menu
Relakuheal

イギリス伝統のコーディアルとは。生活の木のおすすめと飲み方&作り方

イギリス伝統のコーディアルとは。生活の木のおすすめと飲み方&作り方


こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。

ハーブや果物を使ったコーディアルという飲み物をご存知ですか? コーディアルは、お水やお湯などで希釈して飲むほか、スイーツやお料理にも使えます。

まだ飲んだことがないという方のために、イギリスで伝統的に飲まれているコーディアルとはどんな飲み物なのか、コーディアルの飲み方&使い方、生活の木のおすすめのコーディアルや、おうちでのコーディアルの作り方、コーディアルとシロップの違いについてご紹介します。

アロマテラピーや精油、ハーブティーがきっかけでハーブに興味を持った方や、「ハーブのある生活」に憧れていて生活にもっとハーブを取り入れたい方におすすめです。ぜひご覧になってくださいね!




イギリス伝統! コーディアルとは



コーディアル(cordial=「心からの」という意味)とは、ハーバリストが活躍するイギリスで、ハーブをアルコールに漬けた飲み物として生まれました。現在では、ハーブや果物を原料としたノンアルコール飲料として飲み継がれています。

基本的にはお水やお湯で希釈して飲みますが、スイーツや料理にも使えるので、手軽に「ハーブのある生活」を始めたい方にもぴったりです。





コーディアルとシロップの違い



コーディアルとよく似たものに、ハーブシロップがあります。コーディアルが健康飲料のような存在なのに対し、ハーブシロップは薬のような役割があり、風邪を引いたときなどにハーブを煎じて飲むものです。

しかし、アルコールにハーブを漬けていたコーディアルも、現在ではノンアルコールで甘みのあるハーブシロップとしてのコーディアルが主流となっていて、線引きは曖昧です。





コーディアルの飲み方&使い方





箇条書き丸数字1 コーディアルの基本的な飲み方
水や、お湯、ハーブティーや炭酸水で、7~8倍に希釈して混ぜるだけ。フレーバーにあわせたフルーツやハーブを添えればおしゃれに。

箇条書き丸数字2 大人向けのコーディアルの飲み方
ワインやジンなどにコーディアルを加えて、オリジナルのカクテルに。

箇条書き丸数字3 ヨーグルトやアイスにかけて
コーディアルを少し煮詰めてとろみを出し、ソースとしてヨーグルトやアイスにかけてもおいしいです。

箇条書き丸数字4 コーディアルのゼリー
ゼラチンを使ってコーディアルのゼリーを作れば、手軽なひんやりスイーツのできあがり。仕上げにコーディアルを原液のまま垂らして完成!

箇条書き丸数字5 かき氷のシロップに
市販のかき氷シロップの着色料を使った濃い色や、甘すぎる味が苦手な方におすすめの使い方です。身体に優しい大人のかき氷が楽しめます。

箇条書き丸数字6 マフィンの生地に混ぜ込む
マフィンを作るときに、生地にコーディアルを混ぜ込めば、食べるときに優しい風味が広がります。

箇条書き丸数字6 パンケーキシロップ
焼きたてのパンケーキに、アイスクリームやフルーツをお好みで乗せて、仕上げにコーディアルをかける。

箇条書き丸数字7 クリームチーズに混ぜる
クリームチーズにコーディアルを加えて混ぜ、バゲットやクラッカーに塗る。





おすすめ! 生活の木のコーディアル





アロマテラピーとハーブの専門店「生活の木」のハーブコーディアルは、「ロックス&トゥリー」というシリーズで、オーガニックや野生のハーブなど使用原料にこだわりをもつROCKS ORGANIC社とのコラボレーションにより生まれました。

おいしさはそのままに、健康によい成分を多種含んでいるものや、体によい成分の含有量が高いスーパーフードが入ったラインナップや、白砂糖を使わずも低GIのアガベシロップの甘みを加えた商品などがあります。

生活の木のハーブコーディアルの種類をいくつかご紹介します。



有機エルダーフラワー



マスカットのような香りのエルダーフラワーにレモン果汁を合わせた、爽やかな酸味が特徴のコーディアルです。季節の変わり目や春先のシーズンにおすすめ。



有機エキナセアオレンジ



オレンジ、エキナセア、クローブの風味がバランス良く調和したハーブコーディアルです。冬の朝の一杯や、お休み前のリラックスタイムや、お子様にもおすすめ。砂糖不使用、アガベシロップ使用。



有機クラシックジンジャー



ジンジャーとトウガラシのエキスを加え、スパイシーで刺激的な味が癖になるハーブコーディアル。手軽にジンジャーティーを楽しみたいときにおすすめです。



有機アップルジンジャー



りんご果汁のすっきりした甘さに、隠し味のジンジャーがほのかに香るコーディアルです。マイルドな辛味と、程よい甘さが後を引く美味しさ。甘さ控えめでお子様にもおすすめ。砂糖不使用、アガベシロップ使用。



有機ザクロ&アサイー



爽やかな酸味が特徴のザクロとアサイーを組み合わせ、果実味溢れるみずみずしい味わいに仕上げたコーディアルです。手軽にきれいをチャージしたいときにおすすめ。砂糖不使用、アガベシロップ使用。



有機マキベリー&カシス



やわらかな酸味が特徴のマキベリーに、カシスとアップルの果汁をブレンドしたコーディアルです。濃厚でジューシーな味わい。フレッシュな気分になりたいときにおすすめです。砂糖不使用、アガベシロップ使用。



ローズヒップ



女性に根強い人気のローズヒップと、甘酸っぱいラズベリーをブレンドして果実味豊かに仕上げたコーディアルです。爽やかな酸味が元気をくれます。



有機ゴジベリー&ザクロ



人気のスーパーフード、ゴジベリーの果汁とザクロやベリーをブレンドしたコーディアルです。フルーティーで、ヨーグルトや冷たい炭酸との相性◎

砂糖不使用、アガベシロップ使用。



有機ライムネトル



ネトルのハーブに、ライムとレモンを加えてフレッシュな味わいに仕上げたコーディアルです。春のみずみずしい草の香りを連想させます。



グレープフルーツジュニパー



グレープフルーツに数種のハーブを加えた、果実感溢れる、さっぱりとした味のコーディアルです。柑橘のもつ爽やかな苦味がビールとも相性抜群!



青汁&レモン



ネトルとケールの青汁に、果実とハーブをブレンド。スムージーやジュースに混ぜても。毎日健やかに過ごしたい方におすすめです。





おうちで作ろう! コーディアルの作り方





実は、おうちでも簡単にコーディアルが作れます。せっかくなので、手作りコーディアルにチャレンジしてみませんか?




コーディアルの作り方

箇条書き丸数字1 ドライハーブのエルダーフラワー200gの花部のみを取る。

箇条書き丸数字2 ワックスなしのレモン3個の削った皮と、レモン果汁を1に加える。

箇条書き丸数字3 1.5Lの水を加熱し、砂糖(ブラウンシュガーでもOK)2㎏を加えて溶かし、40度程度まで冷ます。

箇条書き丸数字4 3のお湯に2のエルダーフラワーを加えて混ぜ、24時間置く。

箇条書き丸数字5 エルダーフラワーやレモンを濾して、煮沸消毒した保存瓶に入れれば完成!

箇条書き丸数字6 完成したコーディアルは冷蔵庫に保存し、できるだけ早めに使い切る。



フレッシュなエルダーフラワーが手に入る場合は、35枝用意し、花部のみを取って、汚れや虫などを取り除いてください。

しかしなかなかフレッシュのエルダーフラワーは手に入らないかと思いますので、手軽にコーディアルを作ってみたい方には、ハーブティー用のドライがおすすめです。



こちらはハーブの専門店「エンハーブ」のエルダーフラワーです。

エルダーフラワーのハーブティーは割と定番で、アンデルセン童話の中で、雨にずぶぬれになった男の子を迎え入れたお母さんが、このエルダーの温かなお茶で身体を温めてあげた、というお話があるぐらい、古くから家庭の中で使われてきたハーブです。

リノール酸やフラボノイドが豊富なエルダーフラワーは、気温の変化で体調を崩しそうな時、もしくは崩してしまった時、また春先特有のグズグズやショボショボにもおすすめです。

癖が少なく、ハーブティーに慣れていない方にも飲みやすいですし、シングルでもブレンドでもおいしくいただけます。





まとめ



ドリンクやスイーツにと様々な使い方ができるコーディアルは、生活の木からもたくさん種類が出ていますし、ドライハーブがあればおうちでも簡単に作れます。コーディアルで「ハーブのある暮らし」を楽しんでくださいね!


RECOMMEND




LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment