menu
AEAJ認定アロマテラピー教室
AEAJ認定アロマテラピー教室Relakuheal - アロマと引き寄せでワクワクの毎日

ハーブティーは一日何杯まで?一日の摂取量や作り置きについて

ハーブティーは一日何杯まで?一日の摂取量や作り置きについて


ハーブティーの効果効能を実感するには、3ヶ月ほど、毎日飲み続けることが大切です。しかし、一日何杯まで飲んでいいのか、一日の摂取量や飲みすぎ、作り置きや持ち歩きはできるのか、飲んだ後の出がらしの利用法など、気になることもたくさんありますよね。

そこで、楽しくハーブのある生活が続けられるように、AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターでJHTA認定ハーブセラピストのhiromiが、皆様の疑問にお答えします!




ハーブティーは一日何杯まで? 一日の摂取量



ハーブティーにはそれぞれデトックス効果や鎮痛作用など、様々な効果効能があります。お薬ではないので、即効性はありませんが、毎日飲み続けることで、およそ3ヶ月ほどで効果効能を実感できると言われています。ハーブティーで冷え性や花粉症などの体質を改善したい、症状を緩和したいという場合は、まずは1日1杯のハーブティーを飲む習慣をつけるところから始めてください。

このとき気になるのが、「ハーブティーは一日何杯まで飲んでいいのか」ということですよね。ハーブティーの一日の摂取量は、特に決まりはありませんが、起床後やお食事、お風呂上がりなど毎日の飲み物としてハーブティーをご利用いただいた場合、だいたい1日3~4杯程度にはなるかと思います。そのときの都合や体調にあわせて、自由に調整してみてください。大切なのは、「毎日飲み続けること」です。





ハーブティーの飲みすぎについて



ハーブティーのマテリコリスは、多量の使用に注意が必要です。シングルティー(1種類だけのハーブティー)で1日の適量を大幅に超える飲用量は避けましょう。

また、長期の飲用に注意が必要なハーブティーには、ジュニパーベリーセージマテリコリスなどがあります。

他にも、キク科の植物にアレルギーがある方や、持病をお持ちの方、妊娠中・授乳中の方なども、長期間の飲用はおやめになった方がいいハーブティーがありますので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

注意が必要なハーブティーまとめ。アレルギーと副作用、禁忌

ハーブティーは薬ではないので、緩やかに心身に働きかけ、バランスを整えてくれます。しかし、そんなハーブティーでも、妊娠中や授乳中のママ、病気があり治療中の方、アレルギーをお持ちの方など、体質によって注意が必要なハーブティーや、禁忌とされているハーブティーがあります。ハーブティーの飲み方を間違えると、副作用を引き起こすこともあるんです。注意が必要なハーブティーをまとめました。







ハーブティーの作り置きや持ち歩きはできるの?



ハーブティーを毎日の飲み物の代わりにすると言っても、毎回ハーブティーを作るのはちょっと大変ですよね。そんなときは、1日分を作り置きすることもできます。

ただし、防腐剤を使用していないハーブティーは、早めに飲みきることをおすすめします。また、時間が経つにつれて風味が変化し、渋みや苦味が感じられるようになるため、すぐに飲まない分は冷蔵庫で保存して、1日以内に飲み切るようにしてください。

お仕事や、お出かけの際には、タンブラーや水筒にハーブティーを入れて持ち歩くことをおすすめします。保温保冷機能がついたものなら、冬は暖かく、夏は冷たいハーブティーが外出先でも楽しめますし、茶こし付きならお手入れも楽です。





飲んだ後の出がらしの利用法



ハーブティーは、基本的に一煎しか飲みません。これは、ハーブが身体に働きかける成分が、1煎目でほとんど抽出されてしまうからです。

毎日大量の出がらしが残るとなると、ちょっともったいない気もしますよね。出がらしの利用法をご紹介します!



チェックボックスアイコン ハーブバス

ハーブティーの出がらしを再利用するなら、ハーブバスがおすすめです。出がらしを100均などで売られているティーバッグに入れて、お風呂に浮かべるだけで、ハーブのいい香りが浴室に広がります。入浴用の岩塩(バスソルト)と一緒に入れれば、温浴効果で身体がポカポカになります。

※ハイビスカスなど、色の濃いハーブティーは浴槽に色移りする恐れがあるため、ご注意ください。



チェックボックスアイコン スイーツ

ハーブティーの出がらしは、食べることもできます。ヨーグルトに出がらしをまぶしてはちみつをかければ、立派なデザートに。細かく刻んで、パウンドケーキやクッキーなど手作りお菓子に混ぜると、食べるたびに口の中にふわりとハーブの風味が広がります。



チェックボックスアイコン サシェ

ハーブティーの出がらしをよく乾かして、巾着袋に入れれば、サシェになります。枕元に置くと、リラックス効果でぐっすり眠れそう。また、クローゼットに吊るしたり、デスクの引き出しに忍ばせると、ふわりとハーブの香りが漂って心地よいです。お好みで精油を垂らしてもいいですね。



チェックボックスアイコン 肥料

ハーブティーの出がらしを土に撒いて自然に帰せば、肥料になります。植物の根元に近い部分を避けて撒くようにしてくださいね。





まとめ



ハーブティーは一日何杯まで飲んでいいのかといった一日の摂取量に関する決まりは特にありません。毎日の飲み物の代わりに飲用するとして、だいたい1日3~4杯程度を目安にして、都合や体調にあわせて調整してください。

ハーブティーは1日以内に飲みきれる量であれば、作り置きすることも可能ですし、仕事や外出先には、タンブラー、水筒に入れて持ち歩くこともできます。

ただし、ハーブティーの中には多量の使用や長期の飲用は避けた方が良い種類もあります。ご注意ください。

「3ヶ月飲み続けること」を目標に、まずは1日1杯から始めてみてくださいね!


RECOMMEND




LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、AEAJ認定アロマテラピー教室Relakuheal主宰hiromi

AEAJ認定アロマテラピー教室Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment