menu
Relakuheal

虫刺されにオススメ!かゆみ止めが期待できるアロマ軟膏の作り方

虫刺されにオススメ!かゆみ止めが期待できるアロマ軟膏の作り方


こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。

虫刺されにオススメなアロマ軟膏の作り方をご紹介します!




こんな方にぴったり!

チェックボックスアイコン 虫刺されによるかゆみをなんとかしたい!

チェックボックスアイコン 虫刺されの跡を残したくない!

チェックボックスアイコン 虫刺されをアロマでケアしたい!

チェックボックスアイコン アロマ虫除けスプレーとセットで作ってみたい!





とても簡単で、材料させあればすぐに作れます。使用する精油(エッセンシャルオイル)についても詳しくご紹介しています。




こんなことがわかります!

チェックボックスアイコン アロマ軟膏の作り方って簡単!

チェックボックスアイコン アロマ軟膏の材料ってこのお店で買えるんだ!

チェックボックスアイコン 虫刺されにオススメの精油がわかる!

チェックボックスアイコン ミツロウってすごい!!!





アロマ軟膏を作ってみたい方は、ぜひご覧になってくださいね!




アロマ軟膏とクリームの違いって?



皆さんはアロマ軟膏とクリームの違いをご存知ですか? どちらも皮膚に塗って使うものですが、実はその違いは「」が含まれているかどうかなんです。



チェックボックスアイコン アロマ軟膏

ミツロウと植物油と精油(エッセンシャルオイル)だけで作り、水が含まれていない。ミツロウと精油(エッセンシャルオイル)の相乗効果が期待でき、水を使用していないため1ヶ月ほど保つ。



チェックボックスアイコン クリーム

水が含まれていて、油ときれいに混ざっている。軟膏に比べて塗りやすく、べたつかない。皮膚に吸収されやすいが汗で流れやすいという欠点がある。





とっても優秀なアロマ軟膏



アロマ軟膏は使用する精油(エッセンシャルオイル)の種類によって、期待できる作用が変ります。

また、植物油とミツロウの比率を変えることでテクスチャーが変り、リップクリームのように固めに作ることも、ハンドクリームのように柔らかめに作ることもできます。

今回はアロマ軟膏のかゆみ止めですが、虫除けスプレーで使用する精油をアロマ軟膏に使えば、軟膏タイプのアロマ虫除けが作れます。

用途もテクスチャーも自由自在なアロマ軟膏は、知っておいて損はありません!





アロマ軟膏で使うミツロウとは



ミツロウは、漢字で書くと「蜜蝋」で、英語では「ビーワックス」と言います。

ミツバチが巣を作るときに泌腺する蝋のことで、動物性ワックスです。鮮やかな黄色または黄土色をした未精製タイプと、白い精製タイプがあります。

ブロックで売られていることもありますが、ペレット(粒)の方が作業しやすくおすすめです。



ミツバチが作るものとしてはハチミツも有名ですが、ハチミツはミツバチが花の蜜を採集して、巣の中で加工・貯蔵したものを言います。

知ってる?アロマクラフトで使う蜜蝋と蜂蜜の違い

アロマクラフトでは蜜蝋も蜂蜜も使います。どちらも蜂が関わっているのですが、個体と液体である以外にも違いがあります。今回はアロマクラフトで正しく蜜蝋と蜂蜜を使い分けていただくために、2つの違いについてお話させていただきます。







虫刺され、かゆみ止めにオススメの精油



精油は英語でエッセンシャルオイルと言います。植物の花や葉、根、果皮、果実、樹脂、心材などから抽出した天然の芳香成分です。

似たような名称にアロマオイルというものがありますが、あちらは人工の合成香料で、アロマテラピーでは使用しません。

知っておきたい精油のこと!アロマオイルとエッセンシャルオイルの違い

アロマテラピーで使用する「精油」を英語ではEssential oils(エッセンシャルオイル)と言います。ところがこれをアロマオイルだと勘違いしている方が非常に多い!「100均で買った精油を使ったら肌が荒れたんです〜」という方の話をよく聞いたら精油ではなくアロマオイルだった、なんてこともありました。





精油(エッセンシャルオイル)は生活の木、ニールズヤードなどのアロマテラピー専門店で購入しましょう。100均では購入できません。

アロマセラピストおすすめ!信頼できる精油メーカー6選

アロマテラピーを始めたばかりの頃、どこのメーカーの精油(エッセンシャルオイル)を購入すればいいのかとても悩みました。せっかくなら品質のいいものが使いたい、でも値段が高すぎると手が出せない…。きっと同じように悩まれている方は多いかと思いますので、アロマテラピーでよく使用されている信頼できる精油メーカーをまとめました!





虫刺され・かゆみ止めのアロマ軟膏にオススメの精油(エッセンシャルオイル)は、以下のとおりです!




殺菌・消毒作用により、炎症を抑えます。葉から水蒸気蒸留法で抽出します。スーッとした爽快な香りで夏にぴったり。

皮膚刺激の成分を含むため、多用はおやめください。

皮膚刺激の成分を含む精油7種類

こ精油は天然成分でできているから安全」という謳い文句を見かけますが、これは間違い。原液では使用できないですし、日中の使用を避けるべき光毒性の成分を含む精油もあります。中には皮膚への刺激が強いものも。






傷の治りを早めます。樹脂から水蒸気蒸留法で抽出します。穏やかな香り。




殺菌・消毒作用により、炎症を抑えます。誰もが知っている定番のラベンダーですが、品種や産地により香り・作用が異なります。




かゆみや腫れを和らげる効果が期待できます。有名なカモマイルですが、実はジャーマンとローマンがあります。どちらも似たような作用を持ちますが、炎症を鎮める作用がより優れているのはジャーマンです。





アロマ軟膏の材料が買えるお店



精油(エッセンシャルオイル)は先ほどお伝えしたとおり、アロマテラピー専門店でお買い求めください。店舗の方が香りを確かめられますし、わからないことは店員さんに質問・相談できるのでアロマ初心者の方にはオススメです。

1種類だけを使用してもいいですが、2〜3種類ブレンドすることで、香りに奥行きが出ます。

近くにお店がない場合は、オンラインショップをご利用ください。



次にミツロウですが、こちらも生活の木で購入できます。精油と一緒に買えるので便利です。



未精製の方がナチュラルですが、精油の香りを生かしたいのであれば精製を使ってみるといいですね。



植物油も生活の木で購入できます。スーパーで売られている料理用は精製されて成分が異なりますので、必ずアロマテラピー専門店で購入してください。

種類がたくさんあって迷うと思います。色、テクスチャー、香り…すべて異なります。お値段もピンキリです。



夏場に使うのでさらっとしたテクスチャーのグレープシードオイルをオススメしています。アレルギーの心配もほとんどありません。マカデミアナッツオイルやホホバオイルなど、アレルギー反応を起こす方もいるのでご注意ください。使用の前にパッチテストをすると安心です。



続いて、アロマ軟膏を入れる容器ですが、使用期間が長いので遮光性のガラス容器がオススメです。こちらも生活の木で購入できます。



100均にあるプラスチックの容器は、一部の精油にプラスチックを溶かす成分が含まれているため、アロマテラピー専門のものをオススメします。



かき混ぜるのにガラス棒を使います。アロマクラフトを今後も作る予定なら、1本持っていると便利です。こちらも生活の木でお買い求めください。





あとは植物油を20ml計量するのにビーカーが必要です。生活の木にはアロマテラピーでも使えるプラスチックタイプと、ガラスタイプがあります。ガラスタイプであれば100均のビーカーでも構いません。





あとは湯煎できる鍋があれば準備OKです!





アロマ軟膏の作り方



(約25ml文)

箇条書き丸数字1 ビーカーで植物油20mlを計量し、ミツロウ4gを入れ、湯煎で溶かす。

箇条書き丸数字2 容器に移し入れ、粗熱を冷ます。

箇条書き丸数字3 軟膏の表面が固まりかけた頃に精油を5滴まで加えて、ガラス棒でよくかき混ぜたら完成!




25mlの仕上がりに対して精油5滴(1%濃度)を目安にしてください。お子様に使用するときは半分の濃度を目安にお作りください。また、AEAJのガイドラインでは3才未満のお子様への希釈した精油の塗布は推奨されていません。





アロマ軟膏の注意点





チェックボックスアイコン 高温多湿、直射日光が当たる場所を避けて保管してください。

チェックボックスアイコン 1ヶ月を目安に使い切ってください。

チェックボックスアイコン 火を扱いますので、火傷にご注意ください。

チェックボックスアイコン 精油は引火性ですので、火のそばで作業・保管しないでください。







まとめ



今年の夏は、虫に刺されたらアロマ軟膏を手作りしてケアしてみてくださいね。

虫除けにはこちらがオススメです!

いい匂い!アロマ虫除けスプレーの作り方

精油(エッセンシャルオイル)を使ったアロマ虫除けスプレーの作り方をご紹介します!最近流行りのアロマ虫除けスプレーを作ってみたい方、市販の虫除けスプレーの匂いが好きじゃない方、市販の虫除けスプレーは咳き込んでしまうから苦手…という方! ぜひチェックしてみてくださいね。




RECOMMEND




LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment