menu
Relakuheal

こんなときどうする?期限切れ精油の活用法7選と処分方法

こんなときどうする?期限切れ精油の活用法7選と処分方法


こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。

精油には使用期限があるということをご存知ですか? ラベルを見てみてください。未開封の場合の使用期限が書かれているはずです。また、開封後の期限も決まっています。

しかし、精油の期限が切れたからといって捨てることはありません。今回は期限切れになった精油の活用法についてご紹介します。最後まで上手に使い切って精油の香りを楽しみましょう!




精油の使用期限は、いつまで?



精油の使用期限は、瓶に貼られているラベルに表示されています。この期限は、瓶が未開封の場合の期限です。

開封してしまった精油は、1年以内を目安に使い切るようにしましょう。

ただし、スイートオレンジなど、柑橘系の精油は圧搾法といって果皮を機械のローラーで圧搾して精油を抽出しているため、不純物が混ざりやすく、他の精油に比べて劣化が早くなっています。そのため、柑橘系の精油は開封後、半年を目安に使い切るようにしてください。



チェックボックスアイコン 精油の使用期限はラベルで確認!

チェックボックスアイコン 開封した精油は1年以内に使い切ろう!

チェックボックスアイコン 柑橘系の精油は劣化が早いので半年以内に使い切ろう!




それでは期限が切れた精油や、開封して1年以上経ってしまった精油は、捨ててしまった方がいいのでしょうか?

精油を植物油で希釈したトリートメントオイルや、バスボム、ナチュラルコスメ、香水などは肌に触れるものなので、古い精油は使用しないでください。それ以外の香りを楽しむ方法であれば、古い精油でも問題はありません。

(ただし明らかに臭いがおかしいと感じる場合は、無理して使わずに捨ててしまいましょう。)





期限切れになった精油の活用法



箇条書き丸数字1 リードディフューザー

実はリードディフューザーってたった20ml作るだけでも、精油を50滴も使用するんです。普段ならもったいなく感じて躊躇する量ですが、期限切れの精油であれば、そのまま捨ててしまうよりはリードディフューザーとして活用した方がいいですよね。

無水エタノールとリードと呼ばれるスティック(竹串でもOK)があれば簡単に作れます。それすらも面倒という場合は、精油瓶の蓋を開けておくだけでもいいですよ。精油には芳香性といって器具がなくても香る性質があるので、蓋を開けておくだけでも香りが楽しめます。

おしゃれなアロマリードディフューザーの作り方

アロマリードディフューザーとは、液体が入った瓶にリードと呼ばれるスティックを刺して、香りを拡散させるアイテムです。火も電気も使わずに、自然と部屋を香らせることができます。おしゃれな雑貨屋さんなどに置いてあるアロマリードディフューザーですが、実はお家で簡単に作ることができるんです!





箇条書き丸数字2 アロマルームスプレー

ルームスプレーを作っておけば、いつでも香りを楽しむことができます。材料を混ぜるだけなので、アロマ初心者の方でも簡単!

スプレー容器はアロマテラピー用のものをお使いください。100均のスプレー容器だと、アルコールに弱く目詰まりしてしまったり、精油によってはプラスチックを溶かししまったりすることがあります。

簡単!混ぜるだけ!アロマルームスプレーの作り方

シュッとひと吹きするだけで気分転換できるアロマルームスプレーの作り方をご紹介します。「手作りのアロマルームスプレー」って、それだけで女子力高くて素敵な響き♡だけど用意する材料は3つだけ。混ぜれば完成するのですっごく簡単だから、アロマテラピー初心者の方にもオススメです。





箇条書き丸数字3 消臭剤

ガラス容器に重曹を入れて、そこに精油を垂らすだけで消臭剤として使えます。重曹大さじ2に対して、精油5~10滴を目安にしてください。

トイレや靴箱など、臭いが気になるところに置くだけ!



箇条書き丸数字4 お掃除スプレー

アロマルームスプレーと同じ作り方でも、ラベンダーやティートリー、ユーカリ、ベルガモット、レモン、ペパーミントなど殺菌や消臭に優れた精油を使用するだけで、お掃除スプレーとして活用できます。

キッチンのシンクや、洗面所、お風呂掃除に。私は通常の洗剤でお掃除した後に仕上げに吹きかけています。ふとした瞬間に香ってきて幸せです。



箇条書き丸数字5 掃除機に吸わせる

ティッシュを適当にちぎって、精油を2〜3滴垂らしたら掃除機で吸い込むだけ。お掃除中にいい香りが広がります。



箇条書き丸数字6 アロマワックスバー

流行りのアロマワックスバーがおうちで作れます!


材料

・キャンドル用の蝋
・精油
・ドライフラワー
・シリコン型
・紙コップ


作り方

(1)紙コップにキャンドル用の蝋を入れて、600Wの電子レンジで1分半加熱して溶かす
(2)蝋が溶けたら精油を5%を目安に加える
(3)シリコン型に(2)を流し込む
(4)少し固まってきたらドライフラワーを飾る
(5)室温で30分〜1時間ほど置いて固まったら完成!



箇条書き丸数字7 アロマキャンドル

キャンドル作りって難しいイメージがあるかもしれませんが、意外と簡単に作れます!


材料

・キャンドル用の蝋・・・・・45g
・精油・・・・・・・・・・・25滴
・ティーライトカップ・・・・3つ
・座金付きのキャンドル芯・・3つ
・割り箸・・・・・・・・・・1つ


作り方

(1)紙コップにキャンドル用の蝋を入れ、600Wの電子レンジで20秒加熱
(2)蝋が溶けたら粗熱を取り、精油を加えて割り箸で混ぜる
(3)キャンドル芯を中央にセットしたティーライトカップに(2)を注ぐ
(4)固まったら、キャンドル芯を1cmほど残してカットすれば完成!





精油を処分する方法と注意点



memo.png 水に流すのはNG!

精油は脂溶性・親油性の性質を持ち、水には溶けません。そのため、期限切れの精油を排水溝に流して捨てないようにしてください。



memo.png 手につかないように注意!

作業時に、精油の原液が肌につかないように注意してください。精油は植物から高濃度に抽出した液で、アロマテラピーでは通常原液のまま肌に塗布することはしません。もちろん、飲んだり、目に入れることもしないでください。



memo.png 精油はプラスチックを溶かす

プラスチックの種類によっては、柑橘系の精油で溶けてしまいます。ビニール袋に入れて処分すると穴が空いてしまう恐れがあるため、ご注意ください。

精油はプラスチック容器を溶かすので注意!

精油を使用したハンドメイド(アロマクラフト)を楽しむにあたり、スプレー容器やボウル、攪拌するための棒などを100均で用意しようと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、精油の中にはプラスチックを溶かすものもあり注意が必要です!





memo.png 火気に注意

精油は引火性の性質を持ちます。キッチンなど火の側で作業しないでください。



memo.png 換気に注意

締め切った部屋で作業すると、気分が悪くなる恐れがあります。換気の良い場所で作業してください。



以上のことに注意し、作業にあたってください。



用意するもの

・牛乳パック
・ティッシュや新聞紙、布
・ガムテープ
・使い捨てのゴム手袋


処分する方法

(1)ゴム手袋をして、ドロッパー(中栓)を外す
(2)牛乳パックにティッシュや新聞紙、布を入れて、精油を染み込ませる
(3)牛乳パックの口を閉じてガムテープで留めて、燃えるゴミとして処分する



空になった精油瓶は、無水エタノールを少量垂らしたティッシュや綿棒で拭き取って綺麗にしてから、お住いの地域の分別法に従って処分してください。



1年以上置いた方が味に深みが出る精油もある



精油は製造後からどんどん劣化が進むのが普通ですが、精油の種類によっては時間が経つことで香りが良くなるものがあります。


ベンゾイン、サンダルウッド、パチュリ、ミルラなど







精油を最後まで使い切るために



精油は植物の花や葉、根、果皮、果実、樹脂、心材などから抽出した貴重なものです。精油を購入するときは、自分が1年以内に使い切れる量の精油のサイズを選びましょう。

例えばアロマテラピーの専門店である生活の木では、精油は3ml、10ml、50ml、100ml、1000mlのサイズがあります。1滴=0.05mlなので、


3ml=60滴
10ml=200滴
50ml=1000滴…



という計算になります。トリートメントオイルでも、アロマクラフトでも、作り方を見ていただければ分かるとおり、使用する精油の量はそれほど多くはないので、普通は3mlか、良く使うのであれば10mlサイズの精油を買えば十分です。





まとめ



精油は貴重なものなので、最後まで大切に使いきりたいですね。リードディフューザーは大量に精油を消費できるのでおすすめです!

臭いが気になるなど、どうしても処分しないといけないときは、肌につかないか、引火の危険はないか、換気は十分かなど気をつけて作業してください。


RECOMMEND




LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment