menu
Relakuheal

アロマテラピー初心者が知っておきたい植物油(キャリアオイル、ベースオイル)4種類

olive-oil-968657_1920.jpg



こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。

アロマテラピートリートメントを行う際、精油を植物油で希釈したトリートメントオイルを使用します。この植物油にはたくさん種類があって、それぞれに色や香り、テクスチャ、特性などが異なります。今回はアロマテラピー初心者の方に向けて、アロマテラピー検定の対象でもある4種類の植物油についてお話しします。

「料理用の植物油を使ってもいいの?」「どれを選べばいいのかわからない」という方もどうぞご覧くださいね♡



初心者向け!特別な道具がなくても簡単にできるアロマテラピーの始め方7選

こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。✔️精油を買ってみたけど、使い方がいまいちわからない。✔️アロマテラピーに興味があるけど、何をすればいいのかわからない。✔️長続きするかわからないから、専用の道具はあまり買いたくない…。✔️いつもと違う利用法が知りたい!今回はそんな初心者の方に向けて、アロマテラピーとは何か、どんな楽しみ方があるのかをお話しさせていただきます...





アロマテラピーで使う植物油(キャリアオイル、ベースオイル)



アロマテラピートリートメントを受けたことがない方の中には、精油を油だと思っていたり、精油を原液のまま皮膚に塗布すると思われていたりすることがあります。精油は名前に「油」という文字こそ入っているものの、化学的には油ではありません。植物の花・葉・根・果皮・樹脂などから抽出した高濃度な天然成分でできているため、直接皮膚に塗ると炎症、かゆみなどの異常を起こします。そのため、精油は必ず希釈して使用するのですが、そのときに使用する材料のことを「基材」と言い、植物油はその基材の1つなのです。

植物油には精油成分を身体の中まで運ぶ役割があるため、「運ぶ者」を意味する「carrier(キャリア)」から「キャリアオイル」とも呼ばれています。(余談ですがキャリアウーマンの「キャリア」はスペルが「career」で「 職業」や「職業的経験」を意味する別の単語です。)また、希釈のベースとなるので「ベースオイル」という言い方もします。キャリアオイルもベースオイルもアロマテラピーで使用する植物油を指した同じ言葉です。

植物油そのものにも保湿や肌を柔らかくする、整えるなどの働きがあるため、精油と一緒に使うことで相乗効果が期待できます。1種類だけで使用することもできますが、慣れてくると2種類以上の植物油をブレンドして楽しまれる方もいます。



memo.png料理用の植物油との違い

アロマテラピーでは、オリーブオイルやグレープシードオイルなど料理でも馴染みのある植物油を使用します。しかし、料理用としてスーパーで売られている植物油は「調理がしやすいように」「保存がきくように」「大量生産できるように」などの理由から加工がされているため、アロマテラピーでは使用しません。含有成分も異なります。

アロマテラピー用の植物油は、生活の木などのアロマテラピー専門店で購入することができます。こちらは雑貨扱いですので料理に使用することはできません。





初心者が知っておきたい4種類の植物油(キャリアオイル、ベースオイル)



たくさんある植物油を一度に紹介しても、違いを理解するのは大変かと思います。そこで、アロマテラピー初心者の方にまず知ってもらいたい植物油を4種類ご紹介します。これらはアロマテラピー検定にも出題される定番の植物油です。それぞれに色や性質が異なるので1つずつご紹介しますね。



✔️スイートアーモンド油



原料と抽出部位バラ科のアーモンドの種(仁)
匂いほぼ無臭
テクスチャ滑らかで滑りが良い
肌質すべての肌向き


アロマテラピートリートメントで人気の植物油です。薄い黄色。ゆっくりと肌の奥まで浸透します。皮膚を柔らかくして、水分や栄養分を肌の中に閉じ込める「エモリエント効果」に優れています。また、シミの原因となるメラニン細胞を作るメラノサイトを抑制する効果があると言われています。初めての方にもオススメ。

※稀にアレルギー症状が出る場合があります。



✔️オリーブ油



原料と抽出部位モクセイ科のオリーブの果実
匂いオリーブの香り
テクスチャねっとりして重い
肌質乾燥肌


昔から美容に用いられてきました。濃い緑色をしています。オレイン酸、リノール酸を含み、肌の乾燥を防いで保湿します。

※稀にアレルギー症状が出る場合があります。



✔️マカデミアナッツ油



原料と抽出部位ヤマモガシ科のマカデミアナッツの種子
匂いほぼ無臭
テクスチャサラサラ
肌質乾燥肌


エイジングケア、ヘアケアとしても利用されます。主成分はオレイン酸やパルミトレイン酸で、肌なじみが良く、皮膚の柔軟性を保ちます。



✔️ホホバ油



原料と抽出部位シムモンドシア科のホホバの種子
匂い香ばしい
テクスチャサラサラ
肌質すべての肌向き


夏場でもべたつきを感じにくく、通年で使いやすいオイルです。肌の弾力や潤いを保ってくれるワックスエステルを豊富に含んでいます。冬場など気温が低くなると凝固しますが、室温で液体に戻ります。

※稀にアレルギー症状が出る場合があります。



memo.png植物性ワックス

化学的な分類では、ホホバオイルは油ではなく、植物性の「ワックス(蝋)」となります。



memo.png精製と未精製

ホホバオイルには無色透明で原料特有の香りがほとんどしない精製(クリア)と、わずかな香りと黄色い色が特徴の未精製(ゴールデン)があります。ホホバ本来の作用に期待するのであれば未精製をオススメしますが、精製の方がアレルギーの症状が出づらいです。(全く出ないわけではないので、肌の弱い方は事前にパッチテストを行なってください。)





まとめ



一言に植物油と言っても、原料となる植物・抽出部位・色やテクスチャなどが異なります。ホホバに至っては厳密にはオイルではなく「植物性ワックス」というのもポイント。実際に手に取って、いろんな違いを楽しんでくださいね♡

植物油を使って何か作りたくなったら、混ぜるだけのマッサージオイルがおすすめ。生活の木なら付け替え用ポンプもあるので初心者の方でも簡単に作れます。



アロマテラピー初心者が知っておきたい芳香蒸留水(ハーブウォーター、フローラルウォーター)の使い方

こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。今回はアロマクラフトで精製水の代わりとしても、そのまま化粧水やルームスプレーとしても使える芳香蒸留水についてお話させていただきます。「フローラルウォーターやハーブウォーターとは何が違うの?」「飲用できるって本当?」「どんな使い方があるの?」そんなアロマテラピー初心者の方にもぴったり。基本的な使い方から芳香蒸留水の種...



アロマテラピーで使用する無水エタノールと消毒用エタノールの違い

こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。アロマテラピーでは、精油を無水エタノールに希釈して使用することがあります。こうすることで、水には溶けない性質の精油が、精製水などに混ざりやすくなるのです。この無水エタノールと、消毒用のエタノールは別物だということをご存知でしたか?無水エタノールと消毒用エタノールでは何が違うのか、どう使い分ければいいのか、無水エタノ...


RECOMMEND


LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座

2019年7月19日(金)10:00〜18:00(受付)
京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンター
天然のアロマ虫除けスプレーを作る

2019年8月1日(木)10:30~15:30
ルネ小平・キッズワークショップ&ハンドメイドフェスタ

2019年8月7日(水)10:30~12:00、13:30~15:00
世田谷区・モノアトリエ
オーガニックハーブ入り!贅沢アロマバスソルト(入浴剤)

2019年8月9日(金)10:30〜11:15
ママズスマイル立川店
ワンコインワークショップ「アロマ虫除けスプレー」託児付き

2019年8月31日(土)10:30~12:00、13:30~15:00
世田谷区・モノアトリエ
おしゃれは指先から♡アロマネイルオイルで女子力アップ!


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment