテキスト(レジュメ)の作り方





ワクワクするテキストの要素

チェックボックスアイコン 黒以外の色も使う

チェックボックスアイコン フレームなどで装飾する

チェックボックスアイコン イラストを使用する

チェックボックスアイコン フォントをゴシック体にする

チェックボックスアイコン 文章の表現を柔らかくする





これだけでも雰囲気が変わりましたよね! でも、もっともっと良くなります!

アロマワークショップなので、植物のイラストを使用してみましょう。

そして受講者の方が30〜40代のママが多いので、その世代の方に喜んでもらえるようなおしゃれなデザインにしたいですね。それに、今は文章だけなので、写真も入れてみましょう。

あと、オリジナル感を出すために、自分のアロマテラピー教室のロゴも入れたいですね。



アロマワークショップや講座で使用するテキスト(レジュメ)の作り方




すると、こんな風に変わりました!

ビジネス文書のようなレジュメより、3枚目のような工夫されたテキストの方が断然いいですよね!

でもここまで作るのに、特別なことはしていません。誰でもできる簡単なコツなので、ぜひ試してみてくださいね。




おしゃれに仕上げるコツ

チェックボックスアイコン 英語の筆記体フォントは使うだけでおしゃれ!

チェックボックスアイコン 植物のイラストは手書き風のスケッチなら図鑑のようで知的!

チェックボックスアイコン おしゃれ感を売りにしているアロマテラピー教室なら、テキストの色味も「かわいい」より「おしゃれ」を選ぶ!

チェックボックスアイコン 雑誌のようにおしゃれな写を入れる

チェックボックスアイコン 基本の文字色は濃いグレーにして、黒より柔らかい雰囲気に





目上の方が多いアロマワークショップでは、私は日本語を多用し、英語はデザイン的に使うだけにしています。また、文字が読みやすいように通常よりもサイズを大きくし、基本の文字の色も黒色にしています。

プロのセラピストを対象としたお勉強が目的の講演会などでしたら、1枚目のようなレジュメが喜ばれるかもしれません。

TPOにあわせてデザインを変えることも大事ですよね。





Relakuhealが実際に使っているテキスト



オリジナルテキストのご案内


私が主宰するアロマテラピー教室のワークショップで使用しているテキストがこちらです。

「ロゴを入れる」「英語の筆記体フォントを使う」「写真を使用する」「基本の文字色を濃いグレーにする」「イラストを入れる」「フレームで装飾する」など、先ほどご紹介したコツを使って作っています。





テキストに載せる情報を整理しよう!



それでは実際にテキストを作るにあたって、どんな情報をどんな順番で載せればいいのか、整理してみましょう。



チェックボックスアイコン アロマテラピー教室のロゴ

テキストで教室名を入力するのではなく、視覚的にインパクトに残るロゴを使用しましょう。ロゴは一番上に載せます。アイフロー(目の動き)を考えて、左上か真ん中がいいかと思います。


チェックボックスアイコン 写真

ワークショップの内容がわかるものが好ましいです。雑誌のようなおしゃれ感をイメージして撮影しましょう。一眼レフがなくても大丈夫です!

元宣伝広報直伝!誰でもできるスマホのおしゃれな写真の撮り方

ワークショップのチラシやインスタグラムなどに使用する写真は丁寧に撮るように心がけています。と言っても、使用しているのは普通のスマホ。一眼レフは重くてかさばるので使っていません。



メインの写真を大きく1枚。もし複数のせるのであれば、メインより小さくして。


チェックボックスアイコン ワークショップのタイトル

英語で表記するとおしゃれですが、読めないことも考えて、日本語訳を載せておくと親切です。


チェックボックスアイコン 材料

材料欄には、「約50ml分」「約3回分」など、どれぐらいの量ができあがるのか書いておきましょう。


チェックボックスアイコン 用具

材料の次は用具です。この2つはセットだと思って。


チェックボックスアイコン 作り方

作り方を丁寧に書く方もいますが、わかりやすいのは「3ステップ」です。アロマワークショップで需要の多いアロマルームスプレーで例を書いてみましょう。


①無水エタノールを計量し、精油を加えて良く混ぜる
②容器に移したら、水を計量して容器に注ぐ
③蓋をして、よく振ったら完成!



チェックボックスアイコン 注意事項

ご存知のとおり、精油には使用や保管にあたって注意事項があります。口頭で説明するだけでなく、きちんとテキストに記載しておきましょう。


チェックボックスアイコン メモ欄

私は2時間のワークショップを開催する場合は、選んだ精油の名前と、滴数を書く欄を設けています。空欄がある→埋めないといけない、という心理が働き、精油を選ぶときに集中して嗅いでいただけます。



Relakuhealでは45分程度のミニワークショップと、2時間程度のロングワークショップがあります。

45分のミニワークショップの場合は、テキストはシンプルに1枚に収めています。

2時間のロングワークショップの場合は、冒頭に「アロマの基礎がわかるミニ講座」というのを行い、その日作っていただくアロマクラフトに絡めたアロマテラピーのお話をしています。また、メモ欄も用意し、ミニワークショップよりも充実した内容になっています。





おしゃれなテキストを無料で作ろう!



WordやExcel、PowerPointなどでテキストを作成している方も多いのではないでしょうか。私も昔はそうでした。Illustratorを使うようになったのは、宣伝広報として働くようになってからなんですよ。

WordやExcel、PowerPointはとても便利ですし、使い慣れている方も多いでしょう。けれど、テキストをデザインするならIllustratorの方が使い勝手はいいんですよね。

そうは言ってもIllustratorは高額なソフトなので、「できれば無料でおしゃれに作りたい!」と思いませんか?

実は、WEB上には無料で使えるおしゃれなテンプレートを配布しているサイトがあるんです!

無料なのにかわいい!募集チラシ&教室チラシのテンプレート4選

自宅教室や自宅サロンのチラシを自分で作るとなると、デザイン面が不安ではありませんか? デザイナーに頼むとコストが嵩むので、自分でかわいいチラシを作りたいですよね。そこで無料で使えて、しかもかわいいチラシのテンプレートをまとめました!



こちらで紹介しているCanvaは本当におすすめなので、ぜひ試してみてください。今回こちらの記事で作成した見本画像も、すべてCanvaで作成しています!





まとめ



テキストが必要な理由から、ワクワクするテキストの要素、おしゃれに仕上げるコツ、オススメの無料テンプレートサイトまで紹介させていただきました。

「もっとデザインのコツが知りたい!」という方は、こちらの記事をどうぞ。チラシ、と書いていますがテキスト作成にも当てはまります。

元宣伝広報が教える!チラシの作り方とデザインのコツ

初心者の方でも簡単にできるチラシの作り方とデザインのコツをお伝えします!Illustratorなどのプロフェショナルなソフトがなくても、まずは「どうすればチラシが見やすくなるのか」「チラシには何を載せればいいのか」を知りましょう。



また、ワークショップの準備から当日のスケジュール、キャンセルポリシーまで詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。Twitterでも同業のアロマセラピストさんたちにいいねしてもらったオススメ記事です!

アロマクラフトのワークショップのやり方

アロマテラピーインストラクター(講師)の資格を取得したものの、いざアロマクラフトのワークショップを開催しようと思うと何から始めればいいのかわからない! という方のために、アロマクラフトのワークショップのやり方をご説明します。



皆様のテキスト作成、ワークショップ開催のお役に立てれば幸いです。

RECOMMEND


LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座

2019年7月19日(金)10:00〜18:00(受付)
京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンター
天然のアロマ虫除けスプレーを作る

2019年8月1日(木)10:30~15:30
ルネ小平・キッズワークショップ&ハンドメイドフェスタ

2019年8月7日(水)10:30~12:00、13:30~15:00
世田谷区・モノアトリエ
オーガニックハーブ入り!贅沢アロマバスソルト(入浴剤)

2019年8月9日(金)10:30〜11:15
ママズスマイル立川店
ワンコインワークショップ「アロマ虫除けスプレー」託児付き

2019年8月31日(土)10:30~12:00、13:30~15:00
世田谷区・モノアトリエ
おしゃれは指先から♡アロマネイルオイルで女子力アップ!


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment