menu
AEAJ認定アロマテラピー教室
AEAJ認定アロマテラピー教室Relakuheal - アロマと引き寄せでワクワクの毎日

チラシやHPに載せる地図を作成するときのコツ

チラシやHPに載せる地図を作成するときのコツ


こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。

元宣伝広報の経験を活かして、チラシやHPに載せる地図を作成するときのコツをご紹介します!




こんな方にぴったり!

チェックボックスアイコン チラシに載せる地図ってどうやって作るの?

チェックボックスアイコン HPにもチラシと同じ地図の画像を使い回している

チェックボックスアイコン もちろんショップカードにも同じ地図の画像を使用している

チェックボックスアイコン 看板にも同じ地図を…え、ダメなの?

チェックボックスアイコン 地図ってどうやったらわかりやすく作れるのかわからない!





チラシ、HP、ショップカード、看板などですべて同じ地図を使用している方は特に注意!




こんなことがわかります!

チェックボックスアイコン カラーとモノトーンでは見せ方が違う!

チェックボックスアイコン HPに載せるなら画像よりGoogleマップがいい理由

チェックボックスアイコン 丸と線と星と長方形があれば地図は作れる!

チェックボックスアイコン 看板の地図は大きく、シンプルに!

チェックボックスアイコン 地図に何を載せればいいかがわかる!





これから地図を作る予定の方、もう地図はあるけどお客様にわかりづらいと言われてしまった方や、もう何年も同じ地図を使っていて見直しが必要な方。ぜひチェックしてみてくださいね!




チラシに載せる地図はカラー? それともモノトーン?



これはチラシに載せるなら鮮やかなカラーがいいとか、シンプルにモノトーンがいいとか、そういう話ではありません。

チラシをカラーで印刷するから地図もカラーで作る予定なのか、それともチラシが単色の印刷だから地図もモノトーンにしたいのか、というだけなんです。



例としてIKEA立川店までの地図を作成してみました。こちらがカラーの地図です。



チラシやHPに載せる地図を作成するときのコツ




カラーで地図を作成するときのポイントは、やっぱり色の使い方ですね。



チェックボックスアイコン 目印はわかりやすく赤色

チェックボックスアイコン 公園、山、田んぼなどは緑

チェックボックスアイコン 川、海、湖、池などは水色

チェックボックスアイコン 線路は黒または濃いグレー

チェックボックスアイコン 建物はグレー

チェックボックスアイコン 道路や地面は黄色系または茶系

チェックボックスアイコン 全体の色味を統一する



色と、その色が持つイメージを統一させることで視認性がアップします。例えば公園や山など緑が多いところは緑色、川や池などの水場は水色という風にします。すると、地図に名前が載っていなくても色を見ただけでなんとなく「あ、ここは緑色だから公園か何かがあるんだな」というのが推測できます。

このとき、駅やバス停といったスタート地点や、ゴールとなる店舗はわかりやすくて一番目立つ赤色にしておきましょう。たくさんの色が使われていても、赤は注意を促す色なので目立ちます。

カラーで地図を作成するときは、全体的なまとまりも重要です。落ち着いたペール調の色味の中に原色があったら浮いてしまいますよね。



次に、モノトーンで作成した地図がこちらです。



チラシやHPに載せる地図を作成するときのコツ




モノトーンで地図を作成するときは、全部を黒にせず、濃淡を持たせることで見やすくしましょう!



チェックボックスアイコン スタート地点とゴールは黒で目立たせる!

チェックボックスアイコン 建物や公園などの目印は濃いグレー

チェックボックスアイコン 道路は薄いグレー



それでは、こちらの地図にアレンジを加えてみましょう。



チラシやHPに載せる地図を作成するときのコツ




迷子にならないように、吹き出しで道順のポイントを添えました。あまりたくさんありすぎても地図がごちゃごちゃしてしまうので、3つぐらいに絞ると良いかと思います。



チラシやHPに載せる地図を作成するときのコツ




こちらの地図では、道順の矢印を加えました。文字で書き表さなくても、「IKEA近くにある突き当たりの横断歩道って、進行方向の目の前にあるんじゃなくて、ちょっと右にズレてるのね」といったことがわかります。

こちらもあまりごちゃごちゃと書き込まないほうがいいですね。





地図はここまでシンプルに描ける!



先ほどの地図は、目印となる建物や公園の形、大きさがわかるように図形で記載していましたが、もっとシンプルに地図を作成することも可能です!



チラシやHPに載せる地図を作成するときのコツ




多分、一番馴染みのある地図はこのタイプではないでしょうか。



チェックボックスアイコン JRは白と黒の長方形を繰り返した線

チェックボックスアイコン 目印は黒い丸

チェックボックスアイコン ゴールは星に吹き出しをつけた赤色で目立たせる



丸と線と長方形と星が書ければ誰でも簡単に作れる地図です。目印の形が台形とかいびつな形でも、「どうやって作ろう!?」と悩まなくても大丈夫。黒い丸の横に名前を書けばいいだけ。

ゴールはわかりやすく星にして、吹き出しに名前を入れて、赤色に設定すればかなり目立ちます!

シンプルなので、縮小しても位置関係がわかりやすく、ポケットティッシュの広告やショップカードなど、手の平サイズの小さな地図を作成したいときによく使われる書き方です。もちろん、チラシに利用してもOK!





わかりやすい地図を作成するコツ



箇条書き丸数字1 スタート地点は駅やバス停などわかりやすい場所を選ぶ
今回の例で言えば「JR立川駅」「多摩モノレール立川北駅」がそうですね。

箇条書き丸数字2 ゴールまでの一番わかりやすいルートを選ぶ
今回の例では、デッキを通って直進するだけのルートを選びました。

箇条書き丸数字3 病院、銀行、ホテル、百貨店など知名度の高い建物を目印に選ぶ
大きな建物はすぐに潰れる心配がなく目印にしやすいです。目立ちますしね。

箇条書き丸数字4 「3つ目の角を右」「○○信号を左に曲がる」なども有効
初めて来たお客様にもわかりやすいものを目印に選びましょう。

箇条書き丸数字5 ゴールの看板はわかりやすいところに設置!
ゴールだとわかるように目立つところに店舗の看板を出しておきましょう。



全ての建物や、細かい道まで正確に書き込むと、逆に読みづらくなってしまいます。

例えば今回の地図ですと、多摩モノレール「立川北駅」の左手にミスタードーナツがあるのですが、道順から少し離れているため、あえて記載していません。

「HMV」と「高島屋」の間の道を歩くことがわかっていれば、入り口を間違えることはありませんし、そのあとは直進なので、わかりやすい目印が並んでいる右側だけ建物を描いています。

また、道順以外の道路は極力省略しました。



地図を作成するときは「わかりやすい道順」と「わかりやすい目印」だけを描くようにしましょう!





看板の地図はもっともっとシンプル!



道路でよく見かける看板の地図は、走行中の車現在地から目的地までどの方向に、何Km進めばいいのかがわかればいいので、とってもシンプルなんです。



チラシやHPに載せる地図を作成するときのコツ




これはJR立川駅を少し過ぎたところに建てられているという設定の看板。「今なんか看板あったけど、このまま道なりに進めば左にIKEA見えてくるっぽい」というのが短い時間でわかります。



チェックボックスアイコン 車から見ても読めるように大きく、シンプルに

チェックボックスアイコン 方向と距離がわかればOK!

チェックボックスアイコン 看板を置くところ=現在地





HPに載せる地図はGoogleマップが一番便利で簡単で正確!



今はスマホでどこからでも気軽にHPにアクセスできますよね。そんなとき、HPに掲載されている地図が画像だったら?



チェックボックスアイコン お客様にわざわざ住所や店名を入力していただくので手間

チェックボックスアイコン 地図を拡大すると画質が荒れる

チェックボックスアイコン 現在地や進行方向がわからない



それならHPにGoogleマップを貼っておいて、あとはワンタッチでGoogleマップに経路を案内してもらえば簡単ですよね。







Googleマップの貼り方が分からないとお嘆きの方も時々いらっしゃいまして、有料でサイトにGoogleマップを貼るサービスなんていうのもあります。でも、お金をわざわざ払う必要なんてないくらい簡単な方法なので、ぜひご自身でやってみてください!



Googleマップの貼り方

箇条書き丸数字1 Googleマップを開く

箇条書き丸数字2 店名や住所を入力する

箇条書き丸数字3 「共有」をクリック

箇条書き丸数字4 「地図を埋め込む」タブを選択

箇条書き丸数字5 表示されているタグをHPやブログにコピペ





写真で誘導する方法



スタート地点からゴールまでの道を実際に歩き、目に見えるものを写真に撮る方法も有効です。



チェックボックスアイコン 実際のビルや道路が写っている

チェックボックスアイコン 写真を見るだけで歩いているような疑似体験ができる

チェックボックスアイコン 写真に進行方向の矢印を入れるとよりわかりやすい!



特に地図を読むのが苦手な方は、こちらの写真の方が実際に歩いて移動しているような感覚になるので、イメージしやすいのではないでしょうか。

写真を撮るときのポイントは以下の通りです。



チェックボックスアイコン 晴天を選ぶ

チェックボックスアイコン 道路や建物の工事をしていないときに撮影

チェックボックスアイコン 人の顔が映らないようにする

チェックボックスアイコン 水平に撮影する

チェックボックスアイコン ピンボケしていない写真を使用する

チェックボックスアイコン 閉店などで目印が変わった場合は写真を撮り直す





まとめ



チラシに載せる地図はカラーでもモノトーンでも構いませんが、「わかりやすい道順」と「わかりやすい目印」だけを描くようにしましょう。

ショップカードのように小さく地図を描く場合は、丸と線と長方形、星だけを使用したシンプルな地図がオススメです。

看板に地図を載せる場合は、「現在地からゴールまでの道」「距離」「進行方向」がわかるようにしますが、車で移動していることを想定して必要最低限の情報だけを載せます。

HPやブログに地図を載せる場合は、グーグルマップがオススメ。簡単なのでぜひ挑戦してみてくださいね!


RECOMMEND




LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、AEAJ認定アロマテラピー教室Relakuheal主宰hiromi

AEAJ認定アロマテラピー教室Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment