menu
Relakuheal

簡単なアロママッサージオイルの作り方、プロのアロマセラピストが教えます!

cosmetic-oil-3868594_1920.jpg



こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。

アロママッサージオイルとは、アロマテラピートリートメント(植物油などで希釈した精油を身体に塗るマッサージ)で使用する専用のオイルのこと。市販でも売られていますが、初めての方でも少ない道具で簡単に作ることができます。自分好みの香り・オイルの伸び具合でセルフケアすることができるので、リラックスや気分転換にぴったりです♡

何を使えばいいのか迷ってしまう植物油&精油の選び方や、希釈濃度・日中に使用を避けたほうがいい精油などの注意点、「生活の木」の便利グッズを使った簡単3ステップで作れる方法、安全に使っていただくための保存方法使用期限、実際にトリートメントを行なっていただく際の1回の使用量などアロママッサージオイルのことを初心者の方にもわかりやすく、丁寧にご紹介します!




アロマテラピートリートメントって?



単に「アロマトリートメント」と言うこともあります。精油を使用したマッサージのことですが、法的にはマッサージではないので、通常お店などでは「トリートメント」と表現します。ただ、一般の方にはイメージしづらいのでここでは便宜上マッサージという表現を使わせていただきます。



memo.png使用する精油のこと

精油は植物の花や葉、根、実、果皮、樹脂などから抽出した天然成分100%のいい香りがする液体です。名前に「油」と入っているのでオリーブオイルなどと同じ油と思われがちですが、成分は全く異なります。

また、英語では精油のことを「エッセンシャルオイル」と言います。よく似た商品に「アロマオイル」「ポプリオイル」と呼ばれるものがありますが、こちらは単にいい香りのする液体のことで、添加物などを含んだ人工的な香りとなっており、アロマテラピーでは通常使用しませんが、世間では精油=アロマオイルと思われていることが多いです。

購入する際は、ラベルに「精油」または「エッセンシャルオイル」と書かれているかよくお確かめください。

知っておきたい精油のこと!アロマオイルとエッセンシャルオイルの違い

アロマテラピーで使用する「精油」を英語ではEssential oils(エッセンシャルオイル)と言います。ところがこれをアロマオイルだと勘違いしている方が非常に多い!「100均で買った精油を使ったら肌が荒れたんです〜」という方の話をよく聞いたら精油ではなくアロマオイルだった、なんてこともあります。





memo.png植物油のこと

精油はそのままでは高濃度のため、原液を直接皮膚に塗布することはせず、植物油などで希釈します。この植物油のことは「キャリアオイル」「ベースオイル」とも言います。

植物油と聞くと料理で使用するオリーブオイル、グレープシードオイル、サラダ油などを思い浮かべる方もいらっしゃるかと思います。アロマテラピートリーメントでもオリーブオイル、グレープシードオイルを使用しますが、料理用に調整されたものではなく、「生活の木」などアロマテラピーの専門店で売られているアロマテラピー専用の植物油を使用します。同じ名前の植物油でも料理用とアロマテラピー用では含まれる成分が異なりますのでご注意ください。

アロマテラピー初心者が知っておきたい植物油(キャリアオイル、ベースオイル)4種類

アロマテラピートリートメントを行う際、精油を植物油で希釈したトリートメントオイルを使用します。この植物油にはたくさん種類があって、それぞれに色や香り、テクスチャ、特性などが異なります。今回はアロマテラピー初心者の方に向けて、アロマテラピー検定の対象でもある4種類の植物油についてお話しします。





まずはアロママッサージオイルで使用する精油と植物油について学んでいただいたところで、早速、ベースとなる植物油から選んでいきましょう!





アロママッサージオイルにオススメの植物油3選



植物油にも種類があり、それぞれに色(無色透明、黄色、緑色など)・香り(無臭、ほのかに香る、はっきり香るなど)・使用感(サラサラ、ベタベタなど)・性質(乾燥肌に向いている、アンチエイジングに向いているなど)が異なります。今回はアロマテラピートリーメントでも定番のスイート・アーモンドオイル、ホホバオイル、グレープシードオイルの3つをご紹介します。



✔️スイート・アーモンドオイル



アーモンドの仁(種の中身)から抽出したオイルです。今回ご紹介する3種類の中で一番滑らかな性質をしています。すべりが良いのでマッサージにぴったり。保湿力があり、乾燥を防ぎます。

※ナッツのアレルギーがある方はご注意ください。





✔️ホホバオイル



3種類の中でちょうど中間ぐらいの粘性をしているホホバオイルは、シムモンドシア科のホホバの種子から抽出される液体ワックスです。未精製と精製があり、未精製のこちらはわずかな香りと黄色い色が特徴となっています。通年で使いやすく、肌の柔軟性を保ちます。気温が低くなる冬場は固まりやすいですが、室温(約20℃)で液体に戻ります。

※稀にアレルギー症状を起こす場合があります。



memo.png液体ワックスとは

オイルのような見た目ですが、化学的には「ワックス(蝋)」に分類されます。



memo.png未精製と精製

精製されたホホバオイルは透明で無臭です。ホホバ本来の作用に期待するのであれば未精製(ゴールデン)をオススメしますが、精製の方がアレルギーの症状が出づらいです。(全く出ないわけではないので、肌の弱い方は事前にパッチテストを行なってください。)





✔️グレープシードオイル



3種類の中で一番サラッとした肌触りです。ブドウの種子から抽出されます。肌にハリを与えて健やかな肌に整えます。オイル特有のベタつきが苦手な方にオススメ。





最初はどれを選べばいいか迷ってしまうと思うので、使用感や作用から気になるものを選べば大丈夫です。上にも書かせていただきましたが、アレルギーをお持ちの方、肌が敏感な方は事前にパッチテストを行なってくださいね。

植物油に慣れてくると2〜3種類の植物油をブレンドすることもできます。また、「生活の木」には有機(オーガニック)の植物油もあります。お好みでどうぞ。





目的に合わせて精油を選ぼう!



植物油の次は精油選びです。精油はたくさん種類があるので、アロマテラピー検定対象の精油から目的別にご紹介します。



リラックス✔️ラベンダー (フランス産) 精油
✔️サンダルウッド 精油
✔️フランキンセンス(オリバナム/乳香) 精油
✔️ベンゾイン(安息香) 精油
明るく前向きに✔️オレンジスイート 精油
✔️イランイラン 精油
✔️ジャスミンAbs. 精油
✔️クラリセージ 精油
女性性を高める✔️イランイラン 精油
✔️ジャスミンAbs. 精油
✔️クラリセージ 精油
✔️ローズオットー 精油
リフレッシュ✔️グレープフルーツ (フロクマリンフリー) 精油
✔️ローズマリー・カンファー 精油
✔️ジュニパー 精油
✔️レモン (フロクマリンフリー) 精油
✔️ペパーミント 精油
腰や肩に✔️ラベンダー (フランス産) 精油
✔️マジョラム 精油
✔️ローズマリー・カンファー 精油
✔️クラリセージ 精油
✔️ジュニパー 精油
女性ホルモンのバランス✔️ゼラニウム 精油
✔️イランイラン 精油
✔️クラリセージ 精油
冷え✔️サイプレス 精油
✔️ローズマリー・カンファー 精油
✔️マジョラム 精油
✔️オレンジスイート 精油




精油は1種類でもお使いいただけますが、ブレンドすると香りに奥行きが出ます。2〜3種類ほど組み合わせてみてくださいね。

アロマ初心者でも簡単にできる精油のブレンド&おすすめレシピ6選

アロマテラピーでは、決められた精油の滴数内であれば精油をブレンドをすることができます。むしろそれがアロマテラピーの醍醐味と言いますか、精油を単独で使うよりもブレンドした方が香りに奥行きが出ますし、相乗効果が期待できる、保留剤として香りを長持ちさせられる…などのメリットがあります♡





たくさんあって選びきれないときは、実際に匂いを嗅いでみて「これだ!」と思えるものが、あなたの心身が今必要としている香りです♡ 難しく考えすぎず、お好みの香りを選べば大丈夫です。



memo.png 精油がアロマテラピートリートメントに使用できるか調べたい!

上記の表にない精油がアロマテラピートリートメントに使用できるか調べたいときは、次の記事をご覧ください。

「生活の木」エッセンシャルオイル/精油126種類の使い方一覧(芳香浴・お風呂・マッサージ)

エッセンシャルオイル(精油)126種類の使い方一覧です。一目で「芳香浴(香りを嗅いで楽しむこと)」「お風呂」「マッサージ」のどれに使えるのかがわかるので、アロマテラピー初心者の方や、今まで使用したことのない精油を購入して使い方を調べたいときなどに目安にしてくださいね♡







memo.png注意すべき精油

精油は天然成分100%でできていますが、「天然だから安全」というわけではなく、使い方を間違えると炎症、かゆみなどの症状を起こす場合があります。日中の使用を避けた方がいい精油皮膚への刺激が強い精油は以下のとおりです。

禁忌!日中に使ってはいけない光毒性の精油

私が皮膚につけるアロマクラフトのレシピを紹介する際は、「光毒性」について注意させていただいています。光毒性とは、精油が皮膚についた状態で日光などの紫外線に当たると炎症などの危険な症状を起こすことです。



皮膚刺激の成分を含む精油7種類

皮膚への刺激が強い精油7種類をご紹介します。皮膚に異常が現れたときの対処や、パッチテストの行い方、皮膚の異常が原因でお相手とトラブルになってしまったときのアロマテラピー保険についても書いています。






希釈濃度を知ろう!



それでは実際に植物油と精油を混ぜてトリートメントオイルを作っていきます。ここで注意していただきたいのは、香りが弱いからといって精油を何滴も加えてはいけないということです。精油の使用量が多いと濃度が高くなり、希釈する(薄める)意味がなくなってしまいます。

植物油の量に対して、何滴の精油を加えれば良いかという計算式は次のようになります。



(1)植物油の量 × 希釈濃度=精油の量(ml)
(2)精油の量(ml) ÷ 0.05ml =必要な精油の滴数




例えば植物油が50mlで、1%に薄めたい場合は、(1)の式に当てはめて50ml × 1%=0.5mlになります。このままでは滴数がわからないので、精油1滴の量(0.05ml)で割ります。これが(2)の式なので、0.5ml ÷ 0.05ml=10滴となります。

※精油1滴の量は目安です。ブランド、精油の種類によって異なります。



毎回計算するのは大変なので、次の表を参考にしてください。

    10ml20ml30ml40ml50ml
0.5%1滴2滴3滴4滴5滴
1%2滴4滴6滴8滴10滴




memo.png希釈濃度について

AEAJのガイドラインでは、ボディ用は1%以下、フェイス用は0.1〜0.5%以下となっています。ボディ用とフェイス用で希釈濃度が異なる理由は、顔の方が皮膚が薄く、神経が集中しているためです。

アロマテラピーでフェイストリートメントを行なっているお店は少なく、フェイスメニューはエステ系のお店で用意されていることがあるようです。(私はアロマテラピートリーメントを受けるのも好きですが、フェイスは受けたことがないです。)ご自宅でフェイストリートメントを行う場合は希釈濃度に注意し、パッチテストを行なってからトリートメントされた方が安全です。



memo.png肌が弱い方

以下の方はガイドラインよりも薄くしてご利用ください。


✔️お年寄り・既往症のある方

基準の半分以下


✔️子ども(3歳以上)

大人の使用量の10分の1から2分の1

※3歳未満のお子様には、芳香浴法(香りを嗅いで楽しむ方法)以外は行わないでください。


✔️皮膚が弱い方

事前にパッチテストを行い、希釈濃度にご注意ください。





アロママッサージオイルの作り方



キャリアオイルを計量して、上記の表に従い正しい滴数の精油を加えていただければOKです♡ ただ、アロマテラピー初心者の方には計量するビーカーや撹拌するためのガラス棒などを購入するのはちょっとネックですし、精油に反応して変形する材質の容器もあるため、どのような容器に保管すればいいのかも悩みどころ…。

そこで簡単に作るためにオススメしたいアイテムがあります。それは…「生活の木」の付け替えポンプです!







「生活の木」で購入できる植物油は、蓋をくるくると回すタイプなのですが、こちらの共用ポンプを使えばオイルをプッシュして出せるようになるんです! ということは、植物油の瓶に直接精油を垂らして、共有ポンプをセットすれば、もうそれだけでオリジナルのアロママッサージオイルの完成で、そのままトリートメントに使えるんです♡ すっごく簡単じゃないですか?

こちらの付け替えポンプは25ml、70ml、110mlの各サイズの植物油に付け替えられます。25ml、70mlに使用する場合はチューブをカットしてお使いください。「生活の木」で植物油を購入すると、原寸サイズのノズルの絵とカットするガイドが印刷された紙が入っているので、紙の上にポンプを置いて、瓶のサイズに合わせてチューブを切ればそのまま使えます。便利!



memo.png「生活の木」のアイテムで作る場合

1.付け替え用のポンプをガイドに合わせてカットする。
2.植物油25mlの場合、精油を合計5滴まで垂らす。
3.ポンプをセットする。



材料が少なく3ステップで簡単に作れるので、アロマテラピー 初心者の方もぜひ作ってみてくださいね♡





保存方法と使用期限



以下の点にご注意ください。


✔️アロママッサージオイルは遮光瓶に入れて保管してください。
(「生活の木」の植物油は遮光性の瓶なのでそのまま使えます。)

✔️直射日光・高温多湿を避けてください。

✔️お子様やペットの手が届かない場所に保管してください。

✔️1ヶ月を目安に使い切ってください。





アロママッサージオイルの1回の使用量



セルフケアの場合は、足りなければ途中で足せば大丈夫なので、あまり難しく考えず適量を出してもらえば良いかと。(お店だとそうもいかないのですが…笑)

1点だけ付け加えさせていただくと、オイルを受け取る手の平もめちゃくちゃオイルを吸収します! ですので、慣れないうちはマッサージの途中で滑りが悪くなって、オイルが足りなかったことに気がつくと思います。個人差や季節、お部屋の環境などによっても変わるので、一概に何プッシュとも言えません。使っているうちにご自身にあった量がわかってきます。「足りなければ足せばいい!」と割り切ってまずは使ってみてくださいね。希釈濃度を守って入れば「何プッシュ以上使ってはいけない」ということもありませんのでご安心ください。





まとめ



アロマテラピーは難しく思われることもありますが、アロママッサージオイルは植物油と精油があればすぐに作れるものなので、初心者の方にも簡単です。まずは好きな香りの精油で試してみて、慣れてきたら植物油や精油のブレンドにもこだわってみてくださいね。
関連記事


ABOUT ME

Relakuhealhiromi
AEAJ認定アロマセラピスト
JHTA認定ハーブセラピスト

自分の存在を否定される日々から一転、実践的な「引き寄せの法則」で次々と夢を叶え憧れのアロマセラピストに。「アロマと引き寄せでワクワクの毎日♡」をモットーに今をより良く生きるためのヒントを発信しています。

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment