menu
Relakuheal

更年期対策に!イライラ、汗、うつで悩む女性におすすめのハーブティー

更年期対策に!イライラ、汗、うつで悩む女性におすすめのハーブティー


こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。私はJHTA認定ハーブセラピストでもあり、初心者の方にも気軽に「ハーブのある生活」を楽しんでいただこうと、様々な提案をしています。

更年期によるイライラ、汗、うつ、ホットフラッシュでお悩みの女性の皆様。自律神経&ホルモンバランスを整えるハーブティーで更年期対策しませんか?

更年期におすすめのハーブティーやブレンドをご紹介します。




更年期とは



更年期とは、ホルモンバランスが変化する40代半ば〜50代半ば頃の女性に表れる身体や心の様々な症状のことで、女性の生理がおよそ1年間来ない閉経の前後5年、約10年間に起こります。

更年期は、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に減少することが関係しています。

通常、脳がエストロゲンを出すように命令すると、卵巣からエストロゲンが分泌されます。しかし、閉経の前後5年はエストロゲンが減少しているため、この命令がうまく働かず、脳のホルモン司令中枢である視床下部が混乱してしまいます。さらに、同じ視床下部に中枢のある自律神経系も、混乱しやすくなるのです。

その結果、イライラしやすくなったり、疲労が出やすくなったりするなど、心身の不調につながります。このような原因となる病気が見つからない体調不良のことを、「不定愁訴」と言います。そして、症状が重く、日常生活に支障を来す状態や、病院での治療が必要な状態を「更年期障害」と言います。





更年期の症状をチェック!



更年期によく見られる症状は、以下のとおりです。



チェックボックスアイコン 疲れやすい

チェックボックスアイコン 肩こり

チェックボックスアイコン 不眠

チェックボックスアイコン めまい・頭痛

チェックボックスアイコン イライラする

チェックボックスアイコン 落ち込みやすくなる

チェックボックスアイコン やる気が起きない

チェックボックスアイコン 不安感

チェックボックスアイコン のぼせ

チェックボックスアイコン 顔がほてる

チェックボックスアイコン 発汗

チェックボックスアイコン 腰や手足の冷え




特に、急にのぼせたり、顔がほてったり、汗がとまらなくなったりする症状のことを「ホットフラッシュ」と言います。

ただし、更年期障害には個人差があり、一人ひとり症状も異なります。似たような症状でも、別の病気が原因の場合もあるため、ご注意ください。





ハーブティーで更年期対策をするには



ハーブティーは食品であり、薬ではありません。そのため、即効性はなく、効果を実感できるようになるには、1日に3〜4杯のハーブティーを、3ヶ月飲み続ける必要があります。これには、人間が1日に必要な水分の摂取量と、細胞が生まれ変わるサイクルが関係しています。




1日に必要な水分量

チェックボックスアイコン 人間は1日に平均2.5リットルの水分を排出している。

チェックボックスアイコン 食事で摂取する水分は約700ミリリットル。

チェックボックスアイコン 体内で食べ物を分解してエネルギーに換える際に生まれる水分は約300ミリリットル。

チェックボックスアイコン 残り1.5リットルの水分をハーブティーで摂取できればOK!






細胞が生まれ変わるサイクル

チェックボックスアイコン 人間の身体を構成する細胞は200種類以上、約60兆個。

チェックボックスアイコン 細胞は常に代謝し、3ヶ月で生まれ変わる。

チェックボックスアイコン 1ヶ月で肌の細胞が生まれ変わる=身体の中に溜まったものをリセット。

チェックボックスアイコン 2ヶ月目はリセットされた身体にハーブの力が吸収される期間。

チェックボックスアイコン 3ヶ月目はハーブによる健康・美容作用を実感できる期間。





1日に3〜4杯のハーブティーを、3ヶ月飲み続けると聞くと、最初は難しく感じるかもしれません。しかし、毎日飲むお茶をハーブティーに置き換えるだけで、無理なく続けられます。まずは1ヶ月を目標に頑張り、続けられたらもう1ヶ月、また1ヶ月……と繰り返すうちに、簡単に習慣化できます。その頃には心身の変化を感じていることでしょう。

これは東洋医学でも言われていることですが、心と身体は密接に関係しています。心が疲弊していると、食欲がなくなります。反対に、身体がしんどいときは、心もちょっとしたことに敏感になりがち。どちらか一方が回復すればいいというわけではなく、両方のバランスを取ることが大事です。これを「恒常性の維持」と言います。

ハーブティーは、自律神経やホルモンバランスを整えるお手伝いをしてくれます。もちろん、辛いときは病院にかかることも大事ですが、まずはハーブティーで自分の心身を整えることから始めませんか?





更年期対策におすすめのハーブティー





イライラする、緊張感が続いていてリラックスしたい、心身のストレスを和らげたい、ぐっすり眠りたい。更年期特有のそんなお悩みにおすすめのハーブティーが、鎮静作用があるジャーマンカモミールです。ハーブティーの中でも定番なので、飲みやすいです。


注意マーク 注意

チェックボックスアイコン キク科のアレルギーがある方は、ご注意ください。







ハイビスカスは、美しいルビー色が特徴のハーブティーです。沖縄のハイビスカスの花と混合されますが、実はまったくの別物。

クエン酸やハイビスカス酸による爽やかな酸味が、新陳代謝を高めて、肉体疲労を癒してくれます。高血圧など生活習慣病に対する働きも注目されているハーブティーです。更年期の疲れやすい身体におすすめ。





心身の機能を活発にする賦活作用と、神経を鎮める鎮静作用がの両方を兼ね備えたペパーミントは、更年期対策におすすめのハーブティーです。清涼感のある爽やかな香りで、飲むとスッキリします!





不安、緊張、イライラを感じやすく、不眠のトラブルもある更年期には、レモンバームのハーブティーがおすすめ。不安定な精神状態を優しく落ち着かせてくれます。





更年期のストレス、イライラ、緊張におすすめのオートムギのハーブティーです。精神を安定させる作用、鎮静させる作用があります。また、滋養強壮にも優れているため、肉体面・精神面両方の回復に効果が期待できます。





和名はベニバナ。口紅や頬紅の原料として使用されてきました。

体内の循環を良くして、更年期の症状にも効果を発揮すると言われているおすすめのハーブティーです。


注意マーク 注意

チェックボックスアイコン 妊娠中は使用しないでください。

チェックボックスアイコン 出血性疾患、消化性潰瘍のある方は使用いないでください。

チェックボックスアイコン キク科のアレルギーがある方は、ご注意ください。







緊張、不安などストレスを緩和して、神経を強壮してくれるハーブティーです。更年期特有の気持ちの揺れ、うつの症状を癒してくれます。また、ストレスによる不眠や頭痛にも有効です。





うつ状態や、神経の疲労など、精神面のストレス緩和に用いられるハーブティーです。更年期の沈みがちな気分におすすめ。


注意マーク 注意

チェックボックスアイコン MAO阻害薬との相互作用の可能性があります。

チェックボックスアイコン インジナビル(抗HIV薬)、ジゴキシン(強心薬)、シクロスポリン(免疫抑制薬)、テオフィリン(気管支拡張薬)、ワルファリン(血液凝固防止薬)、経口避妊薬を服用中の方は使用しないでください。

チェックボックスアイコン 飲用後に直射日光に当たると、日光のアレルギーに反応する場合があります。







女性ホルモンのバランスの乱れによるさまざまな症状におすすめのハーブティーです。もちろん、更年期対策にも。


注意マーク 注意

チェックボックスアイコン 妊娠中は使用しないでください。

チェックボックスアイコン 経口避妊薬との併用には注意が必要です。







精神を鎮める作用があるハーブティーです。更年期の緊張や不安を和らげて、イライラを鎮めてくれます。また、考え事が頭から離れなくて眠れないとき、眠りが浅いと感じるときにもおすすめです。





更年期による緊張や不安、興奮を和らげてくれるハーブティーです。ストレスによる就眠障害や、神経性頭痛にもおすすめ。





鎮静作用に優れたハーブティーです。不安や緊張、イライラを鎮めて精神的疲労を癒し、安眠へと導いてくれます。更年期対策におすすめ!





女性ホルモンのエストロゲンに似た作用の成分を含んでいます。そのため、エストロゲンの減少が原因の更年期の症状緩和にもおすすめのハーブティーです。


注意マーク 注意

チェックボックスアイコン 妊娠中は使用しないでください。







鎮静作用があるハーブティーです。更年期による興奮や神経の昂ぶり、イライラを鎮めてくれます。





ローズの優雅な香りは女性に人気ですよね。更年期の張り詰めた神経を和らげ、ゆったりとした気持ちにしてくれるハーブティーです。女性の美容にもおすすめ!





更年期対策におすすめ! ブレンドハーブティー



ハーブティーは単品でもお飲みいただけますが、ブレンドすることで相乗効果が期待できます。また、味や香りが整うといったメリットも。




更年期の症状緩和に

チェックボックスアイコン オートムギ……大さじ1

チェックボックスアイコン レッドクローバー……大さじ2

チェックボックスアイコン ローズレッド……大さじ1

チェックボックスアイコン (お好みで)セージ……大さじ1

チェックボックスアイコン (お好みで)ラベンダー……大さじ1/2



精神を安定させる作用、鎮静作用があるオートムギ、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用の成分を含むレッドクローバー、神経を和らげてくれるローズレッドのブレンドで、更年期の症状を精神面からも肉体面からもサポートしてくれます。

さらに、更年期の症状であるのぼせや汗といったホットフラッシュにお悩みの女性は、制汗作用があるセージと、リラックス効果によりストレスを緩和してくれるラベンダーのブレンドがおすすめです。




更年期特有の気分の揺れに

チェックボックスアイコン パッションフラワー……大さじ1

チェックボックスアイコン ラズベリーリーフ……大さじ2

チェックボックスアイコン レモンバーム……大さじ1

チェックボックスアイコン (お好みで)チェストツリー……大さじ1/2

チェックボックスアイコン (お好みで)ラベンダー……大さじ1/2



緊張や不安を和らげてくれるパッションフラワー、女性の身体をサポートしてくれるラズベリーリーフ、揺らぐ気持ちを鎮めてくれるレモンバームのブレンドです。更年期による不安定な気持ちを、リラックスした状態へと誘ってくれます。

また、チェストツリーはホルモンバランスの乱れが原因の症状緩和に有効で、ホルモンの分泌を調整する作用があり、更年期の気分の揺れにおすすめのハーブティーです。ただし、独特の苦味と風味があるので、入れすぎないようにしてください。

ラベンダーの香りはリラックス効果に優れていて、心を癒してくれるのでおすすめです。





まとめ



イライラ、汗、うつなど、更年期はいずれ女性に訪れる人生の通過点。ハーブティーでしっかりと心身をサポートし、快適に過ごしたいものですね。

また、更年期には適度な運動も効果的です。症状が辛いときは放置せずに病院へ。

ハーブセラピストが教えるおいしいハーブティーの入れ方&おしゃれな茶器

おいしいハーブティーの入れ方と、SNS映えするおしゃれな茶器をご紹介します。暑い時期にぴったりのアイスハーブティーの入れ方や、「ハーブティーって作り置きできるの?」「ハーブティーの1日の摂取量は?」といったよくあるご質問にもお答えします。



おいしさを保つ!ハーブティーの茶葉の保存方法と保存期間(賞味期限)

こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。私はJHTA認定ハーブセラピストでもあり、初心者の方にも気軽に「ハーブのある生活」を楽しんでいただこうと、様々な提案をしています。ハーブティーをおいしく飲むために、茶葉を保存する方法と、保存期間(賞味期限)についてご紹介します。「ハーブティーは100均の容器や瓶でも保存できるの?」「ハーブティーは冷蔵庫で保管した方がいいの?」「保存期間(賞味期限)が切れた後のハーブティーの活用法が知りたい!」という方も、ぜひご覧になってください。



自分で作るオリジナルブレンドハーブティー!おすすめの組み合わせ&注意

シングルのハーブティーもおいしいですが、せっかくなら自分でオリジナルブレンドのハーブティーを作ってみませんか? ブレンドハーブティーをおすすめする理由、おいしいブレンドハーブティーを作るコツや、組み合わせ方、目的別のおすすめハーブティー、ブレンドハーブティーを作るときの注意点などをご紹介します。




RECOMMEND




LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment