menu
Relakuheal

イニテリアにあう!おしゃれなフラワーベース10選

イニテリアにあう!おしゃれなフラワーベース10選


こんにちは。 インテリア大好きなAEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。初心者の方も気軽に「花のある暮らし」が楽しめるように、様々な提案をしています。

今回は北欧ブランドを中心にインテリア性の高いおしゃれなフラワーベースをご紹介します。ジャムの空き瓶や、飲み終わった栄養ドリンクの瓶もフラワーベースとして十分に活用できますが、やっぱりおしゃれなデザインのフラワーベースも持っておきたいですよね。

また、お花を買う習慣がまだない方のために、お花を買うタイミングや理由、おすすめのお花屋さん選びについてもお話ししていますので、ぜひご覧ください!




お花を買うタイミングと理由



お花を買う習慣がないと、いつ買えばいいのかといったタイミングや、どのような理由で買えばいいのかわからないこともあります。けれど本来は好きなタイミングでお花を買えばいいので、特別な理由がなくてもいいのです。



チェックボックスアイコン 資格に合格したなどいいことがあった

チェックボックスアイコン 悲しいことがあって癒されたい

チェックボックスアイコン お客様が来るのでおもてなしに

チェックボックスアイコン 結婚記念日など特別な日に

チェックボックスアイコン お部屋の中で季節を感じたくて




カーネーションは通年出回っているので入手しやすく、パステルカラーやアンティークカラーなど色のバリエーションが豊富なので私も一時期はまっていました。お値段もお手頃ですしね。

ガーベラは赤やオレンジ、ピンクなどポップな色合いが多く、お部屋に飾るだけで元気がもらえます。また、小さくて可憐な花のかすみ草は1本でもボリュームがあるので、単体で飾ってもかわいいです。

記念日や特別なお祝い、おもてなしのときには花数を増やしてグリーンや実物をプラスしたり、店頭で売られているブーケを購入しています。

このように、普段は買いやすいお値段の花を選び、特別なときはちょっと奮発するなどするとお花選びが楽しいですし、無理なく「花のある暮らし」が続けられます。慣れてくると「週に一度」など、お花を買うことが習慣化してきます。

スーパーやイオンのようなショッピングモールに入っているお花屋さんは、お買い物のついでに寄ることができて便利です。意外とかわいいお花がそろっているので、私はお買い物の度に寄り道していました。個人が経営されているお花屋さんはやや割高ですが、こだわりが強く、珍しいお花もあって記念日など特別なときに買いたくなります。

チェーン店でおすすめのお花屋さんなら、青山フラワーマーケットさんと、日比谷花壇さんです。どちらも駅ナカや、駅近のショッピングモールなどに入っているので、平日の会社帰り、休日のお買い物ついでに立ち寄りやすいかと思います。特に青山フラワーマーケットさんはキッチンブーケ、ダイニングブーケなど価格がお手頃なミニブーケがそろっているので、お店に行くとつい買ってしまいます!



search.png青山フラワーマーケットの店舗情報をチェック!

search.png日比谷花壇の店舗情報をチェック!



ぜひあなたのお家の近くにどんなお花屋さんがあるか探してみてください。そしてお花を買うお店が決まったら、次は花瓶選びです。






インテリアにぴったりなおしゃれなフラワーベース





Holmegaard(ホルムガード)は1825年にデンマークに設立されたデンマーク王室御用達のガラスブランドです。

そんなHolmegaard(ホルムガード)のフローラは、北欧らしいシンプルな作りながら独創性のあるデザインで、どこかヴィンテージ感のある色使いも人気のフラワーベースです。お色はブルー、スモーク、クリアーの3カラーで、高さはすべて24cmなのですが、くびれの位置がそれぞれ違うので、3カラーそろえて飾っても面白いです。

また、高さ12cmのタイプもあります。色は同じですが、くびれの位置が24cmタイプとは違うので、ぜひ比べてみてくださいね。





Kahler(ケーラー)は、1839年にデンマークで創設された陶器メーカーです。そしてKahler(ケーラー)といえば、ボーダー柄が印象的なこのフラワーベース、オマジオ。一度見たら忘れられません。Tシャツでは定番のボーダーも、こうしてフラワーベースになると新鮮ですよね。

このボーダーは、職人の手作業で一つ一つペイントされています。そのため、太さや濃淡に若干の違いがあり、モダンなデザインでありながらぬくもりが感じられます。

オマジオはS、M、Lの3サイズあり、それぞれ微妙にシルエットが異なります。また、色のバリエーションが豊富で、グラニットグレー、ローズ、ライトグリーン、スチールブルー、ピカピカのシルバーやパールもおしゃれです。

Kahler(ケーラー)のオマジオは、キャンドルホルダーもあるので、おそろいのボーダーで並べてもおしゃれ!





波打つような縦のラインからスウェーデンの港町「EKENAS(エケナス)」の名前がつけられたフラワーベースです。口が小さいので1~2輪のお花やグリーンを飾るのに適しています。

お色は爽やかなホワイト、こってりとしたブルー、落ち着きのあるグレーと、どんなインテリアにも溶け込んでくれる優しい3色がそろっています。サイズはSとMの2タイプです。

大きな花瓶にたっぷりのお花を飾るのもステキですが、EKENAS(エケナス)はお庭から気ままに摘んできた草花や、ふらりと立ち寄ったお花屋さんで見つけたとびきりの一本を飾るのがよく似合います。





ガラスの器とアイアンのスタンドという異素材の組み合わせに、化学室に置いてありそうなユニークなフォルムが特徴のフラワーベースです。グラス自体の高さは12cmなのですが、お花の茎を支えるアイアンスタンドが高さ約34cmあるので、ガーベラなど背の高いお花も飾れます。また、グラスとアイアンスタンドは接着されていないので、お手入れも楽々。

すっきりと見えるホワイトに、インテリアをピリッと引き締めてくれるブラック、そしてひっそりと輝きを放つコッパーゴールドの3色です。

お客様に「これ、フラワーベースなの?」と珍しがられそうな自慢のアイテムになりそう。





フラワーベースの形をしたシンプルなのにインパクト大のアイアン製ワイヤーポットフレームです。(グラスはついてきません。)

まるでイラストのような二次元的な表現がおしゃれ。アイアンフレームだけなので、背景の壁や、並べたときのアイアンフレームの重なりなどが面白いです。

しかもフラワーベースの形が豊富! 丸いもの、細長いもの、くびれたものなど7種類のデザインから選べます。

「絵みたい!」と初めて見たお客様を驚かせちゃいましょう。





繊細なガラスと強固なコンクリートを組み合わせた北欧らしいシンプルでモダンなデザインの「Willmann Vase (ウィルマンベース)」は、デンマーク王室も愛用し、1979年に設立されたデザインブランド・MENU(メニュー)のフラワーベースです。無機質なコンクリートが生花やフレッシュなグリーンを引き立てます。おしゃれなデザインで、アートやインテリアオブジェとの相性もバッチリです。

ガラス部分にコンクリートをかぶせるだけのシンプル構造なので、お水の入れ替えやお手入れも簡単。





ferm LIVING(ファームリビング)はインテリアのトータルブランドとして2006年にデンマークに設立されました。

このBubble Glass (バブルグラス)は、透明なガラスの中にたくさんの気泡を閉じ込めていて、リズムを持たせています。シンプルなのにデザイン性が高いところがさすが北欧。まるでオブジェのような美しさで、活けるお花だけでなく、フラワーベースそのものを楽しむことができます。

デザインは円柱と、球体、階段状、置き時計のような縦長の半円の4種類です。





「お水入れられるの?」と思うかもしれませんが、大丈夫。中にはガラスが入っていて、ガラスの形にぴったりあうようにアラログが編まれています。自然素材を使ったナチュラルな印象のフラワーベースなので、インテリアになじみやすいです。φ21×H27cmとしっかりしていて、ボリュームのある植物も飾れます。

口が狭めの細長いタイプもあります。





北欧らしいスタイリッシュでおしゃれなアイテムが充実しているBloomingville(ブルーミングヴィル)は、2000年に誕生したデンマークのブランドです。

こちらのフラワーベースは、すらりとしたスタイルに、ストーン素材とボトムに少しだけホワイトが入っているデザインが特徴的。

Bloomingville(ブルーミングヴィル)には、子供部屋にそろえたくなるサボテンのオブジェ、モビール、ラグなどもあってどれもかわいいです。





もう一つBloomingville(ブルーミングヴィル)のフラワーベースを紹介させていただきます。先ほどのシンプルなデザインとは対照的に、こちらのフラワーベースはピカピカに輝くゴールドが華やかなフラワーベースです。

オブジェにはよくあるゴールドですが、フラワーベースでゴールドって珍しいですよね。Bloomingville(ブルーミングヴィル)にはこちらのデザイン以外にもゴールドのフラワーベースがいくつかあり、中にはピストル型のユニークなフラワーベースも。

インテリアのアクセントに使いたいですね。





まとめ



フラワーベースはお花を活けるものではありますが、お花を活けている間、お部屋の中にずっと存在するものなので、デザインにもこだわってインテリアにあうおしゃれなフラワーベースを使いたいですよね。お気に入りのフラワーベースにお花を活けて、あなたも「花のある暮らし」を始めてみませんか?


RECOMMEND




LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment