Relakuhealアロマテラピーとライフハックでワクワクの毎日

授乳中のママへ。おすすめ&飲んではダメな禁忌のハーブティー

2019-10-09
aroma & herbs
授乳中のママへ。おすすめ&飲んではダメな禁忌のハーブティー


授乳中のママはカフェインがNGなので、飲み物に気を使いますよね。ノンカフェインのハーブティーの中には、母乳の出がよくなるものや、コーヒーの代わりになるハーブティー、乳腺炎を予防してくれるハーブティーなど、授乳中のママにおすすめのハーブティーがいっぱいあります!

また、母乳過多のママにおすすめのハーブティーや、授乳中に飲んではダメな禁忌とされるハーブティーもあるので、一緒に見ていきましょう。

AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターで、JHTA認定ハーブセラピストのhiromiが、ハーブ初心者の方にもわかりやすく解説いたします。

鉛筆アイコン 4 更新



アロマテラピー検定無料問題集をダウンロード


母乳の出が良くなる!「ラズベリーリーフ」のハーブティー





「ラズベリーリーフ」は「安産のハーブ」とも呼ばれていて、出産準備、母乳の出を良くする、産後の母体回復、産後のネガティブな気持ちを落ち着かせてくれるといった効果が期待できます。妊娠後期から授乳中のママにおすすめのハーブティーです。フランボワーズの香りとシングルでも飲みやすいお味で、ハーブティー初心者の方でもチャレンジしやすいです。

他にも生理痛、月経前症候群(PMS)など、女性の身体をサポートする様々な働きを持っている「ラズベリーリーフ」のハーブティーは、女性にとってまさにお守りのような存在といえます。





サラサラの母乳を作るなら!「ネトル」のハーブティー





母乳が何から作られているかご存知ですか? そう、ママの血液ですよね。乳房の乳腺に張り巡らされたたくさんの毛細血管から、血液に溶け出ている栄養素が浸透して母乳になります。つまり、母乳の元になる血液はとても大事だということ。

その血液をサラサラにしてくれるのが、「ネトル」というハーブティーです。「ネトル」にはビタミンや鉄分、カルシウムなどのカルシウムが豊富に含まれていて、血液を作る造血作用、血液をキレイにする浄血作用があり、血管壁を丈夫にするフラボノイドを含んでいることから、血液をサラサラにする効果があると言われています。

「ネトル」のハーブティーは、緑茶のような風味で、1種類でシングルティーとしても楽しめます。





乳腺炎におすすめ!「カモミール」のハーブティー





ハーブティーの定番である「カモミール」は、学名を「Matrica chamomilla」といいます。Matricaとは、ラテン語のmatrix(子宮)が語源になっていて、古くから婦人病に用いらてきました。

代表的な産後の母乳トラブルといえば、乳腺が詰まって炎症が起こることで、痛みや発熱が起こる「乳腺炎」ですよね。「カモミール」は炎症を鎮める消炎作用に優れていて、乳腺炎の予防や、乳腺炎による腫れなどの炎症を鎮める効果が期待できます。


注意マーク 注意

チェックボックスアイコン キク科の植物にアレルギーがある方はご注意ください。

チェックボックスアイコン 子宮を収縮させる作用があるため、妊娠中は飲まないでください。







母乳過多のママにおすすめ!「セージ」のハーブティー





「セージ」のハーブティーは、古くから母乳の分泌を抑えるために使用されてきました。母乳が出ないのも困りますが、母乳が出すぎてしまうと乳腺炎になりやすく、大変ですよね。「セージ」は、そんな母乳過多のママにおすすめのハーブティー です。少し風味が独特なので、ブレンドで少量使用するのがおすすめです。

母乳過多には、先ほどご紹介したジャーマンカモミールのハーブティーもおすすめです。


注意マーク 注意

チェックボックスアイコン 妊娠中は使用しないでください。

チェックボックスアイコン 長期の使用には注意が必要です。







コーヒー好きのママにおすすめ!「ダンディライオンルート」のハーブティー





「ダンディライオンルート」とは、西洋タンポポの根っこを煎ったハーブティーです。「たんぽぽコーヒー」と言った方がわかりやすいかもしれませんね。とても香ばしく、コーヒーが好きだけど授乳中で飲めないママにおすすめです。ノンカフェインなので、授乳中でもストレスなくコーヒーの風味が楽しめます。

同じ西洋タンポポの「」を使用した「ダンディライオンリーフ」というハーブティーもありますが、たんぽぽコーヒーとして飲むのであれば上記の「ダンディライオンルート」をご利用ください。


注意マーク 注意

チェックボックスアイコン 胆管の障害、重篤な胆嚢炎、腸障害がある方は使用を避けてください。

チェックボックスアイコン キク科の植物にアレルギーがある方はご注意ください。







産後&子育て中のママをサポートしてくれるおすすめのブレンドハーブティー




出産後の回復をサポート!おすすめのブレンドハーブティー

チェックボックスアイコン ネトル 大さじ1

チェックボックスアイコン ラズベリーリーフ 大さじ2

チェックボックスアイコン ローズヒップ 大さじ1



出産後の子宮の回復を助けてくれるラズベリーリーフに、造血作用で知られるネトル、ビタミンCなど高い栄養価を誇るローズヒップをブレンドしたハーブティーです。ブレンドすることでハーブティーがよりおいしくなることはもちろん、相乗効果が高まります。栄養補給しながら身体を回復させて、美しさにも磨きをかけたい産後のママにおすすめのブレンドです。




母乳の出を良くしてくれるおすすめのブレンドハーブティー

チェックボックスアイコン ネトル 大さじ1

チェックボックスアイコン ラズベリーリーフ 大さじ2

チェックボックスアイコン ローズヒップ 大さじ1

チェックボックスアイコン フェンネル 大さじ1/2

チェックボックスアイコン ミルクシスル 大さじ1



先ほどのブレンドに、母乳の出を良くするハーブとしてヨーロッパで広く親しまれているフェンネルとミルクシスルをプラス。産後から授乳中のママまで幅広くサポートしてくれます。ハーブティーを飲むタイミングは、授乳後がおすすめです。





授乳中に飲んではダメ!禁忌のハーブティー





チェックボックスアイコン 自然の甘味料として、甘さのあるハーブティーに仕上げたいときに使用される「リコリス」ですが、授乳中は使用しないでください。





チェックボックスアイコン 「セージ」は母乳の分泌を抑制する目的で使用されるハーブのため、母乳の出を良くしたい方はお飲みにならないでください。






チェックボックスアイコン ハーブティーはノンカフェインということで知られていますが、「マテ」にはカフェインが含まれています。妊娠中・授乳中の方はご注意ください。



ハーブティーの中には子宮を収縮する作用があるため、妊娠中は禁忌とされているハーブティーがあります。また、「母乳の出を良くするハーブティー」「母乳の出を抑えるハーブティー」もあるので、自分の体質にあった種類を選ぶようにしましょう。

心配な場合は、ハーブの専門店「エンハーブ」のオーダーメイドがおすすめです。ハーブの知識を豊富に持ったスタッフが、目的や症状、好みの味覚にあわせてオリジナルのブレンドハーブティーを作ってくれます。

人気!エンハーブでオリジナルブレンドのハーブティーをオーダーメイド&値段

ハーブの専門店「エンハーブ」では、カウンセリングの上、自分の体質や味覚など、希望にあったオリジナルブレンドのハーブティーをオーダーメイドしてくれるサービスが人気です。エンハーブのオーダーメイドの流れや、値段についてご紹介します。自分だけのオリジナルブレンドハーブティーを作ってもらいたいという方は、ぜひご覧になってくださいね!







ハーブティーの入れ方



ハーブティーの入れ方で普通のお茶と違うのは、煮出さないことです。ハーブティーは緑茶や紅茶と同じように、お湯を茶葉に注いで抽出します。

JHTA認定ハーブセラピストのhiromiが、おいしくハーブティーを飲むためのコツをご紹介します!



箇条書き丸数字1 ティーカップに熱湯を注ぎ、温めておく。

箇条書き丸数字2 ティーカップ1杯(約120ml程度)に対してティースプーン1杯のドライハーブをティーポットに入れる。

箇条書き丸数字3 95〜98℃のお湯(沸騰後に火を止め、一呼吸置いた程度)を注ぐ。

箇条書き丸数字4 ティーポットに蓋をして、花など柔らかいものは3分、実など固いものは5分抽出する。

箇条書き丸数字5 1のティーカップのお湯を捨て、そこに4で抽出したハーブティーを注ぐ。

箇条書き丸数字6 残った茶葉は苦味成分が出てしまうため、取り除いておく。




ハーブティーを抽出する際、蓋に水滴が付着します。この水滴にもハーブの成分が含まれているため、蓋を開けたら水滴をティーポットに戻し、それからハーブティーをティーカップに注ぎましょう。

おしゃれな茶器や、アイスのハーブティーの入れ方、作り置き、ハーブティーを飲むタイミングなどは、こちらの記事に詳しくまとめています。

ハーブセラピストが教えるおいしいハーブティーの入れ方&おしゃれな茶器

おいしいハーブティーの入れ方と、SNS映えするおしゃれな茶器をご紹介します。暑い時期にぴったりのアイスハーブティーの入れ方や、「ハーブティーって作り置きできるの?」「ハーブティーの1日の摂取量は?」といったよくあるご質問にもお答えします。







まとめ



「ハーブティーはノンカフェインで授乳中にも安心して飲める」と紹介されることも多いですが、母乳の出を良くする、あるいは母乳の出を抑える作用を持つハーブティーや、カフェインを含むハーブティーもあります。ご自身の身体にあったものを選んで、不安なことも多い産後の生活を快適にお過ごしくださいね。

また、ハーブは妊娠中から生活に役立てることができます。現在妊娠中の方には、こちらの記事がおすすめです。妊娠中のリラックスタイムや、妊娠線の予防にお役立てください。

妊娠中に妊婦が飲んでいいハーブティー&良くないハーブティー

ハーブティーはカフェインを含まない飲み物として、妊娠中の妊婦に勧められることもありますが、カフェインを含むハーブや、妊娠中は禁忌とされているハーブもあります。妊娠中に妊婦が飲んでいいハーブティー&良くないハーブティーと、妊娠中に禁忌のハーブティーを飲んでしまったらどうすればいいのかをご紹介します!



妊娠線予防に!オーガニックカレンデュラオイルの作り方

妊娠線予防にカレンデュラオイルを手作りしてみませんか? 作り方はとっても簡単。オーガニックの植物油に、ドライのカレンデュラを浸すだけ。妊娠線ができる原因、妊娠線ができやすい人の特徴、いつから妊娠線予防のケアを始めればいいのか、妊娠線を消す方法はあるのか、カレンデュラオイルの使い方など、妊婦さんが気になる情報をまとめてご紹介します。


アロマテラピー検定無料問題集をダウンロード

ハーブハーブティー妊娠とハーブ・アロマ



AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi
AEAJ認定アロマテラピー教室
Relakuheal主宰
hiromi

Relakuhealのツイッター Relakuhealのインスタグラム Relakuhealのココナラ

AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクター、アロマハンドセラピスト、ナチュラルビューティスタイリスト
JHTA認定ハーブセラピスト


「アロマテラピーとライフハックでワクワクの毎日」をモットーに、心身を整えるアロマとハーブの情報や、日常をちょっと豊かにするアンガーマネジメント・手帳術・引き寄せなどのライフハックをブログで発信。皆様の「自分らしく生きる」「やりたいことをやる」気持ちを応援しています!3才の男の子を育てるシングルマザーで現在妊娠中。


運営者情報・当ブログについて

プライバシーポリシー

お問い合わせ



Comments 0

There are no comments yet.
aroma & herbs
lifehack
work
download