menu
Relakuheal

失敗しないアロマバスボムの作り方

pastel-2561613_1920.jpg



こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。
今回ご紹介するのはころんとした形がキュートなアロマバスボムの作り方です。

ハーブ入りで華やかに。
着色してカラフルに。

おすすめのドライハーブ着色できる自然素材、使用を避けたほうが良い「皮膚刺激の成分を含む精油」「光毒性の成分を含む精油」の例、失敗しないためのコツ&ポイントについて、動画付きでわかりやすくご紹介します!
市販のバスソルトのようにキレイなまん丸の形を作るのに便利な型もありますので、「ガチャガチャのケースを使うのも安っぽいし…」とお悩みの方もぜひチェックしてみてくださいね。

この冬ぴったりのアロマクラフトレシピです♡



アロマバスソルトは混ぜるだけなのでもーっと簡単!



ハーブ入り贅沢アロマバスソルトの作り方。身体ポカポカ!

こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。寒くなるとお風呂に浸かる時間が幸せになりますね。入浴剤を楽しむ方も多いと思いますが、アロマバスソルトを手作りしてみませんか?ハーブ入りだから見た目にもおしゃれです。材料を混ぜるだけでとっても簡単なので、アロマテラピーが初めての方でも大丈夫です。プレゼントにしても喜ばれます!...





アロマバスボムに必要な材料と器具



(全身浴2回分)

✔️重曹(食用のもの)・・・・・・・50g
✔️クエン酸(食用のもの)・・・・・25g
✔️自然塩・・・・・・・・・・・・・15g
✔️コーンスターチ・・・・・・・・・10g
✔️精油・・・・・・・・・・・・・・10滴まで
✔️ドライハーブ
✔️無水エタノール or 水(スプレー容器に入れたもの)
✔️ビニール袋
✔️型



なぜ重曹とクエン酸は「食用」なの?

肌に触れるものなので不純物の少ない食用グレードがおすすめです。









バスボムにおすすめのドライハーブ

1種類でもかわいいですが、2〜3種類混ぜると華やかさが増します♡
例えば「ピンク系」「紫系」など、同系色でまとめてもいいですし、あえて「紫とイエロー」など対称的な色を混ぜてもかわいいです。
大きさ、形などにもこだわってみてくださいね。















ローズにはペタル(花びら)とバッツ(蕾)があります。
どちらがお好みですか?









混ぜてもかわいいんです♡
















皮膚刺激の成分を含む精油の例
皮膚組織や末梢血管を刺激し、炎症、紅斑、かゆみを引き起こすものを皮膚刺激と言います。

イランイラン、ジャスミン、ティートリー、ユーカリ、ペパーミント、ブラックペッパー、メリッサ



光毒性の成分を含む精油の例

日光などの強い紫外線に反応して、皮膚に炎症を起こすものを光毒性と言います。
日中の使用は避けましょう。

ベルガモット、レモン、グレープフルーツ

※ ベルガモットFCF(フロクマリンフリー)、ベルガプテンフリーの精油であれば日中でもご使用いただけます。



精油は天然成分でできているため安全、という表記を見かけることがありますが、高濃度で抽出されているため使い方を誤ると皮膚に異常があらわれます。
ただ誤解していただきたくないのは、精油は危険なものではありませんので、正しい使い方をすればアロマテラピーを安全に楽しめます。





失敗しないアロマバスボムの作り方





1.型の底にハーブを適量セットする
2.ビニール袋に重曹、クエン酸、コーンスターチを加えてよく混ぜる
3.2に精油を加えてさらによく混ぜる
4.3にスプレーの無水エタノールまたは水を少しずつ吹きかけてその都度よく混ぜる
5.4を1の型に入れてよく乾燥させる(半日〜1日くらい)



※4で水分を加える際は、スプレー容器を使用して少しずつ足し、その都度かき混ぜてください。
※4で水分が多いと重曹とクエン酸が水分に反応して発泡します。
※4は水でも構いませんが、無水エタノールの方が混ぜ合わせる際に発泡しにくいのでおすすめです。
※型は100均の食品用プラスチック容器、クッキー型、シリコンカップなど身近なもので作れます。
※型などはアロマテラピー専用にしてください。
※型にプラスチック容器を使用する場合は固まりすぎると型から抜けなくなってしまうため、30分〜1時間してある程度固まったら型から抜いて下さい。
※お風呂場など湿気の多い場所を避けて保存して下さい。
※最後にお湯を抜くときは、ハーブを取り除いて穴にハーブが詰まらないようにしてから栓を抜いて下さい。



市販のバスソルトみたいなきれいなまん丸が作りたい!

実はバスボム専用のステンレス製の型(直径6cm、4cm)があります。
ガチャガチャのケースを使ってお手軽に作ることもできますが、お家にケースがなかったり、見た目が安っぽくてちょっと抵抗あるなー…という方にぴったり♡

作り方もとっても簡単なんです!







両方の半円に材料を入れて…。






しっかりくっつけます!







ステンレス製だから外れやすい!







じゃーん!完成です!
すっごくキレイなまん丸になりました。
とてもハンドメイドには見えない仕上がりです。









バスボムアレンジ♡色をつけてみよう!



食用色素、クレイ、ハーブパウダーなどで色をつけることができます。
目安の量は重曹100gの分量に対して小さじ1/2程度。
どれぐらいの量を加えるかで色の濃さを調整できます。







少しくすんだような柔らかくて落ち着いたピンク色だから、大人でも使えます♡
カフェ・ド・サボンさんでは他にも赤みの強いモロッカンレッドクレイ 20gや、スパイスのような黄土色のガスールクレイ50gがありますが、一番人気はやっぱりこちらのくすみ系ピンク。



ハーブパウダーはこのような形状です。















アロマテラピーグッズ専門の「生活の木」から出ています。
店員さんに相談しながらお買い物できるので安心です。




まとめ



アロマテラピー初心者にとっては材料をそろえるのも一苦労…。
私も最初は「え?食用色素以外に染められる材料があるの?どこで買えるの?」という状態でした。
そのため、初心者の方でも安心して作っていただけるようにわかりやすくまとめました。

まずは作ってみてください!
そして慣れたらハーブを材料に全部混ぜたり、色をツートンにしたり、丸以外の形を作ってみたりして、アレンジを楽しんくださいね♡

Pinterestに素敵なアロマバスボムの画像をピンさせていただきましたので、ぜひご覧ください。
Aroma Bath Bomb - アロマバスボム







こういった本を見るのも参考になるかと思います。



皆様の#アロマのある暮らしがさらに充実しますように♡


RECOMMEND




LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment