menu
Relakuheal

初心者さん向けハーブティーの基礎!種類と選び方

初心者さん向けハーブティーの基礎!種類と選び方


こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。私はJHTA認定ハーブセラピストでもあり、初心者の方にも気軽に「ハーブのある生活」を楽しんでいただこうと、様々な提案をしています。

ハーブティーを飲んでみたいけど、何もわからない! という初心者さんのために、ハーブティーにはどのような種類があり、どうやって選べばいいのかといったハーブティーの基礎をご紹介します。

「そもそもハーブって何?」「ハーブってどこで買えるの?」という方も、ぜひご覧ください。




ハーブとは



ハーブとは本来、「草」を意味するラテン語のHerba(ヘルバ)に由来していて、植物全般を指します。はっきりとした定義はありませんが、現代でのハーブは「健康や美容に役立つ、香りのある植物」という意味で用いられることが多いです。

ハーブを用いた伝統療法のことを植物療法と言います。植物療法では、心と身体のバランスを整え、自己治癒力を高めることを目的としています。例えばストレスで胃に不調が現れたとき、医学では胃の痛みを和らげる薬が処方されます。しかし、身体の一部分が回復したとしても根本的な解決にはなっていない、と考えるのが植物療法です。心と身体はつながっているので、ストレスそのものを和らげたり、自己の免疫力を高めることも大事なのです。

ハーブティーは薬ではないので、即効性はありませんが、緩やかに心身に働きかけ、バランスを整えてくれます。もしも心や身体のことで気になることがあったとき、古来から人々の健康や美容を支えてきたハーブの力を頼ってみませんか?





ハーブティーの種類(1)フレッシュとドライ



まず、ハーブティーにはフレッシュとドライがあります。フレッシュとは生のままのハーブで、ドライとはハーブを乾燥させたものです。



チェックボックスアイコン フレッシュハーブ

フレッシュハーブは、スーパーやネットなどで購入できます。

また、庭などで育てているハーブを使用することもできます。このとき、必ず食用として売られているハーブをご利用ください。例えばローズマリーは園芸店で苗を購入できますが、観賞用は人体に有害な薬剤・肥料を使用しているため、ハーブティーとして抽出するのは危険です。



チェックボックスアイコン ドライハーブ

ハーブティーとして楽しむのであれば、ドライハーブが一般的です。フレッシュハーブよりも種類が豊富で、保存が効きます。

ドライハーブは、エンハーブや生活の木などのハーブ専門店や、ネットで気軽に購入できるので、初心者の方にもおすすめです。



フレッシュハーブドライハーブハーブ
・新鮮な香りが楽しめる。
・季節感が楽しめる。
・ハーブティーの抽出にはドライハーブの3倍の量が必要。
・青臭い、アクが出る、えぐみや苦味が強い場合がある。
・抽出しやすい。
・年間を通じて入手しやすい。
・長期保存が可能。
・品質により色・味・香りが変わる。






ハーブティーの種類(2)形状



先ほど、ハーブティーにはフレッシュとドライがあるとお伝えしましたが、ドライはさらに形状によって種類がわかれます。



チェックボックスアイコン ホール

チェックボックスアイコン カット

チェックボックスアイコン パウダー






ハーブがそのままの形状で売られているものを、ホールと言います。例えばローズバッツ(蕾)や、カモミールなどは花に萼がついたまま売られていることが多いです。

ハーブティーの抽出にはやや時間がかかりますが、自然本来の色・形を楽しむことができ、贅沢な見た目のハーブティーに仕上がります。





ハーブを使いやすいサイズにカットしたものも、ハーブティーでは一般的です。レモングラス、ペパーミント、ジンジャーなどに多いです。

ハーブの種類やブランドにより、カットのサイズは異なり、数cm程度のものもあれば、2〜3mmに細かくカットされたものもあります。一般的にカットが細かい方が抽出が早いです。





ジンジャーやローズヒップなど、ハーブを粉状にしたものもあります。ホールやカットよりも短時間でハーブティーを抽出できます。





ハーブティーの種類(3)シングルとブレンド



ハーブティーは1種類のハーブが単品で売られているシングルと、2種類以上のハーブを使ったブレンドがあります。





例えばこちらはペパーミントだけが入っています。シングルティーとしてペパーミントだけでも楽しめますし、他のハーブと一緒に使ってオリジナルのブレンドティーを作ることもできます。

もしこれからハーブの資格を取得したい、ハーブティーを極めたいと思っているのであれば、シングルのハーブをいくつか用意しておくことをおすすめします。

こういったシングルのハーブは、エンハーブ、生活の木、ネットショップなどで購入できます。





リラックス、冷え、イライラ、ホルモンバランスなど、目的にあわせてブレンドされたものは、複数のハーブの相乗効果を得ることができ、初心者の方にも気軽に使えておすすめです。飲みやすいように味のバランスも整っていますので、いきなり自分でブレンドするのは心配という方にも飲みやすいです。





ハーブティーの種類(4)ティーバッグ



シングルのハーブなどがあることを知らない初心者の方にとって一番イメージしやすいのが、ティーバッグ入りのブレンドハーブティーではないでしょうか。





ティーバッグは一回で使用するハーブがブレンドされているので、量がわかりやすいですし、味も整っていて飲みやすいです。もちろん、相乗効果も期待できます。紅茶や麦茶などのように気軽に飲めるので、初心者の方におすすめです。





初心者さんにおすすめのハーブティーの選び方



箇条書き丸数字1 食品用のハーブであること

クラフトやインテリアとして楽しむことが目的のハーブは、食品としての基準が満たされていません。ハーブティーには必ず食品用のハーブを使用しましょう。



箇条書き丸数字2 原産国がわかる

日本国内で購入できるハーブは、海外から輸入されているものがほとんどです。原産国が明記されているハーブであれば、ある程度の品質があるということなので安心です。



箇条書き丸数字3 学名が明記されている

きちんとしたお店であれば、ラベルには学名が記載されています。

ハーブは一般名称で表記されることが多いですが、同じ植物でも複数の呼び方があり、ブランドによって名称が異なることもあります。例えばハーブティーでは馴染みの深い「カレンデュラ」は「マリーゴールド」や「キンセンカ」という名称が使われることもあります。

一方で、学名というのは植物によって定義されているものなので、ここを見れば間違えることはありません。先ほどのカレンデュラの学名は「Calendula officinalis」です。



箇条書き丸数字4 使用部位が明記されている

同じ植物でも使用部位が花なのか、葉なのかによって味や作用が異なる場合があります。購入する際は、使用部位が明記されているか確認しましょう。



箇条書き丸数字5 植物本来の色や香り

ハーブティーでは、植物本来の色や香りが楽しめるワイルド(野生)またはオーガニック(有機)のハーブを使用することをおすすめします。ドライだと色あせていて、きれいには見えないかもしれませんが、それこそが何も手を加えられていない自然な状態です。



箇条書き丸数字6 賞味期限を確認

きちんと品質管理されていれば、ラベルには賞味期限が記載されていますので、購入の際には確認しておきましょう。




初心者さんにおすすめのハーブティーの選び方

チェックボックスアイコン 種類が豊富で通年手に入るドライハーブ

チェックボックスアイコン ホール、カット、パウダーなど形状はお好みで

チェックボックスアイコン 目的にあったブレンドハーブティーが気軽

チェックボックスアイコン ティーバッグ入りが使いやすい

チェックボックスアイコン 密閉できる保存袋に入っているものだと保管が楽

チェックボックスアイコン 使い切りやすい量から始める







まとめ



ハーブテイーの種類と選び方をご紹介いたしました。ぜひこの機会にハーブティーデビューしてみてくださいね!

ハーブセラピストが教えるおいしいハーブティーの入れ方&おしゃれな茶器

おいしいハーブティーの入れ方と、SNS映えするおしゃれな茶器をご紹介します。暑い時期にぴったりのアイスハーブティーの入れ方や、「ハーブティーって作り置きできるの?」「ハーブティーの1日の摂取量は?」といったよくあるご質問にもお答えします。



妊活におすすめのハーブティー7選

妊活中は、生理が遅れると期待が高まり、生理がくると気分が落ち込んだり、ショックで泣いたりすることもあります。そんなときに身体と心のバランスを整えてくれるのがハーブティーです。



妊娠中に妊婦が飲んでいいハーブティー&良くないハーブティー

ハーブティーはカフェインを含まない飲み物として、妊娠中の妊婦に勧められることもありますが、カフェインを含むハーブや、妊娠中は禁忌とされているハーブもあります。




RECOMMEND




LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment