menu
Relakuheal

おしゃれなアロマリードディフューザーの作り方

おしゃれなアロマリードディフューザーの作り方

こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。

アロマリードディフューザーとは、液体が入った瓶にリードと呼ばれるスティックを刺して、香りを拡散させるアイテムです。火も電気も使わずに、自然と部屋を香らせることができます。

おしゃれな雑貨屋さんなどに置いてあるアロマリードディフューザーですが、実はお家で簡単に作ることができるんです!

アロマリードディフューザーの材料と作り方、アレンジをご紹介いたします。




アロマリードディフューザーの材料



(約20ml)

無水エタノール……20ml
精油…………………50滴
リード(適量)
ビーカー
ガラス容器





アロマリードディフューザーの材料が買えるお店





無水エタノールといえば、こちらのラベルがお馴染みかと思います。ドラッグストアで購入できます。

たっぷり500ml入っていてお得なのですが、アロマクラフトをあまり作らない場合は、「余った無水エタノールはどうすればいいの?」と悩むところですよね。

無水エタノールを綿棒に染み込ませて、パソコンのキーボードやスマホ、リモコンなど水拭きできない電気製品のお掃除や、布に染み込ませて指紋がついた窓ガラスやテレビのお掃除にも使えるほか、精製水で薄めれば消毒用エタノールとしても使用できます。

詳しい使い方はこちらの記事をご覧ください!

アロマテラピーで使用する無水エタノールと消毒用エタノールの違い

アロマテラピーでは、精油を無水エタノールに希釈して使用することがあります。こうすることで、水には溶けない性質の精油が、精製水などに混ざりやすくなるのです。この無水エタノールと、消毒用のエタノールは別物だということをご存知でしたか?







アロマクラフトで使用するのは、植物の花や葉、根、果皮、果実、樹脂、心材などから抽出した天然の芳香成分・精油(エッセンシャルオイル)です。

良く似た名称に「アロマオイル」と呼ばれるものがありますが、アロマオイルは人工的に作られた合成香料で、アロマテラピーでは使用しません。

知っておきたい精油のこと!アロマオイルとエッセンシャルオイルの違い

アロマテラピーで使用する「精油」を英語ではEssential oils(エッセンシャルオイル)と言います。ところがこれをアロマオイルだと勘違いしている方が非常に多い!「100均で買った精油を使ったら肌が荒れたんです〜」という方の話をよく聞いたら精油ではなくアロマオイルだった、なんてこともありました。





精油は「生活の木」や「ニールズヤード」などのアロマテラピー専門店でご購入いただけます。中でも生活の木はビーカーやガラス棒といったアロマクラフトの必需品も一緒に購入できるので、アロマ初心者の方にもおすすめです!

search.png生活の木の店舗をチェック!



その他の精油メーカーについては、こちらの記事をご覧ください。メーカーごとに精油のお値段や種類についてもまとめています。

アロマセラピストおすすめ!信頼できる精油メーカー6選

アロマテラピーを始めたばかりの頃、どこのメーカーの精油(エッセンシャルオイル)を購入すればいいのかとても悩みました。せっかくなら品質のいいものが使いたい、でも値段が高すぎると手が出せない…。きっと同じように悩まれている方は多いかと思いますので、アロマテラピーでよく使用されている信頼できる精油メーカーをまとめました!





アロマリードディフューザーでは、20mlの無水エタノールに対して、精油を50滴使用します。精油1滴=0.05mlですので、3ml入りの精油だと60滴分になるのでほとんどをアロマリードディフューザーで使い切ることになります。どのサイズの精油を買おうか迷われた時は、ご参考までに。



今回のアロマリードディフューザーではたっぷり50滴もの精油を使用するので、ぜひ香りのブレンドをお楽しみください。

「変な香りになりませんか?」というご質問をいただくことがありますが、基本的にはお好きな香りを選んでいただければ自分好みの香りに仕上がりますよ。あとはトップノート、ミドルノート、ベースノートといった香りの持続時間や、香りの系統などを意識すればより良いかと思います。

ブレンドに興味がある方はこちらの記事をご覧ください!

アロマ初心者でも簡単にできる精油のブレンド&おすすめレシピ6選

アロマテラピーでは、決められた精油の滴数内であれば精油をブレンドをすることができます。むしろそれがアロマテラピーの醍醐味と言いますか、精油を単独で使うよりもブレンドした方が香りに奥行きが出ますし、相乗効果が期待できる、保留剤として香りを長持ちさせられる…などのメリットがあります♡







ネットでは「竹串や竹ひごでもいい」と言われていますが、インテリア好きの私としてはリードディフューザー用にリード単品で売られているものの使用をおすすめします!

リードディフューザー用とだけあっておしゃれ! 色はナチュラル、ホワイト、ブラックなどが定番で、通常のまっすぐなリードの他にもブランチ(枝)風のものなどもあり、長さも短いもの、長いものなどがあるので、使用する瓶とのバランスや、お部屋の雰囲気にあわせて選べます。



アロマリードデフューザーの容器はガラス容器であれば、100均で売られているもので十分です。プラスチックだと、一部の精油がプラスチックを溶かしてしまうことがあるのでご注意ください。

精油はプラスチック容器を溶かすので注意!

精油を使用したハンドメイド(アロマクラフト)を楽しむにあたり、スプレー容器やボウル、攪拌するための棒などを100均で用意しようと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、精油の中にはプラスチックを溶かすものもあり注意が必要です!







アロマリードディフューザーの作り方



箇条書き丸数字1 ビーカーにエタノール20mlを入れる。

箇条書き丸数字2 精油50滴を加えて良く混ぜる。

箇条書き丸数字3 ガラス容器に移し、リードをお好みの数だけ刺す。




注意マーク 注意

チェックボックスアイコン 精油が手や目につかないように気をつけてください。

チェックボックスアイコン リードの数が多いほど香りが拡散されます。







アロマリードディフューザーのアレンジ



最近は、ただ香るだけではなく、見た目にもこだわったアロマリードディフューザーが人気です!

プリザーブドフラワーやドライフラワーをガラス容器に入れておくと、ハーバリウムのような華やかな見た目になります。ガラス容器の口が大きなものや、柔らかい花材、小さな花材、細長い花材などが入れやすいです。

また、リードと一緒にプリザーブドフラワーやドライフラワーをガラス容器に刺すのも、「香る花瓶」といった感じでおしゃれです。こちらの方法であれば、大きめの花材やボリュームがある花材も使用できます!





まとめ



いつもはお店でアロマリードディフューザーを買っていたという方も、混ぜるだけで簡単に作れますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。特に、ハーバリウムのように花材をガラス容器に入れたり、花瓶のように刺したりしたものは見た目がおしゃれなのでおすすめです!

RECOMMEND


LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座

2019年7月19日(金)10:00〜18:00(受付)
京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンター
天然のアロマ虫除けスプレーを作る

2019年8月1日(木)10:30~15:30
ルネ小平・キッズワークショップ&ハンドメイドフェスタ

2019年8月7日(水)10:30~12:00、13:30~15:00
世田谷区・モノアトリエ
オーガニックハーブ入り!贅沢アロマバスソルト(入浴剤)

2019年8月9日(金)10:30〜11:15
ママズスマイル立川店
ワンコインワークショップ「アロマ虫除けスプレー」託児付き

2019年8月31日(土)10:30~12:00、13:30~15:00
世田谷区・モノアトリエ
おしゃれは指先から♡アロマネイルオイルで女子力アップ!


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment