Relakuhealアロマテラピーとライフハックでワクワクの毎日

おいしいハーブティーソーダの作り方

2020-01-01
aroma & herbs
おいしいハーブティーソーダの作り方


ハーブティーはソーダ(炭酸)で割れば、シュワシュワのすっきりとした感覚も楽しめて、さらにおいしいです!

AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターでJHTA認定ハーブセラピストのhiromiが、おいしいハーブティーソーダの作り方をご紹介します。ぜひおうちで作ってみてくださいね。


ハーブティーソーダとは



ハーブティーは、ハーブの花や葉、実などから抽出するため、お湯を使います。このとき、濃い目に抽出し、氷を入れて冷やせばアイスのハーブティーとして飲むことができます。(メーカー・ブランドによっては、水出しに対応したハーブティーも販売されています。)

ハーブティーソーダとは、ハーブティーをソーダ(炭酸)で割ったものです。シュワシュワのソーダに、ハーブの風味が加わって、夏はもちろん、つわりで辛い妊娠初期などスッキリとした口当たりの飲み物が欲しいときにもおすすめです。

ハーブティーはソーダの他にも、リンゴジュースやカルピスなどのジュース、ワインやウイスキーなどのアルコール類、緑茶など他のお茶で割ることもできます。ハーブの香りや味に他の飲み物が加わることで、これまでにないハーブティーの飲み方が楽しめます。





おいしいハーブティーソーダの作り方




ハーブティーソーダの材料

チェックボックスアイコン 濃い目のハーブティー(適量)

チェックボックスアイコン ソーダ(適量)

チェックボックスアイコン フルーツやフレッシュハーブ(お好みで)



基本の材料はたったの3つ! これだけでおいしいハーブティーソーダが作れます。ハーブティーの濃さや、ハーブティーとソーダの割合は好みで構いません。ハーブの風味を濃く感じたいのであればハーブティーを濃く&多く、シュワシュワ感を楽しみたいのであればソーダを多くしてください。

さらにお好みでレモンやオレンジ、リンゴなどのフルーツをカットしてグラスの縁に刺したり、飲み物に浮かべたりしてもおしゃれです。また、ミントなどフレッシュのハーブを添えるのもおすすめ。フレッシュのハーブは、スーパーで料理用として売られているものをご使用ください。(観賞用の園芸品種はお使いにならないでください。)




ハーブティーソーダの作り方

箇条書き丸数字1 ハーブティーを濃い目に抽出して冷ます。

箇条書き丸数字2 氷をたっぷり入れたコップに、先ほどのハーブティーを半分ほど注ぐ。

箇条書き丸数字3 ソーダを入れる。

箇条書き丸数字4 お好みでフルーツやフレッシュハーブを飾れば完成!



ハーブティーで使用するドライハーブは、ハーブの専門店で購入することができます。ブレンドハーブティーでも構いませんが、ハーブ1種類だけのシングルハーブティーなら、自分の好きなようにブレンドすることができます。

購入するハーブのブランドやメーカーに迷ったら、こちらの記事をご覧ください。

おすすめのハーブティーブランド・メーカー6選

店頭で直接購入できるお店や、ネットショップで気軽に買えるお店がありますので、用途にあわせてご利用ください。





ハーブティーの種類は好みのもので構いませんが、リンゴの風味がしてほのかに甘さのあるカモミールや、真っ赤な色が美しいハイビスカス、透き通るブルーのマロウブルーやバタフライピーなどがおすすめです。

ハーブティー65種類の効果効能一覧

ハーブティーには生理のトラブル、美肌、リラックス、花粉症、風邪など様々な効果効能があります。ハーブティーを飲むなら知っておきたいベーシックなものから応用まで、65種類のハーブティーの効果効能をわかりやすく一覧にまとめました。





ハーブティーを抽出する際は、ティーカップ1杯(約120ml程度)に対して、ティースプーン1杯のドライハーブが目安ですが、ハーブティーソーダでは濃い目に作りたいので量を増やしてください。

なお、ハーブの花や葉を使用する場合の抽出時間は3分、実など固いものを使用する場合の抽出時間は5分となります。濃い目にしたいからといって抽出時間を長くすると、ハーブの苦味成分が出ておいしくなくなるためご注意ください。

ハーブセラピストが教えるおいしいハーブティーの入れ方&おしゃれな茶器

おいしいハーブティーの入れ方と、SNS映えするおしゃれな茶器をご紹介します。暑い時期にぴったりのアイスハーブティーの入れ方や、「ハーブティーって作り置きできるの?」「ハーブティーの1日の摂取量は?」といったよくあるご質問にもお答えします。





また、フレッシュのハーブで抽出したい場合は、こちらの記事をご覧ください。

新鮮!フレッシュハーブティーのおいしい入れ方&保存

ドライのハーブティーに慣れてきたら、ぜひ試していただきたいのが、フレッシュ(生)のハーブを使ったハーブティーです。フレッシュハーブティーは、見た目がとても華やかで、ドライとはまた違った風味が楽しめます。フレッシュハーブが購入できるお店から、おいしいフレッシュハーブティーの入れ方、フレッシュハーブの保存まで詳しくご紹介いたします!







まとめ



ハーブティーに氷を加える際、味が薄まるのが心配でしたら、冷ましたハーブティーで作った氷を使用するのもおすすめです。

また、グラスやストローのデザインにもこだわってみてください。セリアやダイソーなどの100均に行けば、メイソンジャー風のグラスや、斜めストライプやドット柄のペーパーストロー、パステルカラーのかわいいストローなどが売られています。
ハーブハーブティー



AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi
AEAJ認定アロマテラピー教室
Relakuheal主宰
hiromi

Relakuhealのツイッター Relakuhealのインスタグラム Relakuhealのココナラ

AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクター、アロマハンドセラピスト、ナチュラルビューティスタイリスト
JHTA認定ハーブセラピスト


「アロマテラピーとライフハックでワクワクの毎日」をモットーに、心身を整えるアロマとハーブの情報や、日常をちょっと豊かにするアンガーマネジメント・手帳術・引き寄せなどのライフハックをブログで発信。皆様の「自分らしく生きる」「やりたいことをやる」気持ちを応援しています!3才の男の子を育てるシングルマザーで現在妊娠中。


運営者情報・当ブログについて

プライバシーポリシー

お問い合わせ



Comments 0

There are no comments yet.
aroma & herbs
lifehack
work
download