menu
Relakuheal

精油がふわりと香る「練り香水」の作り方&使い方

精油がふわりと香る「練り香水」の作り方&使い方



こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。

「市販の香水は香りが強くて苦手」、「アルコールは肌が荒れる」という方に精油がふわりと香る「練り香水」の作り方使い方をご紹介します!




こんな方におすすめ!

チェックボックスアイコン 市販の香水は香りがきつくて頭痛がする

チェックボックスアイコン 香水はアルコールで肌が荒れるからつけられない

チェックボックスアイコン 市販の香水だと会社でつけられない

チェックボックスアイコン 練り香水って自分で作れるの!?

チェックボックスアイコン ハンドメイドが好き!

チェックボックスアイコン ナチュラルな香水に興味がある♡

チェックボックスアイコン アロマが好き!





雑貨屋さんなどでもよく見かける練り香水。手作りなら好きな香りで作れます!




こんなことがわかります!

チェックボックスアイコン 材料って3つあれば作れるんだ!

チェックボックスアイコン 固さって調整できるんだ!

チェックボックスアイコン 精油の滴数がわかる!

チェックボックスアイコン 植物油の種類って色々あるんだ〜!

チェックボックスアイコン ミツロウって2種類あるんだ!

チェックボックスアイコン 材料が買えるお店がわかる!





練り香水が好きでよくつけるという方も、これからチャレンジしてみたいという方も、ぜひご覧になってくださいね!




練り香水とは



香水というと、ボトルに入った液体の香水を思い浮かべる方も多いかと思います。練り香水とは軟膏のような固形の香水のことです。





こちらのように円形の容器に入っているタイプや、リップクリームのようにスティック状になっているタイプがあります。

実はこれらの練り香水は、お家で簡単に作ることができるんです! 手作りであれば、固さも、香りも、自分好みに調整できます。

また、練り香水には他にもいいところがあるんです!



チェックボックスアイコン 付けすぎない

チェックボックスアイコン アルコール不使用で肌に優しい

チェックボックスアイコン 持ち歩きに便利



液体の香水だと知らず知らずのうちにつけすぎてしまって、周囲から顰蹙を買ったり、自分自身も頭痛がしたりということがあります。けれど、練り香水なら自分で量を調整できるので、つけすぎる心配がありません!

また、肌の弱い方だと通常の香水に含まれるアルコールにより、肌が荒れてしまうこともあります。練り香水は、ミツロウやホホバオイル、精油(エッセンシャルオイル)など天然由来の素材で作り、アルコールは使用しません。

アトマイザーに詰め替えた香水だと、こぼれる心配がありますが、練り香水は固形なので持ち運びに便利なのもポイントです! こまめに付け直して、ほのかに香らせましょう♡





練り香水の使い方



練り香水の表面を指で撫でるようにして取り、手首耳の後ろ腕の内側首筋など体温の高いところにつけます。

1回の分量に決まりはありませんが、ベタつくほど塗るのはやりすぎです。一度にたくさんをつけるより、時間が経って「少し足りないかな?」と感じたらこまめに塗り直すようにしましょう。





練り香水の材料が買えるお店



練り香水の材料はとってもシンプル! たったの3つしかありません!

まず1つ目は、ミツバチが巣を作るときに分泌するミツロウ。ブロック状で売られているものもありますが、ペレット(粒)タイプが使いやすいかと思います。







こちらは未精製なので、ナチュラルな黄色い色をしています。これとは別に、ミツロウには精製されたものもあります。







こちらは精製されていますので、白い色をしています。どちらも同じように使えますが、未精製は仕上がりが黄色く、精製は白くなりますので、お好みで仕上がりの見た目で選んでもいいかと思います。(なお、精製の方が精油の香りが活かされます。)

ミツロウはキャンドルの専門店などでも取り扱いがありますが、アロマテラピー専門店の生活の木で50gから購入できます!

知ってる?アロマクラフトで使う蜜蝋と蜂蜜の違い

アロマクラフトでは蜜蝋も蜂蜜も使います。どちらも蜂が関わっているのですが、個体と液体である以外にも違いがあります。今回はアロマクラフトで正しく蜜蝋と蜂蜜を使い分けていただくために、2つの違いについてお話させていただきます。







2つ目の材料は植物油です。料理で使用する植物油と同じ種類もありますが、料理用の植物油は加工されていますので、アロマテラピー用の植物油(キャリアオイル、ベースオイルとも言います)をご利用ください。







ホホバオイルは砂漠に生息するホホバの種子から得られ、正しくは植物ロウ(植物性ワックス)に分類されます。精製されたもの(クリア)と未精製のもの(ゴールデン)があります。低温で固まる性質がありますが、常温で元に戻ります。

ホホバオイルの他にも、アロマテラピーではスイートアーモンドオイルマカデミアナッツオイルなどが定番です。


注意マーク 注意

チェックボックスアイコン スイートアーモンドオイルはナッツアレルギーに注意してください。

チェックボックスアイコン ホホバオイル、スイートアーモンドオイルでも稀にアレルギーを起こす場合があります。

チェックボックスアイコン 事前にパッチテストをすることをおすすめします。





アロマテラピー用の植物油は生活の木で25ml〜販売されています。(今回ご紹介する基本の作り方では植物油を25ml使用するのでちょうどいいです!)





最後に精油(エッセンシャルオイル)をご用意ください。

よく似た名称のものに「アロマオイル」がございますが、あちらは人工的に作られた合成香料で、アロマテラピーでは使用しません。

知っておきたい精油のこと!アロマオイルとエッセンシャルオイルの違い

アロマオイルだと勘違いしている方が非常に多い!「100均で買った精油を使ったら肌が荒れたんです〜」という方の話をよく聞いたら精油ではなくアロマオイルだった、なんてこともありました。



植物の花や葉、根、果皮、果実、樹脂、心材などから抽出された天然の芳香成分である精油は、英語で「エッセンシャルオイル」と言います。

生活の木、ニールズヤードなどのアロマテラピー専門店で購入することができます。100均では購入できませんのでご注意ください。







基本的には好きな香りを選んでいただくことになりますので、店頭で実際に嗅いでいただくのが一番です。ただ、精油(エッセンシャルオイル)の中には皮膚刺激の成分を含むものや、太陽などの紫外線に反応して炎症を起こすも(光毒性)のなどもありますので、店員さんに相談してお選びください。

参考までに基本的な精油30種類の詳細と、皮膚刺激、光毒性の成分を含む精油をまとめた記事をリンクしておきます。

アロマテラピー検定に出る!精油30種類プロフィール攻略【2019年版】

アロマテラピー検定を対象にしたものですが、基本的な精油30種類のプロフィールについて書いています。



皮膚刺激の成分を含む精油7種類

ときどき、「精油は天然成分でできているから安全」という謳い文句を見かけますが、これは間違い。皮膚への刺激が強い精油7種類をご紹介します。皮膚に異常が現れたときの対処や、パッチテストの行い方も。



禁忌!日中に使ってはいけない光毒性の精油

光毒性とは、精油が皮膚についた状態で日光などの紫外線に当たると炎症などの危険な症状を起こすこと。「精油=100%天然のものだから安全」という表記を見かけることがありますが、使い方を誤ると大変なことになってしまいます。





今回の作り方では、精油(エッセンシャルオイル)は6滴までお使いいただけます。1種類の精油(エッセンシャルオイル)で作ってもいいのですが、2〜3種類ブレンドすることで香りに奥行きが出ます。

ブレンドについて、「変な香りになりませんか?」とご質問をいただくこともありますが、好きな香りを選んでいれば大丈夫です。どんなブレンドに仕上がるか、ぜひお楽しみください。

今回は練り香水ですので、香水らしくトップノート、ミドルノート、ベースノートを意識してブレンドしたい方は、こちらの記事をご覧ください!

アロマ初心者でも簡単にできる精油のブレンド&おすすめレシピ6選

アロマテラピーでは、決められた精油の滴数内であれば精油をブレンドをすることができます。むしろそれがアロマテラピーの醍醐味と言いますか、精油を単独で使うよりもブレンドした方が香りに奥行きが出ますし、相乗効果が期待できる、保留剤として香りを長持ちさせられる…などのメリットがあります♡







他に必要なものとしては、練り香水を入れる容器ですね。

生活の木では、遮光性のガラス容器が販売されています。







練り香水というと、私はメンタム缶のイメージが強いです。







手の平に乗るサイズで、厚みもないので、ポーチに入れて持ち運びしやすいかと思います。



あとは計量にも湯煎にも使える耐熱ガラスのビーカーや、攪拌に使えるガラス棒があると便利です。









今後アロマクラフトを作りたい方は持っておくと何かと重宝します!

精油はもちろん、ビーカー、ガラス棒、植物油、ミツロウも全部の材料が生活の木でそろえられるので、あちこち探し回らなくていいのでおすすめです。

search.pngお近くの生活の木の店舗をチェック!



お近くに生活の木がない場合は、ネットからも購入できます。


送料:関東500円
税込 5,400円以上のお買い上げで送料無料






練り香水の作り方



(約30g)

ミツロウ・・・5g
植物油・・・・25ml
精油・・・・・6滴




箇条書き丸数字1 ミツロウと植物油をビーカーに入れて、ビーカーごと湯煎にかける
箇条書き丸数字2 ミツロウが完全に溶けたらガラス棒でよくかき混ぜ、火を止めてビーカーをおろす
箇条書き丸数字3 容器に移し、粗熱が取れたら精油を加えてよくかき混ぜ、固まるまで待つ



こちらは練り香水の基本の作り方です。仕上がりの柔らかい・固いという感じ方は個人差があり、環境によっても左右されます。

チェックボックスアイコン もっと固くしたい場合
ミツロウの割合を増やしてください。(例:ミツロウ6g、植物油24ml)

チェックボックスアイコン もっと柔らかくしたい場合
植物油の割合を増やしてください。(例:ミツロウ4g、植物油26ml)




注意マーク 注意

余ったミツロウを排水溝に流さないでください。固まって詰まってしまいます!





memo.png 精油の希釈濃度について

AEAJのガイドラインでは、精油をボディに使用する場合の希釈濃度は1%以下を目安にしています。計算方法は次のとおりです。


基材の量 × 0.01 ÷ 0.05

※基材=植物油、ミツロウなど元になる材料のこと

植物油とミツロウの合計30gの場合
30 × 0.01 ÷ 0.05 = 6



お手持ちの容器の量にあわせて計算してみてくださいね!





練り香水の注意点




チェックボックスアイコン 肌に異常を感じた場合は使用を中止し、医療機関を受診してください。

チェックボックスアイコン 直射日光、高温多湿の場所を避けて保管してください。

チェックボックスアイコン ボディ用の希釈濃度ですので、顔には使用しないでください。

チェックボックスアイコン 湯煎の際、ビーカーにお湯や水滴が入らないように注意してください。

チェックボックスアイコン 付着したミツロウは固まる前にティッシュで拭き取ってください。

チェックボックスアイコン 火傷にご注意ください。

チェックボックスアイコン  防腐剤を使用していないので、1ヶ月を目安に使い切るようにしてください。







まとめ



手作りの練り香水なら、固さも香りも自分好みに調整できるので、ぜひ作ってみくださいね!

RECOMMEND


LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座

2019年7月19日(金)10:00〜18:00(受付)
京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンター
天然のアロマ虫除けスプレーを作る

2019年8月1日(木)10:30~15:30
ルネ小平・キッズワークショップ&ハンドメイドフェスタ

2019年8月7日(水)10:30~12:00、13:30~15:00
世田谷区・モノアトリエ
オーガニックハーブ入り!贅沢アロマバスソルト(入浴剤)

2019年8月9日(金)10:30〜11:15
ママズスマイル立川店
ワンコインワークショップ「アロマ虫除けスプレー」託児付き

2019年8月31日(土)10:30~12:00、13:30~15:00
世田谷区・モノアトリエ
おしゃれは指先から♡アロマネイルオイルで女子力アップ!


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment