menu
Relakuheal

知ってる?アロマクラフトで使う蜜蝋と蜂蜜の違い

flower-3141777_1920 (1)



こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。

アロマクラフトでは蜜蝋も蜂蜜も使います。どちらも蜂が関わっているのですが、個体と液体である以外にも違いがあります。今回はアロマクラフトで正しく蜜蝋と蜂蜜を使い分けていただくために、2つの違いについてお話させていただきます。




蜜蝋とは



カタカナで「ミツロウ」、英語で「Beeswax」と記す場合もあります。漢字を見ていただいた方がイメージできるかと思いますが、蜂が作る蝋のことを言います。アロマテラピー検定では「動物性ワックス」として出てきます。



memo.png蜜蝋の作り方

ミツバチは巣を作るときに蝋分泌腺から蝋を分泌します。最初は透明ですが、巣を使用している間に花粉、プロポリス(ミツバチが木の芽や樹液などから集めた樹脂製の混合物。蜂ヤニ)、幼虫の繭、排泄物などが付着していきます。この巣を構成する蝋を精製したものを蜜蝋と言います。蜜蝋が鮮やかな黄色または黄土色をしているのは、ミツバチが運んできた花粉の色素に影響を受けているんですね。



memo.png蜜蝋の使い方

中世ヨーロッパでは、教会のろうそくの原料として蜜蝋を用いていました。現代でもパラフィンワックス製のろうそくに、融点を高める目的で蜜蝋を混ぜることがあります。他にも化粧品、医療、クレヨンなどにも使われています。

アロマクラフトではドライフラワーを華やかにあしらった火をつけないキャンドル・アロマワックスバー(サシェ) や、ハンドクリーム、ミツロウクリーム、リップバームといった手作りのナチュラルコスメ、揺らぐ火と香りに癒されるアロマキャンドルなど多用途に使用します。



memo.png蜜蝋の選び方

蜜蝋はキャンドルや手作りコスメの材料などを扱うお店や、アロマテラピーの専門店で購入することができます。ブロックで売られていることもありますが、ペレット(粒)の方が作業しやすくおすすめです。







こちらがペレットの蜜蝋です。蜜蝋本来の色と香りをそのまま残した「未精製」タイプでナチュラルな仕上がり。黄色の粒がコロコロしていてかわいいです。未精製の蜜蝋を使用してアロマクラフトを作った場合、仕上がりが淡い黄色になり、自然の風合いが楽しめます。









そしてこちらが精製された蜜蝋です。不純物だけを濾過した未精製と異なり、精製しているため色は白く、香りはしません。アロマワックスバーなど蜜蝋を使ったアロマクラフトで着色をしたい場合、精油の香りを活かしたい場合はこちらがおすすめです。



memo.png蜜蝋を使ったアロマクラフト

女子力アップ!おしゃれなアロマワックスバーの作り方

こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。「火をつけないキャンドル」として人気のアロマワックスバーをご存知ですか? ベースのワックス(キャンドル)に精油を加え、ドライフラワーをあしらったもので、アロマワックスサシェとも言います。クローゼット、引き出しの中、ディスプレイスペース、おトイレや玄関などに飾って、ほのかな香りとおしゃれなデザインを楽しみます。置いて...



手作りアロマハンドクリームで女子力アップ!

こんにちは。 AEAJ認定アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターのhiromiです。冬になると手が乾燥して、指先がかさかさになってしまいがいち…。洗い物や、子どものオムツを変えるたびに手を洗っていると、夏でも荒れてしまいますよね。そこで本日ご紹介するのは、アロマが香る手作りハンドクリーム♡市販のものだと、「香りはいいんだけど伸びがいまいち…」とか、反対に「伸びはいいんだけど香りが…」ということがありま...







蜂蜜とは



パンに塗ったり、ヨーグルトにかけることでお馴染みの蜂蜜は、ご存知のとおりゴールドのどろっとした液体です。蜂蜜もまたアロマクラフトで使用します。



memo.png蜂蜜の作り方


ミツバチが花の蜜を採集して、巣の中で加工・貯蔵したものを蜂蜜と言います。約8割が糖分、残りの約2割が水分という構成で、ビタミン・ミネラルなどを含んでいます。



memo.png蜂蜜の使い方

食用としての歴史は古く、人類が初めて使用した甘味料とも言われています。調味のほか、北欧神話には度々蜂蜜酒が登場します。薬用、化粧品、芳香剤としても使われてきました。アロマクラフトでは手作り化粧品や、入浴剤に使用します。



memo.png蜂蜜の選び方

Relakuhealではいつもアロマクラフトのことをお話するときは、食用とアロマテラピー用では成分が異なるのでアロマテラピー用のものを購入してください、と説明していますが、蜂蜜はアロマテラピー用(雑貨扱い)として売られているものがないため、スーパーなどに並んでいる食用のものをお使いください。





まとめ



蜜蝋はミツバチが巣を作るときに分泌するもの。蜂蜜はミツバチが集めた花の蜜。どちらもミツバチが関わっていますが、作られ方が違うんですね。(この辺りはアロマテラピー検定でも問われます!)

どちらもアロマクラフトで使用できますので、ぜひ試してみてください。蜜蝋は精製と未精製があり、仕上がりも異なります。こちらもお好みで使い分けてくださいね♡

RECOMMEND


LESSON

Relakuhealのレッスン情報です。お気軽にお問い合わせください!

随時
ココナラ/出張カフェレッスン
香りの心理分析・アロマアナリーゼ個人セッション

ココナラ/出張カフェレッスン
アロマカードリーディングのセッション

出張カフェレッスン
アロマテラピー検定対策講座

2019年6月29日(土)9:30〜10:15
東大和・薬用植物園内ふれあいガーデン草星舎
天然アロマの虫除けスプレー

2019年7月5日(金)10:30〜11:15
ママズスマイル立川店
ワンコインワークショップ「アロマ虫除けスプレー」託児付き

2019年7月19日(金)10:00〜18:00(受付)
京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンター
天然のアロマ虫除けスプレーを作る


ABOUT ME

AEAJ認定アロマセラピスト、Relakuheal主宰hiromi

Relakuheal主宰
AEAJ認定アロマセラピスト
hiromi


関西の某遊園地の元宣伝広報であり、60万PVのブログ運営経験を持つシングルマザー。現在は東京の東大和市を拠点にアロマテラピー活動を行なっている。趣味は読書で、アンガーマネジメント、コーチング、PDCA、手帳術、引き寄せなど「今の暮らしをより良くするもの」が好き。

プロフィール お問い合わせ

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment