menu
Relakuheal

アロマテラピー検定1級2級に落ちた!不合格になる人の6つの特徴

shock-2757395_1920.jpg



アロマテラピー検定は1級2級ともに合格率が90%で、受験された方のほとんどが合格します。しかし10%の人が不合格になっているとも言えます。

なぜ落ちてしまったのかーー

理由がわかれば対策ができます。そうすれば次回の試験で合格することもできます。

アロマテラピー検定を「なんとなく」受けただけであれば落ちてもショックではないでしょう。けれど「アロマが好き」「アロマ関係のお仕事をしている」または「将来アロマセラピストや講師を目指したい」という方にとってはアロマテラピー検定は自分の夢を叶えるための「入り口」であり、夢への1歩目から躓いてしまった現実や自分自身への落胆は大きなものだと思います。

子供を育てながら一発でアロマテラピー検定1級に合格し、1年後には夢だったAEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターになったhiromiが、アロマテラピー検定1級2級に落ちてしまった方のために、不合格になる人の6つの特徴をまとめました。解決策も書いていますので、次回のアロマテラピー検定では今度こそ合格できるようにがんばりましょう!



※こちらの記事はに加筆修正いたしました。




アロマテラピー検定に落ちた=終わりではない!



この記事をご覧いただいているということは、恐らくアロマテラピー検定に落ちてしまった方かと思われます。今は落ちたショックや恥ずかしさが大きいかもしれません。合格率90%と聞けば「誰でも合格できる簡単な試験」のような印象を受けますし、ネットを見てみると「独学で3日しか勉強しなかったけど合格した」なんていう人もいます。

けれど誤解していただきたくないのは、アロマテラピー検定は決して勉強なしで解けるような常識問題ではなく、アロマに関する知識がなければ解けない問題が多いということです。例えば…。


揮発性有機溶剤抽出法で精油を製造する際に、天然のワックス成分を含んだ半固形状のコンクリートが得られ、それをエタノールで分離し、さらにエタノールを取り除いて抽出したものをアブソリュートと言い、ジャスミン・アブソリュート精油やローズ・アブソリュート精油が当てはまる」


こういったことは学校ではまず習いません。テキストで勉強する必要があります。独学で3日勉強しただけで合格したという方は短期間でこれを理解し、記憶できたのでしょう。もしかしたらすでにアロマ関係のお仕事をされていて、ご存知だったのかもしれません。また、独身の実家暮らしの方と、小さなお子さんがいる主婦では同じ3日間でも勉強に当てられる時間が違います。

ですので、「合格された方たちと比べて自分は…」と比べる前に、「なぜ落ちたのか」を考え、次回合格するにはどうすればいいのかを対策しましょう! 試験は年に2回あります。そして1回落ちたとしても、再挑戦できます! 夢を諦める必要はありません。





アロマテラピー検定で不合格になる人の特徴①欠席、遅刻



私はアロマテラピー検定、アロマテラピーインストラクター、アロマセラピストと立て続けに試験を受けましたが、どの会場でも欠席者はいました。それも1人や2人ではありません。試験を欠席した場合、返金はされませんし、次の試験に振り返ることもできず不合格となります。

また、アロマテラピー検定では途中入室は認められていません。遅刻をした場合は受験できず、こちらも不合格となります。

当たり前のことを言っているように聞こえるかもしれませんが、まず合格するためには遅刻や欠席をしないことです。



memo.png 遅刻や欠席をしないために

チェックボックスアイコン 前日は早く寝る。
チェックボックスアイコン 体調管理に気をつける。
チェックボックスアイコン 子どもが熱を出してしまった時に預けられるところを確認しておく。(夫、両親、病児保育、ベビーシッター)
チェックボックスアイコン 試験の日時、会場へのアクセスを事前に確認しておく。
チェックボックスアイコン 忘れ物をしないように、前日に準備しておく。
チェックボックスアイコン 電車が遅延しても間に合うように余裕を持って家を出る。
チェックボックスアイコン 交通系ICカードのチャージは前日までに済ませておく。
チェックボックスアイコン 最寄駅に着いたら会場までの道を確認しておく。
チェックボックスアイコン 試験時間まで別の場所で待機する場合は、アラームをセットしてうっかりミスを防ぐ!



小さなお子さんがいる方はご自身だけでなく、家族が病気になったときのことも考えて、預けられる場所や料金、申し込み方法なども確認しておきましょう。(私はシングルマザーで頼れる両親もいないため、ここがすごく大事!)

時間ギリギリに会場に到着できたとしても、気持ちが焦ってしまっては本領発揮できないので、遅刻を防ぐためにできることは全て準備しておくと安心です。今回落ちた理由が遅刻や欠席でない方も、次回の試験では「万が一」に備えることで合格率を上げましょう!





アロマテラピー検定で不合格になる人の特徴②名前などの書き忘れ、記入ミス



アロマテラピー検定では名前や誕生日、席番号、受験番号などを自分で書く欄が二箇所あります。解答用紙問題用紙です。これらは両方提出しないと不合格になりますが、記入漏れがあっても当然不合格になります。

試験当日は緊張しているかと思いますが、試験官からどこに何を書くのか説明がありますので、冷静に案内を聞き、指示に従いましょう。



memo.png名前などの書き忘れ、記入ミスを防ぐために

チェックボックスアイコン 焦らず、緊張せず、試験管の説明をよく聞く。
チェックボックスアイコン 書く欄を間違えていないか確認する。
チェックボックスアイコン 数字、漢字など記入に間違いがないか確認する。



こちらは当日、冷静に落ち着いていれば対処できます。うっかりミスを防いで合格率アップ!





アロマテラピー検定で不合格になる人の特徴③マークシートの解答がずれる



アロマテラピー検定はマークシート方式での解答となります。四択から正しい答えを選んで塗りつぶすだけなので、漢字で正しく書けなくてもいいですし、答えが分からなくても勘で埋めることもできます。

ただ、いくら正しい答えが分かっていても、塗りつぶす場所を間違えては意味がありません。



memo.pngマークシートの解答でミスをしないために

チェックボックスアイコン 解答する場所を間違えない。
チェックボックスアイコン 問題を解き終わったらもう一度確認する。
チェックボックスアイコン 事前にマークシート用紙を使って解答し、慣れておく。



私は実際に試験で解答が1問ずれたまま問題を説き続け、途中で間違いに気が付いて慌てて書き直した…という人の話を聞いたことがあります。試験は緊張するもの。すると普段はしないようなミスをすることがあります。慌てず落ち着くことが合格への道!





アロマテラピー検定で不合格になる人の特徴④塗りつぶせていない、消せていない、答えていない



マークシートは解答を機械で読み取るため、枠の中を濃く、完全に塗りつぶす必要があります。そして解答を間違えた場合は、消しゴムで丁寧に消す。これらも当たり前のことですが、読み取れなければ無記入と一緒ですので注意しましょう。



memo.png塗りつぶせていない、消せていない、答えていない

チェックボックスアイコン 指定の濃さの鉛筆またはシャーペンを使用する。
チェックボックスアイコン 見本を参考に、正確に塗りつぶす。
チェックボックスアイコン 筆圧が弱い人は濃く塗りつぶすことを意識する。
チェックボックスアイコン 間違えたら綺麗に消す。
チェックボックスアイコン わからない問題でも適当に答える!



無記入、もしくはそれと同じ状態にならないように気をつけるだけで合格が近づきます!





アロマテラピー検定で不合格になる人の特徴⑤緊張して実力が出し切れなかった



試験の雰囲気って独特ですよね。朝は平気だったのに、会場に入って他の人が緊張しているのを見た途端、空気感染したみたいに緊張してしまうこともあります。特に東京などの大都市で行われる試験は、かなり人が多いですし、男性の場合周りが女性だらけで圧倒されてしまうかもしれません。

緊張しやすい人だと会場の雰囲気に飲まれて、いつもなら答えられていた問題でも頭の中が真っ白になって分からなくなることもあるでしょう。緊張を解くにはいくつか方法があるのでご紹介しますね。



memo.png 緊張しないために

チェックボックスアイコン これまでの勉強で利用してきたシャーペンや鉛筆、消しゴムを試験でも使う。
チェックボックスアイコン 愛用している腕時計をお守りがわりに身につける。
チェックボックスアイコン お気に入りの精油を持って行き、トイレなどで嗅ぐ。
チェックボックスアイコン カフェや移動中にお気に入りの曲を聴く。
チェックボックスアイコン 子どもやペットの写真を見て癒される。
チェックボックスアイコン イメージボードを作って、アロマテラピー検定に受かった後どうなりたいかをイメージする。
チェックボックスアイコン 大きく深呼吸する。
チェックボックスアイコン 前日は早めに寝て、当日は早めに起きてしっかり食べ、頭をフル回転させる。
チェックボックスアイコン アロマテラピー検定を併願で受験し、2級で試験の雰囲気に慣れてから1級を受ける。



自分に合いそうなものを選んで試してみてくださいね。





アロマテラピー検定で不合格になる人の特徴⑥勉強しなかった



合格率90%だから誰でも解ける簡単な問題が出ると思って勉強しなかったーーこの場合、かなりの確率で落ちると思います。たとえアロマセラピストとしてすでに活躍していたとしても、どのような問題が出るのか知らずに受験すると答えられない問題もあるかと思います。

幸い、2019年からAEAJでは初となる公式問題集が発売されました。それまでは市販の問題集しかなく、問題の内容も出版会社によって違いましたが、公式の問題集が出たことで出題傾向がよりわかりやすくなりました! これは絶対に買うべきです!







memo.png 勉強について

チェックボックスアイコン 公式の問題集が発売されたことで出題傾向がわかりやすくなった。絶対買う!
チェックボックスアイコン 最初にいきなり模擬試験を解けば試験の内容を理解した上で勉強できる。
チェックボックスアイコン 問題集で間違えたところは印をつけ、解けるようになるまで繰り返し解く。
チェックボックスアイコン 印がたくさんついた問題は、自分の苦手分野!



2018年までに不合格となった方は、もう一度テキスト&問題集を買うことになりますが、それだけの価値はあります。何といっても公式です。これさえ解いておけば大丈夫、という内容になっています。不合格になったときにご自身が「出る!」と思って勉強していたところと、AEAJが「こういうの出すよ!」と思っているところにズレがあったのがわかるかと思います。出ない問題を一生懸命覚えても点にはなりません!



memo.png アロマテラピー検定対策講座のご案内

Relakuhealでは東大和・武蔵村山・立川・吉祥寺・所沢のカフェアロマテラピー検定の対策講座を行なっています。個人レッスンですので、ご自身のペースにあわせて勉強できますし、質問しやすい雰囲気です。好きなドリンクを飲みながら、リラックスして受けてくださいね。

講師はAEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。



日時平日・土曜日の9時〜17時
場所東大和・武蔵村山・立川・吉祥寺・所沢のカフェ
回数2級/全5回(1回90分)
1級/全10回(1回90分)または全5回(1回180分)
フリーレッスン/1回完結(60分)
料金¥3,500〜¥41,500
※受講料にはレッスン代、公式テキスト代、アロマクラフト代が含まれます。(フリーレッスンを除く)
※フリーレッスンのテキストはご自身でご用意ください。
※カフェ開催のため別途ご自身の飲食費が発生します。
お子様同伴OK!
※お申し込み時にお子様の年齢と人数をお教えください。
お申し込みネット予約はこちら!
お問い合わせレッスンのお問い合わせはこちら!




お子様の同伴OKです。途中でお子様がぐずっても大丈夫。私も当時1歳の子を1人で育てながらアロマテラピー検定を受験しました。その後、全ての検定・資格を一発で合格し、AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターになりました。

不安なことなどあればお気軽にご相談ください。→レッスンのお問い合わせはこちら!

また、お子様が小さく思うように外出できない、場所が遠いという方にはSkypeを利用したオンラインレッスンも行なっています。ご検討ください。





まとめ



不合格だった方は、恐らく落ちたことそのものよりも、90%の合格率なのに落ちてしまった自分にがっかりしているのかもしれませんね。でもあまり自分を責めすぎないでください。

まずは一度思いっきり気分転換をして、それから自分の気持ちと向き合いましょう。まだ心の中にアロマテラピー検定に合格したい! という気持ちが残っているようなら、もう一度挑戦してみましょう。

諦めなければ大丈夫ですよ、まだ終わっていません。Relakuhealも応援していますね!
関連記事


ABOUT ME

Relakuhealhiromi
AEAJ認定アロマセラピスト
JHTA認定ハーブセラピスト

自分の存在を否定される日々から一転、実践的な「引き寄せの法則」で次々と夢を叶え憧れのアロマセラピストに。「アロマと引き寄せでワクワクの毎日♡」をモットーに今をより良く生きるためのヒントを発信しています。

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment